忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    会社の近所を散歩する。
    本駒込の方に向かって住宅地の中をテクテク歩くと、公団を中心とした再開発ビルがあり、そこに飲食店の塊みつける。
    そのひとつ。

    海外天ってお店でお昼。

    kgt.jpg新しい街をそぞろ歩きすることのたのしきコト。
    今日は不思議と湿気が弱くて、日陰に入って風を探して歩くと汗もあまり気にならず、次々変わる景色にワクワクしてきます。
    この店。
    超高層ビルの足下の、広場のような場所に何軒か飲食店が寄り添ってある中の一軒。
    他には、寿司屋、そば屋にピザとパスタのイタリア料理の店があり、混んでいるのはここだけだった。
    こうしたところにレストラン街を作るときの定石は「和食:洋食:中華=2:1:1」って言うテナントバランス。
    その定石通りに作られていて、けれど実際お客様を集められるかどうかはそれぞれのお店の実力と努力にかかわってくるわけで、多分、この店。
    他のどの店よりも一生懸命、がんばった証の繁盛…、なのでしょう。
    1時を遥かに過ぎた時間で、なおもほぼ満席でビジネスマンから近所のご婦人方までいろんな人がやってきている。

    ランチの料理をいくつかたのむ。

    13cbb942.jpeg豚肉と玉子の炒め物。
    なによりビックリしたのがその分量。
    お皿の上に山盛りで、普通の中華料理屋さんなら優に2、3人前の料理として出すくらいの量がドッサリとくる。
    ツヤツヤとした玉子がふんわか。
    細切り豚肉もたっぷりで、シャキッと硬いタケノコ、小松菜。
    どれも火加減絶妙で、それぞれを別々にきちんと油通ししているからでありましょう。
    歯ごたえ、持ち味、しっかりしてる。
    なによりキクラゲがクニュクニュおいしく、ご飯が進む。
    しかもそのご飯。
    チャーハン用に最適化された、硬めのご飯でふんわか玉子や炒め油にピタっとはまる。
    いい感じ。

    もう一品がエビと玉子のチリソース。

    19c6dfff.jpeg高級なエビチリなんかで、唐辛子辛さをまろやかにしてソースもおいしく食べられるよう、仕上げに玉子をソースに流して馴染ませる。
    そんな調理法があるけど、ここのはエビと卵の炒め物をソースにあえた、分量たっぷり。
    しかも手軽な値段でたのしむ料理にしてる。
    卵が吸ったチリソース。
    ちょっと酸っぱく、卵の風味を引き立てるのがなかなか旨い。
    刻んだレタスを底に敷き、そのシャクシャクがまたたのしくて、健康的に感じる工夫。

    先の料理もこの料理にしても、味がやさしく穏やかなのがいい。
    毎日食べて飽きない料理。
    オフィスに近いロケーションでは、こうした味の気配りがとてもうれしい。
    ありがたい。

    せっかくだから、麺を分けて食べましょうか…、と担々麺をとってみる。

    2df1a45a.jpeg胡麻の香りがポワーンと鼻までやってくる、香り豊かがまずご馳走。
    色っぽいクリーミーな色をしてても、スープはサラサラ。
    練り胡麻じゃなく、多分、フレッシュの胡麻をあたってスープのベースを作ってるんでしょう。
    醤油スープの旨味がまずは口にサラっとやってきて、それと一緒に胡麻の風味が鼻から抜ける。
    食べる前の穏やかな表情が、口の中にて一転、ガツンと辛味が襲う。
    唐辛子のドッシリとした辛さがビビッと舌を刺し、けれどすぐさまスープの旨味に置き換わってく。
    刺激的じゃない。
    けれど十分おいしくて、ごくごく、スープ代わりにたのしめる麺。
    いい店だなぁ…、と思います。

    入り口はいると目の前に、厨房の一部が張り出していて、そこで黙々。
    中国系の調理師さんが手を動かしている。
    地元に根ざした店なんでしょう。
    禁煙席に喫煙席と分かれたホールを、お店の人の案内を必要とせず座り分けられるおなじみのお客様がほとんどで、わかりにくいレジの場所だってほとんどの人が把握している。
    使いこなしたい、そんな店。
    この界隈もいい感じ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    懐かしいです。
    サカキさん
    はじめまして。
    いつも楽しみに読ませていただいています。

    10年前にこのオフィスビルに入っている外資系の企業に勤めてました。
    ランチで海外天よく行ってたので懐かしくて初コメントしてしまいました!
    まだお店繁盛してるんですね~
    味とボリュームとお値段のバランスが良くて
    その頃20代半ばだったの僕にはお腹にも財布にもうれしい店でした(笑)

    サカキさんの記事でその頃の思いでも一緒に思い出しました。
    ありがとうございます!

    蒸し暑い時期が続きますのでお身体ご自愛下さい。


    Takさん / 2009/08/08(Sat) / URL
    もう10年以上も!
    > Takさん
    ボクにとってははじめてで、目新しいお店ももう10年以上の歴史があったんだ…、と思うと、なんだかステキな気持ちになります。
    街の人に愛され続けたお店。
    その歴史をこうしてボクが何気なくたのしむことが出来るというこの幸せ。
    ありがたいコトです。

    はじめまして。
    ステキなコメントどうもありがとうございます。
    また楽しい書き込み、お待ちしていますね!
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/08(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ベトナム料理・ティンフック HOME 駒込駅前弁天庵
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]