忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、ひさしぶりにテング酒場をのぞきに来る。

    tgs.jpg安い。
    けれど決してチープじゃない。
    日本中が賢いお金の使い方の方向に向かってる、今という時代にあった新しい居酒屋だ!って一時期ちょっと熱狂してた。
    ちょっとしばらく来るのを忘れて、最近、どんな具合なの?って。
    この半年ほどで、居酒屋業界は新たな安売り時代に突入。
    既存のお店のメニューの値段を下げるくらいじゃ済まなくなって、新業態がどんどん出来る。
    均一料金のお店であったり、デフュージョン系の安いラインであったりと、その先駆けの一つがこの店。
    相変わらずの超満タンで、それもほとんどがサラリーマン。
    みんなグビグビお酒を飲んで、真っ赤な顔して笑ってる。
    居酒屋ってどういったって「酒をたのしく飲むお店」。
    個室感覚のお洒落な空間や、中途半端な創作料理は本当は必要ないはずで、その原点にキチンと戻れば飲みたい人は必ずこうして戻ってくる。
    簡単だけど、思い切るのはむつかしい。

    ホッピー、それからサイコロステーキ。

    244bdd9d.jpegジュウジュウバチバチいいながら、ハラミの肉が焼かれてくる。
    大根おろしにポン酢を添えて、ちょっと和風のたのしい商品。
    ここはこうした鉄板使った料理が多い。
    レバニラ炒めの鉄板焼きとか、お好み焼きとかモヤシ炒めとか…。
    ジュウジュウしてる熱々を、ハフハフしながら食べるとなんでもおいしく感じる。
    なにより酒がグングン進む。

    それにしてもこの店。
    地下にあるのだけれど満席近くになるとお店の人が階段付近にスタンバイする。
    階段を降りてくる人の気配を感じると、顔を出し「何人様ですか?」って声かける。
    階段を地下まで降りて、それで満席でしたではガッカリしちゃう。
    とってもステキでいい配慮。

    ここは刺身に力を入れぬ分、串焼きがあれこれ充実してる。

    fa7974d8.jpeg焼鳥、豚焼き、ホルモンなどなど。
    串をはずすと、肉のかけらになってしまうのがちょっと切ない。
    そもそも串焼き。
    効率のことを考えるなら、ぶつ切り肉をそのまま炭の上においた網でゴロゴロ焼けばいい。
    実際、宮崎風の鶏焼きはそうして焼くし、それはそれで結構おいしい。
    けれど串焼き。
    焦げてるところと、肉と肉がふれあった部分はフックラ焦げずに焼ける。
    その焼け具合の不均等が、多分、串焼きのおいしさの元なんだろう。
    鶏皮、シロにネギ、餅ベーコン。
    七味をタップリふりかけて、それぞれの味をたのしんだ。

    チーズメンチに千切りキャベツ。

    e652a28d.jpegホッピーやハイボール。
    最近はやりの「バチバチ」してて「軽い」口当たりの飲み物には不思議なほどに揚げ物があう。
    それも天ぷらみたいなフックラ系の揚げ物じゃなく、唐揚げやこうしたフライ。
    揚げる素材は脂や肉汁が多けりゃ多いほど、パン粉や衣の軽い食感が引き立って、だからメンチはこうした居酒屋の揚げ物料理のベストチョイスの一つでしょうな。
    カサカサとした衣の食感と脂の味わい。
    ジュワッと口に広がる肉汁や素材の旨味が、パチパチドリンクをおいしくさせる。
    ソースたっぷり。
    七味にそれからマヨネーズ。
    キャベツシャクシャク、舌がスッキリ、ぬぐわれるよう。

    それからここの卵焼き。

    99bceb0f.jpeg焼きたて。
    ジュワーっと出汁がほとばしり出る…、ってうたい文句のまんまの味わい。
    形はとても不格好。
    けれどシットリ。
    そしてフルフル。
    まるで茶碗蒸しのような食感、味わい。
    多分、玉子が固まらなく寸前くらいまでタップリ出汁を含ませて、それでジュジュっと焼き上げるんでしょう。
    唇、口、舌、そして喉。
    この卵焼きが触れたところがもれなくポワンと熱くなり、お腹の中がほんわかあったかになるやさしいご馳走。

    こうして今日も堪能し、それでなんと一人1200円とちょっとという、ファミレス価格で仕上がった。
    うーん、夜にファミレス行くのがほんとにバカらしくなる、こんなたのしさ。
    ありがたい。

    〆をしようかと弁天庵に顔を出す。

    00ed950e.jpegそばを一杯!
    ほんとはその一言であっさりすんだはずなのだけど、なんとなんと。
    先客座るテーブルの上に並んでいるのは、鴨焼き、唐揚げ、卵焼き。
    それに合わせてビールや焼酎のそば湯割りと、ほとんどのお客様がつまみに酒を飲んでいる。
    そば居酒屋っていう業態ができはしたけど、こうした正真正銘そば屋で酒をみんなが飲んでるところに遭遇するのって、なんだかステキ。
    なんとも大人で粋な風景。
    それで板わさをたのんでしまう。

    分厚く切られたかまぼこと、ネギにそれからわさび漬け。
    かまぼこの上にタップリわさびを乗っけて食べると、ビビッと辛味が脳天向かって突き抜ける。
    「てやんでぃ」って感じでしょうか。
    粋な男になった気分。

    天ぷらのっけたぶっかけそば。

    136d755c.jpeg正真正銘、これが〆。
    冷たくしまったそばにタップリ、出汁かけまわす。
    サクっと揚がったかき揚げ天ぷら。
    エビもふんだんに入っているけど、ここのかき揚げのボクが一番好きなところはサイコロレンコン。
    カリカリ。
    サクサク。
    噛むとどんどんトロミがでてきて、衣と混じって口にどんどん広がっていく。
    そばが冷やっとのどかけぬける。
    ほどよき夜の金曜日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    アベック焼きそば、リオ五輪 HOME 紅花別館、ココットカレー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]