忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、ひさしぶりに「おんがね」に来る。

    ongane.jpgお店に入った途端に「おひさしぶり」って。
    お元気でした?って、店長さんに聞いてみる。
    元気じゃなくちゃ楽しくないモノ、ワタシはいつも元気です。
    その通りです。
    今日は元気をもらいたくってやってきました…、って、カウンターの席をもらってニッコリとする。

    おとおしにジャガイモ。
    軽く茹でたジャガイモをごま油で炒めて辛子味噌に漬け込んだもの。
    ここのお遠しの大定番で、カウンターと厨房のしきりの所にいつもこうして置いてある。
    まるでオブジェのようでもあって、このジャガイモの減り方でその日の忙しさがわかったりする。
    今日はほとんど減っていなくて、ボクら以外は一組だけ。
    ちょっと寂しい。
    TBSの人たちが贔屓にしていたこのお店。
    今はちょっと厳しいのでしょう。
    それでも元気に笑顔でがんばるお店の人たち…、いい感じ。

    e230e538.jpegまずはレバ刺し。
    大きなレバーからおいしいとこだけ、棒キャラメルのような直方体に切り出して、それを薄ぅく削ぎ切ったもの。
    ツヤツヤしてて、色っぽい。
    生姜の千切り。
    塩とごま油、あるいはニンニク醤油をトプっとつけて舌にポテッとのせてやる。
    見事に丈夫な細胞膜。
    ピトっと舌に貼り付いて、噛むと最初は壊れまいと抵抗をする。
    なおも噛む。
    するとプチっとはじけてトロンと中のなめらかが飛び出してくる。
    生命の味。
    実はレバ刺し。
    ここで初めて食べるまで、ずっと敬遠していた。
    だからココのがボクにとってのはじまりでもあり、デフォルトでもある。
    今日もムニュンと堪能す。

    7a46c4bf.jpegそれからチヂミ。
    ここに来ると必ずたのむ、大好物のオキニイリ。
    生地の中にタップリ入った緑の物体。
    ネギにも見える。
    千切りピーマンのようにも見える。
    けれどこれがみーんな全部、青唐辛子。
    かなりビビッと舌、つねります。
    突き抜けた辛さというか、爆発系の辛さというか、とにかくグサっと脳天つきぬけ体の中を駆け巡る。
    ヒーハーしながら、それでも不思議と箸がとまらぬ。
    一緒に生地に混ぜ込んだ、炒めタマネギの甘さとツルンとした食感。
    シャキシャキとしたニンジンが、ちょっと口を休めてくれるも、それでも最後の最後まで青唐辛子の清々しさに口が酔う。
    お酒がおいしくなってくる。

    季節の料理をもらいましょう…、と、牡蠣のジョン。

    46c6d19a.jpeg素材に粉をはたいておいて、それを溶いた玉子に味付けたモノをタップリつけて焼き上げる。
    粉の量が増えるとチヂミになっていく。
    けれど最小限の粉でつくると、まるで卵焼きのようになる。
    お好み焼きと豚平焼きの違いのような、そんなお料理。
    牡蠣の旨味はそのままに、中はレア。
    けれど外は玉子と一緒に焼き固まっていて、しかも玉子が牡蠣の旨味をタップリ吸い込む。
    おいしいところを何一つ無駄にしない、ステキな料理。
    塩で食べます。
    だから牡蠣の香りが素直にそのままガツンとやってくる。
    玉子の旨味に磯の旨味が混じりあい、牡蠣のおいしい食べ方の5本の指には絶対入る。
    韓国料理って、夏より冬の方がおいしく感じる不思議。
    旨味の強い素材の方がおいしくなるから…、かもしれないなぁ。

    77d3adab.jpegミノの焼いたの作ってもらい、ネギのサラダと一緒にクニュクニュ、シャクシャク食べる。
    タケノコをつかったナムルや、生のリンゴの辛味サラダ。
    野菜をタップリ食べてそれからホルモンチゲうどんを作ってもらう。
    日本的に言えば鍋焼きうどんでありましょうか?
    真っ赤な味噌の辛いスープに、クニュクニュっとしたハチの巣や、ホロホロになるまで煮込まれた牛筋いれてうどんと一緒に煮込んだの。
    フーフーしながらハフハフ食べて、そして残ったスープの中に麦のご飯を入れてもらって雑炊にする。
    それが〆。
    余分なスープを吹きこぼしつつ、どんどん煮込んでリゾットくらいの仕上がりにする。
    玉子を入れて、韓国海苔を刻んでたして最後にネギで、これまたハフハフ。
    野菜やモツの旨味が全部、ご飯に入って、おいしいったらありゃしない。

    ここに来るため仕事をがんばる。
    モティベーションが上がる店。
    ポンポンの腹を突き出しながら、赤坂見附の街をフラフラ。
    人出少なく、呼び込みの人ばかりが目立つ、ちょっとさみしい夜の街。
    明日は日曜、ユックリします。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    やはりおいしいお店。
    おんがねさんいいですよね!いつ行ってもきちんとおいしいく信用出来ますから。とおーい場所から行くならやっぱりきちんとした美味しいお店がいいですね。ヘンテコリンはご勘弁。でも僕は生ハムがあればいいのかも。(笑)
    変わり者ミダさん / 2009/11/07(Sat) /
    ええええ!?
    ついさっき、行ってきました。
    目力女子と2人で!!
    むっちゃニアミス。
    そして2人して終電に乗り遅れました・・・
    でも時間を忘れるほどほっこり美味しい時間だったんです。
    みとゴルゴさん / 2009/11/08(Sun) /
    ハモーン
    > 変わり者ミダさん
    いつ食べてもきちんとおいしいものが食べられる。
    いいお店の条件ですよね。
    いつ行っても同じものをたのんじゃうんですけど、何度食べても期待を裏切らない。
    すばらしいと思います。
    生ハムにワイン。
    シアワセですよね。
    また東京で!
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/08(Sun) /
    な、なんと
    > みとゴルゴさん
    なんとなんと、本当にニアミスですね。
    ボクらは早めに行って、お店の呼び込みのお兄さんたちの猛アタックをしのぎながら帰りました。
    夜遅くまでのお仕事(笑)、おつかれさまでした。
    今度はご一緒いたしましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/08(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    タイチャーハンにヘイジュード HOME 花彫酒家で立冬の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]