忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、今日も家飯。

    0a2a7811.jpeg自炊がたのしい。
    人それぞれにストレスの解消の仕方がある…、と思うのだけど、ボクの場合は野菜をシュタシュタ切ると気分がスッキリしたりする。
    特にキャベツ。
    スタンスタンとリズムに乗って千切りにする。
    クルンと固く丸まった葉っぱのカタマリ。
    それがみるみる千切りになり、空気を含んでフンワリしてくる。
    キャベツ半分ほどが山盛りの千切りになり青い香りを発散するのがとてもウレシイ。
    今日もタップリ、肉屋で買った豚ヒレ肉のフライと一緒にお皿に盛り込み、シャクシャク食べる。
    柚子のポン酢と芥子マヨネーズを半分半分に合わせて混ぜたドレッシングをタップリかけてシャクシャクシャクシャク。
    顎がたのしい、夜の口切り。

    ba0df6db.jpeg今日は野菜をたくさん食べる。
    まずはタケノコ。
    鶏肉と一緒に炊きます。
    まずは鶏ももをぶつ切りにして、油で軽く皮目を炒める。
    皮の脂がジワッと滲んで皮がカリッとしはじめたらばお水を注いで強火にする。
    出汁にお酒に砂糖で味を整えて、水がお湯に変わったところに茹でたタケノコ。
    鷹の爪を一本くわえて、あとはクツクツ。
    グラグラせぬよう。
    始終、細かな泡に具材が包まれるようほどよき火力で20分程。
    煮込んで火を止め休ませる。
    食べる直前に再び強火で汁をつめるように温めて最後に醤油で風味をくわえて照りをだす。
    タケノコの持つほろ苦さ。
    鳥の旨みに出汁の甘さがとてもやさしく、良く煮込まれた肉がホロッと奥歯でほどける。

    それからジャジャッとほうれん草。
    朝どれでそのまま入荷したのだという根っこが紫色の束。
    茎が丈夫でシャキッとしている、そのほうれん草を軽く洗ってそのまま炒める。
    ベーコンにほんの少々の植物油。
    塩と胡椒と風味の変わりに醤油をちょこっと加えただけで、おどろくほどに力強い味わいになる。
    噛むと苦味が前歯の裏にはりついて、自然の滋養がなだれこんでくる。
    体にいいもの食べてるなぁ…、って悦に入りつつ今日のメイン。

    652ebecd.jpeg牛筋肉をトマトソースで煮込んだモノ。
    一度、大きなお鍋で煮込み、吹きこぼしてから一口大に切った牛筋。
    下ゆでをした鍋のお湯にはキラキラ、キレイで透明な脂がポツポツ浮かんでた。
    アクがほとんどでなかったのが、鮮度ただしい肉だったというウレシイ証し。
    別に作ったトマトソース。
    トマトの水煮にニンニク、刻んだ鷹の爪。
    オリーブオイルで炒めて水にお酒に塩、胡椒。
    ドライハーブで風味をつけたソースでコトっ、コトッとジックリ煮込む。
    ほぼ2時間ほどの一仕事ののち、出来た煮込みはクチャッと奥歯で崩れるおいしさ。
    ムッチリとしたゼラチン質が歯茎をなでる色っぽさ。
    圧力釜で作ればもっとホロホロ、やわらかになるのだろうけど、普通の鍋で仕上げるたのしさ。
    ほどよく残った歯ごたえがボクはあえて好きかもしれぬ。

    9a35a053.jpeg〆は牛筋を煮込んだトマトソースの残りでフジリを作る。
    ちょっと強めに塩を効かせたお湯でクツクツ、茹でたフジーリ。
    オネジの如き溝がクキッと入ったパスタを、固めに茹でてそれをトマトソースに移す。
    チョリソを炒めてオリーブオイルをタップリほどこし、お皿に移してパセリを飾る。
    クニュクニュとしたショートパスタ独特の、たのしい歯ごたえ。
    ツルンとはりのある舌触り。
    溝にタップリ、ソースをしこませ舌の上をプリプリ転がる。
    時間をかけて作ったソース。
    それをもれなくスプーンで救ってパスタと一緒に口に運んで、味わい尽くす。
    和食で言えば、鍋の最後の〆雑炊のよな、そんなおいしさ。
    堪能す。

    料理の準備をする前に、ちょっとみていた「ミュージックフェア」。
    今日は女性ダンスユニットつながりで、「speed」と「perfume」が一緒に出てた。
    どちらもアクターズスクール出身。
    両ユニットのメンバーの生年月日を比べてみると、speedは1983年前後。
    一方、perfumeは?っていうと1988年。
    たった5年の違いなのだけど、二組並んで椅子に座ると膝から下の長さが違う。
    まるで1ジェネレーション違いの如き体の構造の違いにビックリ。
    perfumeって、みんなスタイル良かったのね…、って今更ながらに驚いた。



    うーん、この振り付け。
    いつかマスターしようと思う…、ひそかに練習いたしませう(笑)。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    勢ぞろい
    お夕飯、鶏・豚・牛の三つ巴ですね!
    おうちで作るご飯はやっぱり何物にも代え難く美味しいですよね。・・・とお料理に関しては自発的発言ができるのですが、ことおソウジとなると口がもごつきます。うう。
    チンプイさん / 2010/04/25(Sun) /
    おさんどん
    > チンプイさん
    台所仕事はとてもたのしいですよね。
    中でも料理をしながら後片づけしていく、「調理&片づけ」の同時進行がうまくいったときの爽快感。
    なかなかのモノです。
    掃除は嫌いではないのですけれど、丁寧にしろと言われるとちょっと自信がありません。
    今日は掃除の日にしようかなぁ…、なんて思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/25(Sun) /
    三度あるからおさんどん??
    牛スジとトマトソースですか。にゃるほどぅ。
    …トリッパ食べたくなってきました。
    根菜と甘辛煮で冷や酒か
    モツ煮で焼酎のお湯割りか
    はむぅ。
    たばきちさん / 2010/04/25(Sun) /
    トリッパ
    > たばきちさん
    「おさん」っていうのが下働きの人のコトだったんだそうですね…、おさんどん。
    昨日はトリッパでもいいなぁ…、と思ったのですが、たまたま安く手に入ったのが牛筋。
    内臓に近い部分や、内臓、あるいは良く使った部位って、手間はかかりますけどおいしくなります。
    甘やかされていないからこその力強い味。
    堪能しました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/25(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    冷やし中華で朝を呼ぶ朝 HOME 泡な昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]