忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと気になる韓国料理店。
    「とん豚テジ」っていうお店。

    ttt.jpg話題のお店。
    もしかしたらこのスタイルの店。
    何かのキッカケでブレークするかもしれないですよ…、って情報通さんに耳打ちされて、前からちょっと来たかった。
    歌舞伎町。
    バッティングセンターの裏っかわ。
    かつては焼肉専門店が24時間臨戦態勢でお客様を待っていた。
    でもここ数年は焼肉店の代わりにホストクラブやキャバクラが幅を利かしてる、どちらにしてもギラギラした街のギラギラとした場所。
    その一角にポツンとある店。
    かなり繁盛しているようで、予約で完璧、満席状態。
    豚肉料理を売り物にしたつまり「歌舞伎町系韓国料理店」のニューフェイス。
    基本、三段バラ肉を石板で焼くサムギョプサルをメインにしてて、けれどその肉の形が独特。

    38753e60.jpeg凍らせた肉。
    それをスライサーにセットして削るように薄切りにする。
    すると、カンナ屑のようにクルクルっと丸まって筒状になる。
    それをお皿に山盛りにする。
    牛のブリスケットを使って同じようにして焼いて食べる料理は前からあったのだけど、それを豚肉でやったところが新しいとこ。
    安くて健康的で、しかも脂がおいしくいいんじゃないの…、ってまず思う。
    「カンナ三段バラ」って、まさにカンナで削った木屑のようなそんな薄切り豚肉を一枚、一枚、醤油のタレにくぐらせて、石板に置く。
    熱々のその石板で焼かれてみるみる脂が溶けて焼け始めてくる。
    ここまではちょっと焼きシャブみたいな感じ。

    3c74afc0.jpeg上にバサッとちぎったレタス。
    蓋するようにおいて蒸し焼き。
    一緒に長く熟成させたキムチを焼いて、さぁ、召し上がれ…、というモノ。
    石板の上がモクモク、蒸気で曇って真っ白になるのに舌なめずりする。
    思わず手を出し、焼けたところをつまんで食べたくなるところ、焼き方、食べ方、食べごろを全部お店の人にゆだねる。
    韓国風。
    牛肉ならば色が変わったくらいのレアがおいしいのだけど、豚肉はよく焼いた方がおいしくなります。
    だからちょっとお任せ下さい…、ってそれでしばらくサービスでくるおかずをつまみ、じっと待つ。
    かなり強めにカリカリになるまでジックリ焼く。

    28d0fb0d.jpeg脂まじりの豚肉は焦げる寸前くらいまでガリっと焼くと、香りも味も数段上がる。
    自分の脂で肉が揚がる。
    細かな穴がプチプチあいて、噛むとそこがカスカスガスガス、旨味を吐き出し崩れていくのがとてもおいしい。
    ベーコンみたいな味わい、食感。
    まずは、焼けたレタスと一緒に芥子風味の酸っぱいタレにつけてパックン。
    サッパリしてて、こりゃ旨い。
    芥子味噌と一緒にサンチュでくるんでたべるとジュワッと脂が滲む。
    これまた旨い。
    焼けたキムチと一緒に食べると、クチャと酸っぱいキムチがカリカリ肉のそのカリカリを引き立てる。
    試しに肉だけつまんで食べると、すき焼きみたいな香ばしさ。
    ただ焼くのじゃなく、焼く前にタレくぐらせてそれで風味を引き出してやるのがこの料理をおいしくさせるコツなんだろう…、って。
    ちょっと感心。
    おもしろい。

    焼き飯がつく。

    bf265e64.jpeg肉を焼いた石板に、ご飯に甘辛く味付けをした薬味ネギ。
    ボウルに入れて持ってきて、そこに焼いたばかりの豚肉。
    それに甘酸っぱく焼け上がったキムチを入れて、はさみでそれらをジョキジョキ切って混ぜながら、味を合わせる。
    それを石板に乗っけて脂をタップリ混ぜる。
    焼いて焼いて、混ぜて混ぜ、ご飯がツヤツヤしはじめてパチパチお米がはぜるのを、押さえるようにまるぅく形を作ってしばらく放置する。
    焦げる香りがしはじめたらば出来上がりという、〆ご飯。

    これも旨い。
    同じ肉を使ったしゃぶしゃぶもあるのだけれど、蒸すように焼くというこの食べ方はあたらしい。
    ココにきたらばこれだろうなぁ…。

    一品料理も結構、シッカリ。

    f4ffbd98.jpeg例えばチヂミも外はカリカリ、中はシットリ。
    よく出来ている。
    なにより一皿分の分量がほどよくキッチリ計算されてて、堪能できはするけれど多すぎた…、って感じない。
    巷の韓国料理店の料理の量って、なんでこんなに多いんだろう…、っていつも不思議に思ってた。
    少人数でもたのしめる。
    とはいえメインの料理は単純。
    ボクらの後ろでたのしんでいた10人ほどのファミリーグループ。
    お肉の追加追加でたのしそうなことってありゃしない。

    たのしいお店。
    これはくるネ…、って正直思う…、どうだろう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    僕も大好きです!
    以前、研修で上京した際に、衝撃?を受けた店です!サカキさんもおっしゃるように芥子風味の酸っぱいタレがたまりません。
    夜の新宿ビギナーで少し場所が恐く感じたのでそれからは本郷の店ばっかり行きましたが・・・
    すっかりハマりました。
    大阪に似たようなお店をさがしましたが、ありません。
    それ以来東京に行く際は予定に入れてます。
    これはきますよね!
    ハラミ一筋さん / 2009/08/29(Sat) /
    これは来ますよ!
    > ハラミ一筋さん
    これは日本人好みでいいなぁ…、って思いますね。
    辛さで引きつける他の韓国料理と違って、おいしさと味の変化で惹き付けるよく工夫された料理。
    一発ではまりました。
    本郷の次には御徒町と、お店も順調に増えているようです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/29(Sat) /
    無題
    初めて知りました。足つぼの近くですか?ホームページ見ると韓国の○○パさんと○○○カルビさんのまねみたいですね。まねるのも難しいですけど・・・。芥子風味タレ韓国でもお高いお店ではよく出てきますがむむむです。
    変わり者ミダさん / 2009/08/30(Sun) /
    かなりよく出来!
    > 変わり者ミダさん
    これはかなりよく出来の店でした。
    真似るだけでなく、しっかり日本オリジナルの部分も作り込まれているようで、いい、って思いました。
    芥子ダレもツンとする辛味や甘ったるさがなくって韓国で食べたものとはひと味ちがってよかったです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/30(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    とん豚テジの「サムゲタン」
    本郷三丁目駅近くにある韓国料理屋さん、「とん豚テジ」に弊社のコンテンツ創造科学の人たちとおとずれる。ランチメニューで990円のサムゲタンがあったので迷わず注文。サムゲタン(参鶏湯)とは、丸鶏のお腹の中に高麗人参や干しナツメ、栗、松の実、ニンニクをつめて石鍋で煮込んだ薬膳料理。食べてみると、ほろほろにほぐれる鶏肉が美味しい。柔らかくなった小骨までいただける一品。 ランチタイムにはこのサムゲタンにライスとサラダ、キムチが付いて990円。さらにライスとキムチがお代わり自由という太っ腹なお店。断然ランチで...
    URL 2009/10/23(Fri)13:06:36
    8月最後の日曜日 HOME ティンフックにてベトナムランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]