忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    四谷三丁目の駅の至近距離にある、癖ある飲食店がずらりとならぶ荒木町。
    そのメインの通りのひとつをなしてる車力門通りに面して、まさに本日、新規開業のレストラン「キッチンたか」ってお店にきます。
    DSC01117.JPG四ツ谷のエリーゼという行列ができる洋食レストラン。
    そこでずっと働いていた高橋さんっていう人が、独立をして開けた店。
    もともと河豚料理の専門店があったんだという小さなお店で、居抜きで手に入れ最小限の手間と工夫で洋食屋さんにしたのでしょう。
    お店の隣に、何度も以前に来たことがある長崎ちゃんぽんのお店があって、なのにそこに河豚の料理があったなんてまるで全然、気付かなかった。
    白くぬられた外壁に、ガラスのはまったドアがはめられ遠くからでもレストランがあるってわかる…、いい改装をしています。

    4c41cb4a.jpeg10人くらい座れるカウンターが1本。
    中にキッチン。
    キッチンにズラリと鍋が並んでるんだけど、それがみんな新品じゃなく磨きこまれて細かな傷がタップリついてる。
    エリーゼから、分けてもらって使ってるんでしょう。
    名店の鍋は料理の味を記憶している。
    同じ素材。
    同じ調味料に同じ手順で作っても、鍋が変わると味が変わったりしますから。
    のれんを分けるのではなくて、「鍋を分けてもらって」こうしてお店になったのでありましょう。
    ステキだなぁ…、ってまず思う。

    エリーゼ譲りの料理をふたつ。
    ビーフトマトをまずためす。
    牛ばら肉の薄切りを醤油ベースのタレとトマトで炒め煮したモノ。
    すき焼きダレにトマトが混ざったようなエリーゼ名物のオリジナルの料理なんだけど、やっぱりおいしい。
    脂をあまりもたぬ赤身が、トマトの酸味でやわらかになる。
    しかもスキッと味にキレができ、しかも奥行き感じる味わい。
    タバスコたっぷり追加して、辛味と風味をたしてやる…、ご飯が次々、お腹の中へと消えていくのすがすがしいほど…、オキニイリ。

    d5b51202.jpegそれから厚切りポークジンジャー。
    分厚い豚肉。
    これも脂をほどよくそいで、肉に細かく包丁入れる。
    繊維をキレイに切り刻み、厚みがあるけどやわらかなココ独特の豚肉料理の下ごしらえをシッカリしてる。
    味醂をかなり使ってるのかなぁ…、甘みがドッシリしたタレにすった生姜がタップリ混じる。
    ナイフを入れるとスパッと切れる。
    噛むとジュワッと肉汁が。
    クチャっと歯ごたえゆたかでたのしい、歯茎をヌタっと撫で回す。
    牛豚鶏と一般的な食肉の中、一番肉感的な食感は豚に限るとかねがね思っているけれど、たしかにココのコレをたべると顎が震えるほどにおいしい。
    やられちゃう。

    すべてのメニューが800円から900円で、その値段でご飯と味噌汁がついてくる。
    ご飯はちょっとやわらかだった。
    慣れの問題だろうと思う。
    お味噌汁は出汁、味噌、具材とどれをとってもシッカリしてて味わい濃厚。
    ちょっと濃いかなと思うほど、ビシッと味が決まっててご飯と合わせておいしくもあり、なによりココのシッカリとした味のおかずに負けぬおいしさ。
    大根の壺漬けがタップリ、使い放題でテーブルの上に置かれているのも、四ツ谷エリーゼのまんまで学んだ通り。
    今までずっと働いた通りを大切にしてるんだなぁって思ってなんだか「がんばって」と応援したくなっちゃった。

    本家のエリーゼは鶏肉料理や揚げ物なんかが充実してて全部で50種類は料理が揃う。

    taka.jpgココはビーフトマトにソテ、ハンバーグだったりポークソテー、それにカレーと全部で10種類もない品揃え。
    無理せずできるコトだけシッカリ。
    ひとりでやる店はそれでいいと思います。
    それにこの場所。
    本家に比べて人通りの少ない、絶対行列できぬ場所。
    でもいいんです。
    行列作るコトだけが繁盛店を作ることじゃない。
    ほどよき数のお客様が絶えずずっと来てくれるコト。
    おなじみさんが並ばず必ず食事ができる場所を見つけて商売するコト。
    それも大切な戦術で、だって飲食店って商売は長距離走と同じ商売…、身の丈にあった自然体を心がけなきゃ息切れしちゃう。
    だからこの店、ちょっと我慢すればいい店になる…、ってそう思う。

    本家流でないところがいくつかあります。
    どちらも千切りキャベツがすべての料理につくのだけれど、エリーゼでは料理ができる前に千切りキャベツをお皿にのっけてそこに料理を盛る。
    ソースをジャジャっとかけ回すので、必ずキャベツが汚れてしまう。
    忙しいからその順番じゃなくちゃ料理が間に合わなくなる。
    けれどここ…、料理を盛ってそれからキャベツをそっとのっける、千切りキャベツはフンワリと刻んだまんまでたのしめる。
    ポテトサラダは本家以上でありました。
    暑い厨房で汗だくになり、自分ができるコトを正しく正直にやってるシェフの姿に再び、「がんばって」ってココロの中で声かける。
    またまいりましょう…、贔屓にすべきお店がひとつ、今日誕生!



    関連ランキング:洋食 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    ご近所にまた、素敵なお店が増えましたねo(^▽^)o
    こういうお店好きです!

    lovekuma69さん / 2011/09/02(Fri) /
    無題
    このビーフトマトの色は白飯と一緒に頬張っていただくと口の中が間違いなく幸せになれる色ですね?
    うわぁ、夜に見るべきでは無かったと後悔しています。

    うわぁ、四谷のお店かぁ……これを食べに旅行というのも面白いかもしれないですなぁ、とついANAのサイトを開いてしまいました。

    自分の街の中でこういうお店を見つけると幸せになれるんだろうなぁ、と思いつつ最近決まったお店にしか足を運んでいないことに気づきます。新しいお店を開拓しないとですねぇ
    Wordsworthさん / 2011/09/02(Fri) /
    ご近所レストラン
    > lovekuma69さん
    こういう店ができると、この街に住んでいてよかったなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/09/02(Fri) /
    四谷三丁目
    > Wordsworthさん
    四ツ谷三丁目のこの界隈は、食べ歩きをはじめると、行き倒れてしまうのじゃないかしらと思うくらい、いいお店が目白押し。
    もし、東京で食い倒れツアーを予定されているのであれば、ぜひ、ご一報を!
    サカキシンイチロウさん / 2011/09/02(Fri) /
    ごはん
    こんにちは。今日行ってきました。
    料理名はエリーゼとは変えてあるのですね。
    例の料理は「トマトのビーフ」となっていました。

    ご飯はつやがなく軟らかめ。

    人通りが少なめな場所のためか、平日の 12:10 で客は3人ほどでした。

    荒木町には RISE、kokocara 、まほろば、竹の子、少し歩くと Low Life、ほしの店といったランチ優良店がありますからなかなかたいへんだと思います。トマトのビーフ…ご飯を丼に盛っておかずを乗せて丼にした姿を想像すると、900円支払うには躊躇するかなと感じました。

    キャベツが料理の汁で「びちゃっ」とならないのは良かったですね~。
    Shiraさん / 2011/09/28(Wed) / URL
    たしかに
    > Shiraさん
    一生懸命がんばってらっしゃるけれど、ところどころの完成度が今ひとつ。
    そうも感じます。
    たしかにご飯の硬さ。
    柔らかいのが好きな方もいらっしゃろうとは思うけれど、ココのみずみずしいおかずにはちょっと固めのご飯の方がおいしく感じるように思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/09/28(Wed) /
    CCカレー HOME ハイナンチーファン赤坂風
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]