忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    再び、新橋、餃子で夜。
    「一味 玲玲(りんりん)」ていうお店。

    rinrin.jpg居酒屋天国の新橋にあって、中でも小さな居酒屋がズラっと並ぶ小さな通り。
    駅前から電車の線路沿いに続くとてもにぎやかな通りの中のこのお店。
    一階が薬局。
    バンビー薬局っていうかわいい名前。
    昭和の香りをプンプンさせるキッチュな看板。
    その上に中国風の赤い提灯と、まるでここだけ香港みたいな妖しい雰囲気。
    階段上がると、もうそこはとても小さなチャイナタウン。
    夕方6時という時間で、もうほぼ満席という繁盛店。
    来る人、来る人、ここは予約がなかなかとりづらいほどなんだよネ…って、口々に言う。
    ボクらも予約をしてきたくちで、しかも予約の電話のその先が日本語不自由なお店の人で、まるで国際電話をかけてるみたいでそれまたたのしかった。

    まずはおつまみ。

    5ac1200e.jpegタップリの味付け押し豆腐。
    水分をギリギリまで抜いた豆腐を細切りにして、鶏のスープと脂で味をつけたもの。
    中国料理の代表的な冷菜で、大抵はこれに香菜をタップリ混ぜる。
    けれどここ。
    豆腐の他には刻んだ干しえび。
    見た目はシンプル、けれど辛味をタップリ加えて、後から後からジンワリ辛さが口に広がる。
    思わずビール!
    叫びたくなる、夜がはじまるたのしい料理。
    それにピーナツ。
    中華鍋で油と一緒にカリッと炒めて、塩をパラっとかけただけ。
    シンプルだけどこれまたビールにぴったりで、乾きもの以上料理以下の気軽なおつまみ。
    いい感じ。

    91bddd77.jpeg餃子がおいしいお店であります。
    しかも具材の種類が豊富で、年中、用意されてる定番。
    大葉、白菜、セロリにキャベツ。
    しいたけ、トマト、なすに韮。
    そのそれぞれを、焼いたり、蒸したり水餃子にしたりと、食べ方選んで注文をする。
    他にもフカヒレ餃子だとか、ホタテ餃子とかがあるにはあるけど、ここはやっぱりシンプルに定番餃子で攻めることにする。

    韮の餃子を水餃子にして。
    分厚くポッテリとした生地にコロンと包まれた、中のあんに味があらかじめはいってて、だからそのままタレを付けずに食べられる。
    噛む。
    すると最初にプルンととてもなめらかな生地が唇を撫で回す。
    肉汁ジュワッとほとばしり出て、韮の香りと中華スパイスの風味が口を満たしてく。
    なんと肉感的なこと。
    韮の緑が透けて見えるのもまた色っぽい。

    3dc857bc.jpegキャベツの餃子を焼いたもの。
    羽根がパリっと盛大に付く、焼けたサイドはサクサクでけれど鍋肌にふれてない部分はシットリ、プルプル。
    焼き餃子とは、茹でつつ蒸して最後に焼く。
    そうした料理なんだっていうのが、わかる食感。
    ひとつでいくつもの料理をたべてるみたいな変化にとんだ噛み心地感、食べゴコチ。
    カリコリとした粗切りキャベツも奥歯にたのしく、パリパリっとした皮のかけらがキャベツと一緒に消えていく。
    それにしても焼き餃子というこの料理。
    具を食べるもの。
    皮を食べるもの。
    そして肉汁を食べるもの…、っていくつかタイプがある中で、ここのは絶対肉汁系。
    なにしろ一口、パクッとやった瞬間にプシューって透明なジュースが飛び出てテーブル汚した。
    ああ、勿体ないって思いつつ、それでも口を満たすおびただしいほどの熱々ジュースに、ウットリとなる。
    おごちそう。

    その肉汁を撮っとかなくちゃ、とそれでこれ。

    7082681b.jpeg季節の餃子、香菜と豆鼓の焼き餃子。
    皮の中にタップリスープ。
    しかもそれがお皿にこぼれてたまったところを、しげしげ見ても濁りがなくて透き通ってる。
    油がキラキラ浮いてはいるけどそれまできれい。
    小龍包の中に入ったスープのようで、口が潤う。
    見事なり。
    コリアンダーの緑の香りと、発酵させた大豆の甘い風味の相性、絶妙でこれに限らずここの料理は香りが独特。
    例えばセロリの蒸した餃子を食べてみたけど、不思議なほどにセロリの料理。
    味は肉の味なのに、口の中は野菜の香りっていうのがとても軽やかで、何個食べても疲れない。
    何より健康的な気持ちにもなる。

    この店、当然、餃子以外の料理も充実してる。
    けれど今夜は餃子ですます。
    おかずでもあり、おつまみでもあり、粉もの的なる要素もあって十分主食のようでもあって、だからそれだけ。
    完全食のような存在、堪能す。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    好きです、ココ!
    私もこのお店好きです!!
    蒲田の餃子みたいに皮もっちりで羽つき、おいしいですよね!そしてこのお通しは押し豆腐というのですね~おいしいけど切干大根とも違うし・・とわからずに食べていました!スッキリ!
    チンプイさん / 2009/11/06(Fri) /
    押し豆腐
    > チンプイさん
    お店のオーナーのマダムがわざわざ、これ、押し豆腐っていうんですよ、ご存知ですか?って説明をして回ってました。
    やさしい味わいの押し豆腐料理がおいしい中、ここのこれは力強くてビールが進む。
    オキニイリの一つであります。
    餃子もとてもおいしいし、気軽てステキなお店ですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/06(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    インターナショナルなジョナサンで朝 HOME 牛かつ「おか田」、そしてソニエリ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]