忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    遅めの昼を東京駅の近くでとる。

    紅花別館。

    52974320.jpeg日本橋のオフィスビルの谷間に埋もれるようにポツンと小さなお店。
    Benihana of Tokyoと言えばアメリカでナンバー1の鉄板焼きのレストランチェーンであります。
    その本家。

    本家?

    …、でいいのかなぁ?
    どうなんだろう。
    Benihanaじゃなく「紅花」で、しかもここにしか無いはずなのに「別館」という、もしかしたら本館はアメリカ、ニューヨークにでもあるのかも…、ってそんな不思議に襲われる。
    実際はアメリカのBenihanaを作ったロッキー青木さんのお父さんのお店ですから、本家と言えば本家でもあり、まぁ、小さいことはワカチコしましょう。
    夜は鉄板焼きでにぎわうというこの店の、昼はカレーが名物になる。

    ココットカレー。

    986af1d9.jpegカレーは味噌とか梅干しとかが入っていそうな壺に入ってやってくる。
    実はかつてこのお店では、夜は肉や野菜が踊る鉄板のその上に、ズラっと壺が並んでお客様を出迎えていた。
    壺の中にはカレーが入ってて、それを鉄板の上に乗っけて温めている…、という具合。

    鉄板焼きのお店の昼。
    何を売るか…、って結構、どこでも問題になる。
    お客様の昼の懐にあわせよう、と、安いステーキとかを売ってしまうとお店そのものの格を落としてしまう。
    だから出来れば夜とは違った商品を!って、例えばアメリカのBenihanaは、一時期、ランチ限定でお好み焼きを売ったことがある。
    おたふくソースと提携までして「炒め野菜がタップリ食べれる、ピザに乗っけた焼きサラダ」。
    …、みたいなセールストークで一生懸命がんばったけど、結局、ソースが焦げる匂いがアメリカ人にはどうにもこうにもおいしい匂いに思われず、やむなく撤収。
    紆余曲折の末、観光地以外の店では昼の営業やめた。
    あるいは鉄板をつかわず寿司バーみたいな営業でしのいでたりする。
    それがここでは調理器具じゃなく保温器として鉄板を使うという発想がおもしろかった。

    81aa0b4c.jpegそれが今日。
    やってきてみると1階の鉄板焼きのフロアはランチの鉄板焼きコース専用席になっていて、二階の洋食コーナーに案内される。
    聞けば最近、鉄板ランチがとても人気でカレーどころじゃないんだという。
    折角だからおいしいものを…、ってニーズも結構あるんでしょうね。
    日本橋という街、おもしろい。

    まずはサラダがやってきて、タップリの水。
    氷が入った冷たいグラス。
    2時ちょっと前と時間ながらも、20人ほどのお客様が食事をしててその3分の2ほどがカレーを食べている。
    ハンカチ片手に汗を拭きふき、うれしそうにカレーを食べるおじさまたちの笑顔にニッコリ。
    早くこい、こい、ボクのカレー。

    壺にご飯、ラッキョに福神漬けがいそいそ、しずしずやってくる。
    サービスも軽快にして確実で、昔来たときよりも数段、気持ちのよい店になっている。
    いい感じ。

    ceea1237.jpegそれにしてもここのカレー。
    スッキリとした辛さが際立つ上等チキンカレー。
    トロミ少なくサラサラしてて、洋食屋的じゃない本格的なスリランカ風。
    よく煮込まれてホロホロ、スプーンの背中でほぐれる鶏胸肉がシットリ、奥歯に絡み付きつつとろけて消える。
    ジャガイモ、ピーマン、タマネギ、キノコと具沢山ではあるけれどそのほとんどがカレースープにとけ込んでいて、旨味複雑、味わい濃厚。
    ドッシリ、旨い。
    ただおいしいだけじゃなく、お腹の中から滋養が体にみなぎってくる。
    元気な気持ちが汗になり、頭のてっぺんから湧きだすようにダラダラ流れる。

    おもしろいのが、熱々ご飯と一緒に食べると口の中に火がついたように辛く感じる。
    なのにそのままスープのようにして飲むと、スッキリ、サッパリ、辛味よりもスパイシーな風味が口の奥から鼻にフワッと抜けてく。
    香り華やか、不思議な味わい。
    東京ベストカレーの5本の指に入るご馳走。
    オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    この前、ケンミンSHOWで、
    「大阪人にとってカレーはビーフカレーのこと」
    というのを見て、素直にポークカレーやチキンカレーの美味しさを知らないなんて、なんて不幸なんだろうと思いました(笑)
    ところで、チャレンジャーなウチの母は、最近たまに牛豚鶏全部入れたカレーを作ったりします。
    (^_^;)
    それはそれでいろんな味が出て美味しいのですけれど。
    キザキさん / 2009/10/02(Fri) /
    チキンカレー
    > キザキさん
    四国出身の当家のカレーはビーフカレーがデフォルトでした。
    だからポークカレーは学校の味。
    チキンカレーはレストランの味。
    全部入れっていうのはまたチャレンジングなこと。
    1+1+1が5になるか1になるか、かなり微妙なところではありますね(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/02(Fri) /
    アコガレ
    こんばんは。
    このココットカレー、
    ブログ友達がオイシイと絶賛しているのを見てからずーっと
    食べたくてしょうがないのです。
    ・・・が、
    ランチ時に日本橋に居るコトは皆無で・・・。
    いつか!いつか食べたいデス!!
    電マニさん / 2009/10/02(Fri) / URL
    絶品です!
    > 電マニさん
    たしかに絶品。
    一度食べると忘れられないカレーです。
    日本橋はこうしたステキなランチの聖地。
    この他にも行きたいお店が目白押しなんですが、なかなかボクも行けないんですよね。
    あこがれです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/02(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    テング酒場に弁天庵 HOME 立山そば
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]