忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    名古屋から仕事仲間がやってきて、ひさしぶりにとランチを一緒。

    76076fa3.jpeg新宿の小田急百貨店の8階にある「カフェトロワグロ」
    フランスの星取りレストランがプロデュースしているカフェレストランにて、気軽でそこそこおいしくて良い。
    なにより百貨店のレストランフロアでもなんでもない階の一番端っこにあるという、微妙なロケーションのおかげで必ず座れるテーブルがある。
    程よくにぎやか。
    ユックリ食事がたのしめるので重宝している。

    ランチのセット。
    サラダ風の前菜と、メインのパスタがつくというモノ。
    今日の前菜はグリーンサラダの生春巻き風パーミット添えというメニュー。
    パーミット…、つまりヤシの芽のブイヨン漬けを薄切りにしてボウルに貼り付け飾りとし、生春巻きでくるんだ葉っぱとスイートチリソース風味のクリームソースで召し上がれという趣向。
    深めのボウルに納まってるので写真を撮るのがむつかしいコト。
    パクッと食べれば二口くらいで終わっちゃう。
    それをナイフとフォークで解体しつつ、口の中にて再構築する。
    フランス的なる料理の味わい、ゴキゲンランチの始まり、始まり。

    f1d43c4f.jpegメインのパスタは蝶々型のファルファッレ。
    そこにタップリ、ブラウンマッシュルームのピュレをくわえてオリーブオイルとフュメでシットリ味整える。
    マッシュルームをミンチ状にして炒めると面白いほどおいしさを出す。
    茸がもってる旨みに風味。
    油やフュメと一緒になると、分厚い味に変わっていってまるでソースのように濃厚になる。
    そこにパルミジャーノを薄く削いでヒラヒラのっける。
    この段階ですでに十分おいしいところに、ほうれん草で作った緑のスープを泡状にして、やさしくフワッとのっけて飾る。

    ソースやスープや調味料を泡にする。
    ちょっと前に流行ったスタイル。
    食感だけでなく味がフワッと軽やかになり、空気をタップリ含んだ分、舌の上でズブズブ壊れていく食感が儚く、たのしい。
    情報量の多いお料理。
    クニュクニュとしたパスタの食感を強調するのもまたステキ。
    それにしてもこのお店。
    いつも背筋の伸びたご婦人方でにぎわっている。
    今日は週末。
    だからかお店のそこここで、シャンパングラスを軽くぶつけてキスさせるシアワセ景色が昼からみれる。
    ここに限らず、おしゃれでおいしいお店の主役は女性同士の普段着会食。
    オトコはまるで元気なし(笑)。

    a1ebba37.jpeg食事を軽く済ませてそれで、お茶でも飲みつつ話をしましょ…、とちょっと歩いてブックカフェ。
    新宿西口駅前にチュドンとそそり立つロケット状の超高層ビル。
    東京モード学院新宿校のビルの麓、一階にある「ブルー」というお店にきます。
    アートブックが壁かざり、ハイバックチェアの前には小さなデスク。
    そこにiPhoneが置かれてて、iTunesを立ち上げるとミュージックリストにはラウンジ系の音源タップリ。
    一人で来ても退屈しない。
    とても静かで、ちょっと図書館みたいな雰囲気もあり、話をするのにも適してる。
    カプチノもらうと泡もポッテリ。
    とても頑丈、喉をトロンとなで回すよなかなり肉感的な味。
    日本のコーヒー。
    あるいはエスプレッソのクオリティって高くなったな…、って思ったりする。
    ありがたい。

    今日のランチのメインは泡がおいしい料理。
    食後のコーヒー、カプチノも泡がおいしく、泡つながりの昼のコト。
    夢が泡と消えませぬよう…、高くて青い空をみつめてボンヤリ思う、ニッコリと。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    鳥、豚、牛にネジ型パスタで腹みたす夜 HOME サンドイッチにスタバのヴァイア
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]