忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    たまに無性に食べたくなるのが、袋に入ったソース焼きそば。

    nissinyakisoba.jpg麺を茹でてから炒めてく、生まれてはじめてこれを作ったときには、かなりドキドキしたことがある。
    果たして本当にこれが焼きそばになるんだろうか…、って最初の1分程はドキドキ。
    だって本来、カラッとしててほしい麺がお湯にまみれてドロドロしてる。
    おろおろしたのを覚えてる。

    夜食をかねて、さて、ひさしぶりに作ります。
    水を煮立てて、そこに麺。
    入れてほぐして、そろそろ水気が全部なくなるその寸前で火から下ろして、キッチンタオルで水気をとります。
    この状態ではアルデンテ。
    具材の準備をその間にする。
    三つ葉にモヤシを軽くいためて水気を飛ばし、干したホタテを水で戻して細かく割いた。
    それらを麺にパパッとくわえて、火をつけ和えて粉末ソースを半分施す。
    味の足りぬ部分を金蝶ソースで補いカラッと炒め揚げてく。
    最後にほんの少々の胡麻の油を注いでバリッと麺をさせ、胡麻をふりかけ出来上がり。
    ちょっと固めに茹でた麺が、ソースをゴクゴク飲み込んで中の中まで味が入ってかなりの美味。
    シャキシャキとしたモヤシと三つ葉の食感と、ホタテの吐き出す旨みがゴチソウ感を盛り上げる。
    蒸し麺使った焼きそばとは、一味違う、これはこれにてオリジナル。

    一緒にキュウリをカリッと食べる。

    nisisokyuri.jpg今年はキュウリの当たり年?
    スーパーなんかでもかなり安く出回っている。
    棘がツンツンつき出した、ちょっと細目のキュウリを選び塩ズリをする。
    まな板の上。
    大きな結晶の岩塩蒔いて、そこでゴロゴロ、転がしながら棘をとったり皮に細かな傷を付けたり。
    それをしばらく休ませて、浅漬けにしたのをそのままガリガリ齧る。
    みずみずしくて生き返る。

    そう言えば…。
    子供の頃は生のキュウリが苦手だった。
    キュウリだけでなく、スイカやメロン…、つまり瓜の類いが全滅で理由は瓜類独特の青臭さ。
    今でもメロンは得意じゃない。
    でもキュウリ。
    寿司の最後は絶対、カッパと決めるほど、今では大好き。
    人の好みの変化や移ろい…、なんだかちょっと、オモシロイ。

    オモシロついでにオモシロ動画。
    TOTOのシステムキッチン「クラッソ」と、システムバスの「サザナ」。
    へんてこりんなそのCM。
    最初みたときは、ちょっとイラッとさせられた。
    確信犯的、狙いすましたへんこりんと、ちょっと不気味な子供たち。
    ところが見慣れてくるとこれが、ちょっとツボにハマっていった。
    今ではこれの振り付けを、なんとか覚えるコトが出来ぬか…、とあらぬコトを思ったりする始末な状況。
    そのコマーシャルのとぼけた音楽を、クラブ風にリミックスしてちょっとお洒落にアレンジしました…、って動画がアップされてます。



    なんだか不思議とカッコいい。
    トクにクラッソのCMは、なかなかテレビで出会えぬロングバージョン。
    なるほど、こうした機能を持ったシステムキッチンだったのね…、って目からウロコで感心しました…、オモシロイ。
    それにしても小林聡美。
    こうした踊りが上手なコトには今さらながらビックリします。
    さすがかつて、インドのマサラダンスの巨匠から、あんた100年に一人の逸材だからインドに残ってダンスのプロになりなさい…、って懇願されたっていうのもわかる。
    感心す。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    日清焼きそば
    私も子供の頃からのファンでして…
    今はもっぱら、ビールのアテですが(笑)。

    私の作り方は、まず袋に入れたまま麺をバキバキッと四等分しちゃいます。
    そうすると、麺が短くなって、摘むのに丁度いいんです。
    具は入れず、その代わりに花カツオをたっぷりトッピングします。
    ちょっと貧乏くさいですが、止められないんですよね…
    タカハシケムヂさん / 2010/09/16(Thu) /
    子供の舌
    嫌いだったものが好きになること、ありますよね。
    私は今年、スイカが食べられるようになりました。
    青臭さが苦手で…。
    胡瓜は相変わらず駄目ですが。

    このCMの右の子、
    最後のポーズの切れの良さ(笑)。
    可愛いですよねぇ~。
    ぷりさん / 2010/09/16(Thu) /
    おつまみ焼きそば
    > タカハシケムヂさん
    なるほど、ビールのあてに。
    独特の粉末ソースの味わいが、ちょうど酒の肴になってくれるんでしょう。
    ピリ辛味にすると、最近、はやりのハイボールにもピッタリきてくれそうですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/16(Thu) /
    スイカ
    > ぷりさん
    不思議なコトに、ボクはキュウリは好きなのだけれど、スイカが苦手。
    ジュースになると飲めるのだけど、そのまま食べるスイカはキュウリ臭くて苦手なのです。
    で、キュウリが好きなのはキュウリ臭いから。
    なんだか矛盾してますけれど、キュウリじゃないのにキュウリの匂いがするのに違和感を感じてしまうのです。
    人の好き嫌いって不思議ですね。

    確かに右端の子のビシッとした感じ。
    気合いを感じてほほ笑ましいです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/16(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    BUN HOME パイクー麺とバナジューの昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]