忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    休日途中の打ち合わせをかね、コーヒーハウスオリガミにくる。

    origami.jpgひさしぶり。
    今はなきキャピトル東急ホテルのコーヒーショップ。
    場所を移して、赤坂見附の東急ホテル。
    ビルの地下のレストラン街に入居して、なのにこれほどホテルのコーヒーショップらしいお店はなかなか見つからない。
    背筋ののびた黒服ウェイター。
    キレイに整ったテーブルに、磨き上げられたナイフにフォーク。
    ただ食事をするだけではもったいない、とても上等な空気感。

    いつものごとく、いつものこれをたのみます。

    排骨麺。

    b9d29106.jpeg豚のスペアリブに味を入れ、ポッテリとした衣をつけてサクッと揚げる。
    とても頑丈なから揚げのような排骨を、最初はどう読めばいいのかわからなかった。
    台湾から来た友人が、実はこれが好物で「パイクウ」って読むんだヨ…、って教えてくれたときにはもう好物だった。
    これをご飯に乗っけて排骨飯。
    そのままおつまみのようにして食べてもいいし、でもやっぱり一番おいしいのは汁そばにのっけて食べる排骨麺。
    スープに揚げた油が混じり、コクが出る。
    スープにつからぬ排骨の上の部分はずっとサクサク。
    ところがスープを衣が吸い込むと、そこだけトロンとまるでジェリーのようになる。
    味の変化がたのしめること、この上もなく一度でいくつもの料理を食べてる気持ちになれる。

    しかもここのは、すっきり澄んだコンソメスープのような上等な汁。
    なかなか伸びぬ、ツルンとコシのある玉子麺。
    脂をほとんど持たぬ豚肉。
    あごに力を入れずともサクッと歯切れて、けれどクチャッと存在感はしっかり残るほど良き厚さ。
    上品なのにたくましく、力強い味わいで、何度食べてもハッとする。

    一緒にナシゴレン。

    21c3eb68.jpegこれまた上品などちらかといえば「エキゾチック・えびピラフ」のようなここオリジナル。
    ブイヨン風味に炊き込んだピラフを、コンガリ、あめ色になるまで丁寧にソテしたタマネギを混ぜて再びパラッといためる。
    鶏肉。
    エビをタップリ入れて、ジャジャッと炒めてこれだけだったらただのピラフ。
    そこによく焼き目玉焼き。
    サイドに揚げたばかりのエビせんべいを乗っけたところでアジア風になる。
    醤油と辛味調味料のサンバル添えて、自由に味を加えてやると東京発でジャカルタまでのいろんなところの味になってく。
    おもしろい。

    bf7035f1.jpegいろんな国のいろんな人がいろんな好みでやってくる。
    ホテルならではの工夫をあれこれした結果、調味料や薬味で自分好みを作れる自由度高い料理になっていったんでしょう。
    ナシゴレンだけでなく、排骨麺にもネギや七味やラー油がたっぷりついてくる。

    酸味のきいた昔ながらのブレンドコーヒー。
    日本のホテルの伝統的なるフレンチローストの風味豊かをゴックリやって、ジャーマンパンケーキをデザートにする。

    cd9cf555.jpeg排骨麺にナシゴレン。
    それにジャーマンパンケーキというこの組み合わせ。
    一時期「赤坂セット」って名前をつけて、かなりのヘビーローテーションでたのしんでいたことがありました。
    ブログを見ていた担当医の先生に、オーバーカロリーだからやめなさい。
    できればパンケーキだけでも食べるの我慢なさい…、って言われたけれど、ひさしぶりのこと、たまのこと。

    フライパンの形のままに薄ぅく焼きあがったパンケーキ。
    端っこの方はサクサクッとして、まるでラングドシャのビスケットのよう。
    内側に行くにしたがって分厚く、シットリ、し始めて真ん中部分はプルンと分厚くハリを持つ。
    バターをタップリのばして溶かし、メープルシロップ、トロンとかけて吸い込ませ、パクッとやれば幸せがくる。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ヤッターマンに世界で一番有名な人 HOME 冷やし中華なり!
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]