忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    千駄ヶ谷の隠れ家ステーキレストラン。
    CHACO あめみや」のランチに来ます。

    cd4c5008.jpeg1キロ単位の塊のまま肉を焼き取り分けながら食べるというダイナミックなコトこの上ない、肉のたのしみを提案しているオキニイリの店。
    さすがに夜は余程の覚悟と、ゴキゲンな言い訳がなくてはなかなか来れぬ贅沢。
    昼はほどよき贅沢。
    ちょっと背伸びをすれば手にするコトがかなう程度の値段でランチが食べられる。
    肉好きさんたちと誘い合わせて、どんなランチか食べに来る。

    千駄ケ谷というジミな駅。
    駅の前には体育館。
    大きなビルがいくつかあれど、ちょっと歩くともう住宅地。
    渋谷区、港区、新宿区がふれあうような、つまりどの中心地からも遠くはなれた都心の田舎。
    最近、みつけてオキニイリにした一日中、朝ご飯が食べられる店のほど近く。
    目立たぬ街の目立たぬビルの目立たぬ階段をタンタン下りて、やっとココに辿りつく。
    そもそもこの街の飲食店はみんなこうした隠れ家風。
    さぁ、ひさしぶり!とテーブルの前に腰、落ち着ける。
    お店の壁や天井においしい肉と炭の匂いが染み込んでいて、座るやそれが鼻をくすぐる。
    お腹がグーッ。

    e2f74881.jpegミニョンステーキとオールビーフハンバーグのコンビネーションランチにします。
    ステーキの店。
    しかも自店で肉を掃除してステーキ肉を切り出していく、肉を熟知したステーキハウスのハンバーグ。
    肉の端材を使ってできる密かな贅沢。
    ステーキになり損なったハンバーグは嫌だけれど、ステーキになり損なった肉を使って焼くハンバーグ。
    食べなきゃ損だなぁ…、ってやっぱり思う。

    炭で焼きます。
    それもお店の入り口近くに作った暖炉状の炭場に網をのせて焼く。
    ただの網と違って暖炉の中を熱が対流。
    熱と一緒に煙もグルグル、暖炉の中に長くとどまり「炭焼き」plus「オーブン調理」に「薫製仕上げ」の3つの調理を同時に行う効果が生まれる。
    直火で焼かれた肉の脂が炭に当たって、ジュジュッと揮発。
    脂の風味と甘みに煙の香りがまじり、それがタップリ、肉の表面にこびりつきつつ出来上がる。
    家では絶対出来ぬ芸当…、ありがたい。

    07e51dac.jpeg100g少々という小さな、けれど分厚いステーキ。
    小判形にととのえられて、ハンバーグらしい形に焼かれたハンバーグ。
    なんのけれん味もない、端正にしてクラシックな姿形にまずはウットリ。

    脂をほとんど持たぬ赤身のおいしいステーキ。
    おそらくアウトスカートと呼ばれる、内臓に近いところでちょっと個性的な匂いはします。
    けれど引きしまった筋肉質な肉が前歯でスパッと歯切れ、レアにあがった内側が歯茎にネロンとまとわりついてく。
    ひんやりとした肉が噛むと徐々にあたたかくなり肉の匂いと旨みを吐き出す。
    旨みはつよく、けれどスキッと後味、軽い。
    軽い酸味を最後に残して、次の一切れ、おねだりするよな上等な肉。

    一方、脂がジュワッと口にひろがっていくハンバーグ。
    焼けたところはホツホツ、奥歯を叩く頑丈さ。
    芯のところはやはりレアにて、ネットリなめらか。
    あれはあれ、これはこれ…、のどちらもおいしく代わる代わる味わい比べる。
    それにしても噛めば噛むほどおいしさが後から次々やってくる、ココのこうしたハンバーグ。
    これが本当は本物だよネ。
    お皿の上で切るだけで、肉汁ドバッとほとばしり出る最近流行のハンバーグは、もしかしたらば邪道かもネ…、って思ったりする。
    だってそれは本来、口の中に入ってくるはずの肉汁をお皿の上で無駄にする料理としては未熟な証拠。
    にもかかわらず肉汁を出すための手練手管を弄するお店がどんどん増えてく。
    なやましい。

    49ae808c.jpegオーロラソースと昔ながらのフレンチドレッシングでいただくサラダ。
    パキパキ、食物繊維が見事に砕けてこわれるレタスの葉っぱ。
    程よく熟したトマトも冷たくみずみずしくて、基本に忠実がどれほど貴重でステキかよくわかる。

    ステーキの横をにぎわすガルニ。
    生のコーンを焼いて仕上げた甘くてコツッと固い食感たのしいガルニ。
    ほどよき甘さに仕上げたニンジン。
    それからジャガイモ。
    ナイフで切って皮ごと一緒に食べると、ホクホク、芋そのものの旨み、濃厚。
    バターをのっけてコーンと一緒にフォークの背中で潰して食べると、まるでポテトグラタンみたいな味になる。
    細かなトコまでなんておいしい…、堪能す。

    メインディッシュにサラダにご飯、食後にコーヒー、或いはシャーベットがついてランチはひとそろえ。
    どれをとっても丁寧で、毎日、毎日、同じ料理を飽きずずっと作り続ける、その継続がこのおいしさを完成させた。
    そんなふうに思うとなおさらいとおしくなる、また来よう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    あ~っ!!!
    CHACOあめみやのランチ、コドモのお弁当があるうちに行こうと思っていたのに忘れてました~!
    お弁当、今日まででした・・・
    二学期のお楽しみにしますっ!

    ところで、ここのブロックステーキを見ると、
    「あれが1キロかぁ」ってしみじみ思います。
    あのブロックいくつ分増えたのか、減量が必要なのか、つい考えてしまいます(笑)。
    もちろん、そうは言っても楽しく食べましたとも!
    あーたさん / 2010/07/08(Thu) /
    1キロ
    > あーたさん
    たしかに!
    1キロ痩せるってことは、あの塊肉をどこかに消してしまうことなんだと思うと、スゴイことですよね。
    うーん、でも食べるのやめられない(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/09(Fri) /
    無題
    銀座のステーキ屋さんのCHACOとは関係のあるお店なのかなぁ?

    断食中の私にはサカキさんのブログはつらい。。。けど見ずにはいられないのです♪
    キョーコさん / 2010/07/09(Fri) / URL
    CHACO
    > キョーコさん
    もともと六本木にあったCHACOというステーキハウスののれん分けのようなお店です。
    銀座もここ千駄ケ谷も元はおんなじ。
    だからどちらも暖炉で焼く作り方ですよね。
    ここが一番、気軽な雰囲気がするのがオキニイリです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/09(Fri) /
    夜の家飯 HOME 新和のそばのちアイスなスタバ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]