忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿で昼…、王ろじに来る。創業大正10年。ずっとココでとんかつ専門店を営んでいる、まさに「路地の王様」的なる老舗のひとつ。



    「昔ながらのあたらしい味」と看板に書いてあるのを、初めて本日発見す。ずっとこの前を通ってるんだけど気づかなかったコトをいささか恥じる今日。
    それにしてもこのキャッチフレーズ。
    たしかに、ココの商品は100年以上経った今も他に類をみない新しさ。創業した当初はもっと新しく受け取られていたのでしょうネ。時代を超えてみずみずしさを失わぬ、いぶし銀のようなお店を上手く表現しているなぁ…、って感心します。



    ここスタイルが独特なカツカレーのような「とん丼」っていうのがココの名物でオキニイリにて、今日もほとんどの人がそれをたのんでる。
    けれど今日は食べたいモノがひとつあり、それが「とんサンドイッチ」という、つまりかつサンドなのだけど、それをたのんでしばらく待ちます。
    厨房の中からカラコロ、油の中でパン粉が爆ぜる音がして、20分ほども待ちましたか。ザクザク、カツが来られる音がして、これ出来上がる。



    ドッシリとしたステンレスのお皿がまずはレトロでステキ。
    分厚いカツにふっかりとした食パンに、千切りキャベツに薄切りキュウリ。カツにはソースをまとわせてパンは焼かずにそのまま使う。
    熱々のカツの蒸気がパンを中から蒸らすようにするんでしょうネ…、ちょっとペットリした食感になり、肉まんの生地のような風合いになる。
    ザクザク、固めに揚がったパン粉とシットリとしたパンが一緒に口に入って、そのどちらもがおいしく感じる。キャベツが徐々にしんなりし、キュウリの緑の香りとみずみずしさが口の中をサッパリさせる。この独特にウットリします。



    最近のとんかつは肉のふっくら、やわらかさを一生懸命追求するけど、がっしりとした肉の歯ごたえたのしめるこういうカツもときには旨い。
    それと一緒に豚汁たのむ。
    サンドイッチに豚汁っていう、この組み合わせが大正モダンを感じさせ、そもそもココの豚汁の炒めたベーコンが出す旨味、風味が洋風で、だからサンドイッチのパンにも決してあわなくはない。
    最初は汁だけフーフー飲んで、最後に具材をタップリ残してハフハフ食べる。夜なら最初にビールをもらい、サンドイッチを半分ほど食べ、それから豚汁って順番で食べるんだけど…、と、午後の仕事を思いつつ悩ましくなる。さぁ、移動。


    関連ランキング:とんかつ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    氷多めの暑い今日 HOME ベーコンエッグの朝の初藤
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]