忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そうだ、マクドナルドがチキンタツタをはじめてるはず…、と夕方ちょっと顔を出す。

    chickentatsuta.jpg日本で生まれた日本ならではのマクドナルドの商品の中。
    これがおそらく最高水準の出来でありましょう。
    ハンバーガーを越えた独自の料理のような味わい。
    フッカリとした口溶け感がやさしいバンズ。
    表面サクっと、中はシットリ。
    そのまま居酒屋のおつまみとして提供されても、そうですか…、って納得させてもらえそうな竜田揚げ。
    千切りキャベツにマヨネーズと、サンドイッチ的要素をもれなく備えているけど食べると不思議と竜田揚げの味しかしない。
    バンズもマヨネーズもなりを潜めて、ただただ揚がった鶏の風味と味をひきたてるだけ。
    唯一キャベツがバサボソ、口をくすぐる。
    鶏の唐揚げ、竜田揚げには必ずサイドに千切りキャベツが付くがごとくの口直し。
    やっぱりこれは良く出来です。

    手づかみできる竜田揚げ。
    アイスコーヒーとフレンチフライ、それにケチャップいただいて遅めのおやつとあいなった。

    そして夜。
    四谷三丁目の山星って焼肉屋さんにてホルモン三昧。

    8a87d02c.jpeg比較的好き嫌いや食わず嫌いが多かったボク。
    一年にひとつかふたつずつ嫌いを克服し続けていて、今年一番の克服モノがこのホルモン。
    見るからにブヨブヨとした脂の塊にしか思えぬコレが、ずっと苦手でしょうがなく、実はもつ鍋って言うものも本格的に食べたことが今までなかった。
    食べられるようになったキッカケ。
    そこがココ。
    友人が焼いて食べるのをみて何気なく、食べてみようかと一個つまんだそれが口でムチュンと溶け出す。
    噛むとクニュクニュ、いつまでも口の中で旨味をずっと吐き出し続ける、そのおいしさにいきなりハート鷲掴まれた。
    炭の上に置かれた網に置く。
    最初はドロンと正体不明な姿形で、それがユックリ、脂を吐き出し炎を誘い煙に燻されグリンと丸まり弾力を持つ。
    その変容と変貌にウットリしながら一つ、そうしてまた一つ。
    口の中が涼しくなるほど脂にまみれ、なのに決して胸焼けしない。
    もっと早くしっときゃよかった…、って後悔先に立たずな感じ。

    377551f6.jpegホルモンチゲ鍋、食べたりします。
    石鍋でグツグツしながらやってくる。
    真っ赤なスープ。
    濃厚なテールスープにコチュジャン入れて炒め野菜と一緒に、ホルモンぐつぐつ煮た料理。
    焼くのと違ってホルモンが、よりクニュクニュでブリブリしてる。
    歯にムッチリとまとわりついて、撫で回す。
    ゴムの指サックをつけた指。
    それで歯茎をムニュムニュ撫でる…、そんな感覚。
    辛味のスープと一緒に食べると内臓モノの脂の甘味がより引き立って、口の中にドッシリ居座る。
    次は是非においしいもつ鍋、トライしましょう…、って誓ったりする。
    ゴキゲンな夜。

    6a262481.jpeg〆に石鍋牡蠣ご飯。
    油を塗ってジンジン焼いた石鍋で、ご飯を炒める。
    そこにこれまたテールでとったスープを入れてグツグツしながら水分飛ばす。
    かわりにご飯にスープの旨味がズッシリ入る。
    そこに生ガキ。
    ご飯と一緒にグツグツしながら、程よい具合に煮上がっていく。
    石鍋の中の水気がほとんど無くなったらば、そこにバター。
    バチバチさせつつお焦げを作って出来上がりという、ここオリジナルにしてオキニイリ。
    何がステキって、この石鍋ご飯。
    お焦げがタップリできるのだけど、それが決してバリバリじゃない。
    シットリとしたご飯のお焦げで、ちょうどもんじゃのお焦げのような食感。
    歯にネッチリと貼り付くようなお焦げじゃないのがとても好き。

    それにしてもこのお店。
    何を食べても美味しく感じる。
    多分、ボクの好みにあってるお店なんでしょう。
    そうしたお店が近所にあること。
    しかもそうしたお店の人に、お久しぶりですってニッコリやさしくしてもらえること。
    なんてステキなことだろう…、ってそんなコトを思ったりする、金曜日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ホットドッグモーニング HOME 野菜タップリなちゃんぽんのコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]