忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    家の近所の小さなベトナム「ティンフック」。
    日曜休みではあるけれど、今日、お店の前を通ったら立て看板が表に出てた。
    祝日はお店をやるんだなぁ…、って思ってそれで晩をココにした。

    707409c9.jpegお店に入ると厨房の中にママ一人。
    いつもならばサービススタッフが二人ほどいる…、のだけれど今日は一人でお店を切り盛り。
    どうしたの?って聞くと水曜はアルバイトの子が遅く来る日と。
    時計を見ればなるほどまだ7時手前という時間。
    今日は早めにお腹が空いた、なんだかちょっと健康的。

    蟹の唐揚げ。
    ソフトシェルの蟹にスパイスほどこして、粉をはたいてカラッと揚げたの。
    それを手づかみ。
    両手でそっとつまみ上げ、カプっと噛むとプチュっと殻がやさしくつぶれる。
    蟹の旨味がタップリの汁と一緒にジュワッと中からほとばしり出る。
    殻を脱ぎ捨てエネルギーを使い果たしたはずなのに、これほど旨いというのがなんとも切なくて、うれしさ倍増。
    何より爪や足の部分がバリバリ、パリパリ。
    まるで蟹の煎餅みたいな揚がり具合で、顎を動かす度においしい匂いが鼻に抜けていく。
    命の味…、っていう感じ。

    8e2c5ee7.jpeg鶏のささ身のカレー揚げと、肉と野菜の炒め物。
    ささ身を縦に長細くして、カレー風味の衣で揚げたフリッタみたいなやさしい味わい。
    ふんわかとしたささ身の食感殺さぬ、ほどよい揚げ物。
    ベトナム料理はやさしい料理…、ってよくいわれるけどその本領を発揮したよなそんな味。

    細切りにした牛肉をピーマン、タケノコ、ナスと一緒に炒めた料理。
    中華料理だと味噌や芥子を油で炒めて、それであえるように炒めていく。
    けれどベトナム的は、油をほとんど使わずに塩と醤油とほんの少しの芥子味噌でチャチャっと作る。
    だからスッキリ、甘味がほとんどなくって素材の甘味と旨味が素直に響く。
    何よりナスがベリーレア。
    ヒーハーしながらナスを食べるとジュワッと中に蓄えられた青いジュースが飛び出して、口をスッキリ休ませる。

    gyugayu.jpg〆をふたっつ。
    一つはココの名物カレー。
    これも油をほとんど使わぬスッキリとしてサラッとやさしいスープ風。
    ジックリ煮込まれた鶏胸肉が、まるでカツオの生節煮込んだみたいにホロッとほぐれて、繊維がドッシリ、奥歯をしたたか包み込む。
    辛い以上に旨味がキチッとしていておいしい。
    まるでみそ汁みたいに飲めるカレー…、オキニイリ。

    もひとつ、牛肉粥っていうのがあって気になって、それでとったら大正解。
    お米を煮込んだスープは鶏。
    お粥の上に鶏の脂がちょっと膜はる、それほど濃厚な鶏ガラスープでけれどそれが嫌じゃない。
    鶏臭いのは苦手なんだけど、こうした鶏の風味は歓迎。
    胡椒と揚げたネギの香りが鶏の匂いをやさしくさせる。
    中にタップリ牛肉はいり、ポッテリとしたまるでお米のピュレのようなたしかな食感。
    予想以上に甘味があって、何故なんだろう?って味わったらば刻んだタマネギが舌にツルツル、たくさん入ってる。
    「タマネギを入れなくっちゃベトナムのお粥になってくれないの」って、なるほどだから中華風ではないちょっとヨーロッパ的な味がしたのか。
    感心します、これは絶品、オキニイリ。

    ところで、ちょっとたのしいキッチンガジェット。

    dini.jpgホールのケーキを均等に切り分けるためのケーキトレー。
    「Musical Cake Tray」って名前で、ボタンを押すと「Happy Birthday to You」のメロディーが流れ出す。
    しかもケーキトレーの縁辺部に、2等分から12等分のガイドラインがLEDランプで表示されるようになってる。
    便利。
    たのしく、おもしろい。

    ただ、59.99ドルっていう値段がこの単機能商品に果たして妥当かどうか。
    駆動させるのに、単3乾電池を4本が必要であるという、一昔前の作動環境。
    しかも、Musical Trayと銘打ちながら、今のところ流れる音楽がバースデーソングだけ…、っていうのもちょっと寂しい。
    せめてクリスマスソングが何曲かかかるようになっていれば、今の季節のギフトに結構、いいんじゃないか…、って思ったりする。
    ちと残念。
    とはいえ、たのしい商品であることに変わりない。
    こうしたゴキゲンを考え出せる人の頭の自由自在にウットリします…、おもしろい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    最近ふと思った事なんですけど…。日本人で、英語とか、韓国語なんかの外国語を母国語のように操れる人って、凄いなって思います。。。その国に居住していても、同じように努力したとしても短期間で話せるようになる人とそうでない人がいるとも聞きますし…。私はよく、海外在住の日本人女性の日本語表記のブログを読みますが、彼女たち、当たり前のように英語がペラペラなんですよね。…ちなみにサカキさんは英語、ペラペラだったりします!?私は、正直言って読めるけど話せませんね(汗)悔しいですが。。。
    りりこりあさん / 2009/12/23(Wed) /
    甘いケーキで甘い時間を!
    どもです。またまた素敵なキッチン道具のご紹介!
    でも、今回は私、道具よりも、のっているケーキに目がいってしまった食いしん坊です。
    ホッペが落ちそうになりそうな甘ーいチョコケーキですよねー。
    見ているうちにトップスのチョコレートケーキが恋しくなりました。
    サカキさまにも、素敵なクリスマスの時間が訪れますように。
    でわでわです。
    CIANさん / 2009/12/24(Thu) /
    外国語
    > りりこりあさん
    英語はなんとか苦労しない程度に話せませす。
    けれど読んだり書いたりの方がやっぱり得意です。
    学校の第二外国語はフランス語。
    レストランで苦労しないように…、ということで専攻し、まさにそれ以外の知識とスキルはまるで上達しませんでした。
    韓国語はまるでダメ。
    同じように勉強を始めた父はかなりの使い手になったのですが、やはり目的がシッカリしていないと上達は難しいようです。

    日本でがんばる海外の人たち。
    すごいなぁ…って思いますよね。
    ボクもまだまだがんばらなくちゃってモティベーションがあがります。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/24(Thu) /
    ホリデー
    > CIANさん
    クリスマスイブですね。
    今年のクリスマスはあまりクリスマスらしくならないような予感がします。
    せめておいしいケーキで、愛ある季節を寿ごうと思っております。
    一足先のメリークリスマス。
    ボクもこの写真。
    一番気になるのはガジェットの上に乗っかっているケーキです(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/24(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    クリスマスイブ、ハッピーな朝 HOME ポールバセット
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]