忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿伊勢丹会館の、一階にある喫茶店「BUN」で朝にする。
    5716fca4.jpegおだやかな空気が流れる、よき喫茶店。
    座り心地の良いカウンターがある。
    カウンターの中には気のいいマスターがいて、旨いコーヒーを笑顔で黙々、作り続ける。
    小さなテーブル。
    ユッタリとした椅子。
    張り切りすぎぬ、けれど作業はキビキビこなす従業員がのびのび働いている、つまり典型的なる昭和の空気がながれる昭和なお店。

    朝のセットの中からいつものオキニイリ。

    72b3a074.jpegメキシカンドッグのセットをたのむ。
    ホットドッグブレッドで、ミートソースを挟んだ料理。
    フランクフルトの替わりを果たしてミートソースが果たせるものか…、と、はじめて食べたときにはかなり心配したけど、これがなんの。
    ホットドッグとはまるで違った、しかしおいしい料理になってた。
    トーストをして表面サクッと香ばしいドッグロールに、ホツホツとしたミートソースの肉の食感がかなり新鮮。
    ソース自体は胡椒がかなりビリッときいてて、ヒイヒイするほど辛く感じる。
    それをトマトの甘さとみずみずしさがなだめる、よき組み合わせ。
    レタスもシャキッと、食感たのしくしてくれる。

    セットに付いたゆで卵。
    キレイにスルンと剥けますようにと、お祈りしながらコツンコツンと玉子でテーブル、叩いて壊す。
    小さく空いた手がかりに、指をあてがいそっとはがすとペリッと軽い音をたてつつめくれてく。
    思いがけずも大きく剥げて、薄皮までもがスルンととれる。
    スベスベとした玉子の肌がまるで傷つくこともなく、キレイに剥けて神様どうもありがとう…、って、感謝しながらプチュンと食べる。
    黄身がネットリ甘くてうまい…、オゴチソウ。

    0b61e106.jpeg飲み物として選んだココのアイスコーヒー。
    最初っから甘くしているのがデフォルトで、何も言わないと甘いのがくる。
    程よき甘み。
    それが不思議とドリップコーヒーの苦味をビリッと引き立てる。
    酸味もスキッとあとをひき、喫茶店的コーヒーのうま味をキチッと強調してる。
    ゴクゴク飲むには勿体ない。
    一口、一舐め。
    ユックリユックリ、味わうように飲んでいくのがシックリとくる。
    コーヒーフレッシュを入れると甘みがコクに変わって、ゴチソウ味になるのもステキ。
    お願いすれば甘みを抜いたブラックアイスコーヒーを作ってくれはするのだけれど、やっぱりココのは甘いのがいい。
    そう言えば、古くからある喫茶店のアイスコーヒーはどこも甘味が入っているのがスタンダード。
    例えば神田のエリカに行って、アイスコーヒー飲むとこんな味がする。

    1ca7088f.jpegそれにしてもココの店。
    古い道具をそのままキレイに使ってる。
    例えばボイラー。
    中でお湯を沸騰させて、使うための専用のモノ。
    昔は喫茶店だけじゃなく、お茶を大量に使う和食のお店なんかにも置いてあった。
    今では電気で温めるタイプのモノが多くなったけど、不思議とガスでやさしく温めたお湯はやさしい風合いがある。
    気のせいだけかもしれないけれど、だから今でもこのやり方にこだわる人がかなりいる。
    メンテナンスをするのも結構大変だろうに。
    他にもサイフォン。
    あるいは使い込まれたトースター。
    昔ながらの機材がいろいろ、しかもどれもがキレイに磨き込まれてキラキラしてる。
    愛着持った道具でつくる、愛着もてるステキな商品。
    なんだかニッコリさせられる。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ジンジンしちゃう HOME 日清焼きそばゴチソウ仕立て
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]