忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    会社の近所。
    旧白山通りの並木に面して、気になるお店が一軒あった。

    「なかむら」っていう店。

    nk.jpgテントの端に「きまぐれ鉄板焼き」っても書いてあって、メニューを見ると夜は鉄板焼きをつまみながら、お酒をたのしんだりできる居酒屋っぽい店のよう。
    昼間は定食。
    焼いた肉やら焼き魚やら、大衆食堂の定食メニューがズラっと揃う。
    どんなお店なんだろう?って思ってきます。

    お店の一番奥に鉄板カウンターとオープンキッチン。
    鉄板を囲むようにして8人くらいは座れるのかなぁ…。
    あとはテーブル。
    座り心地の良い4人がけのテーブルが全部で3つという、ほどよい空間。
    テーブルの上にランチのメニューが置かれてて、何を食べよう?ってちょっと思案。
    鉄板焼きのお店なんだから、生姜焼きとかハンバーグとかがいいのかなぁ…、って思っていたらオレンジ色のエプロンをした元気で笑顔のきれいな奥さんが、お水をもってやってきます。
    もし、迷ってらっしゃるんなら、今日のお薦めは秋刀魚ですからぜひ食べてみてください!って。
    鉄板焼き屋さんでなんで秋刀魚?って、ちょっといぶかしく思っていたら「ワタまで太った本当に新鮮で元気な秋刀魚が入ってますから」って、追い打ちかける。
    その快活と自信たっぷりのすすめっぷりに、それ、お願いします…、って乗っちゃった。

    しばらく待って、やってきたコレ。

    900887c8.jpeg確かに惚れ惚れするほどに、太った秋刀魚。
    魚の世界にメタボリックって病の心配は無縁なのでありましょう…、お腹がパンパン。
    うらやましい。
    皮目がパリンパリンに焼けていて、お箸を当てると、プシュっと透き通った脂が噴き出す。
    ああ、おいしそう。
    グリラーの直火の遠火で時間をかけて焼き上げたんでしょう。
    中はシットリ。
    外はカリカリ。
    皮が自分の脂でコンガリ焼けていて、サクサクカリカリ。
    小骨が口の中に入っても気にならず、ただただワシワシ、貪るように次々食べる。
    ご飯を一口、口の中に放り込んだら、モグモグしながら次の一切れを骨からきれいにはぎとって、それでパクッとまた一口と…。
    食べ始めると止まらぬ旨さに、テーブル囲むみんな無口になっちゃった。

    一緒にためしにたのんだ焼きそば。

    30bc9c2c.jpeg細いストレート麺の、ちょっと博多ラーメンみたいな麺線のハリのある麺。
    甘めのソース。
    しかもちょっとケチャップを足してるんでしょう…、酸味と香りがさわやかでご飯のおかずにこれがまたいい。
    キャベツ。
    豚肉。
    スライスオニオン。
    モヤシもタップリ。
    まるで野菜炒めの中に麺が混じっているような、サービス精神旺盛がいい。
    サイドに添えた紅ショウガが、なんで細かく刻まれてるのか?
    それだけちょっと謎が残るも、決してこれも嫌いじゃない。

    秋刀魚。
    焼きそば。
    ご飯に味噌汁。
    またまた秋刀魚にご飯に焼きそば。
    気づけばお皿の上には骨だけがペロン。

    2b12994e.jpegワタもたしかにおいしかった。
    プックラしてて、まるで全然こわれてなくて、口に入れるとトロンとなめらか。
    苦みさわやか。
    不思議と甘みと旨味も感じる。
    とても濃厚でやわらかな、巨大なサザエの肝のような、そんな味わい。
    堪能す。

    昔は魚を食べるのが下手な子だった…、のでありますけれど。
    何しろ魚に手をふれるのが怖くって、お箸を当ててこぼれとれる部分だけ食べ、後は残して平気だった。
    けれど実は、骨にこびりついたところであったり、ヒレや尾っぽの周りだったり、食べにくいところの方が実はおいしい。
    …、って思うようになったのが40も手前の頃のコト。
    今ではこうしてキレイに食べることができるようになる。
    大人になった!ってコトでしょう(笑)。

    最初に元気に秋刀魚を勧めてくれた奥さん。
    お口に合いました?って、ニッコリとする、そのニッコリにええ、この通りと骨だけになり果てた秋刀魚を指差しニッコリとなる。
    なかなか、良い店。
    今度は鉄板焼きを食べにきたくもあるお店。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    サンマの季節になりましたね。僕もサンマ大好きです。
    でも、肝がまだ食べれないお子ちゃまです・・・そのうちおいしく食べれるようになるかしら。
    それにしても、きれいな食べ後ですね。やっぱり魚はそれくらいきれいに食べないと。僕は少し下手ですが。
    そうそう、おいしい店とのつき合い方の単行本、買わせていただきました。あらためて読むと、やっぱり素敵な本ですね。ありがとうございました。
    チキンさん / 2009/09/07(Mon) /
    ありがとうございます。
    > チキンさん
    ボクもちょっと前まで、魚を食べるのが下手でした。
    でもちょっとづつ。
    好きこそものの上手なれって感じで自然と上達しましたよ。

    おいしいお店…、どうもありがとうございました。
    感謝感激です。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/07(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    小洞天にカフェコヴァな夜 HOME DDで朝、CDでテルミン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]