忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    イセタン会館のBUNで朝。



    さすがに、おしゃれの殿堂伊勢丹の近くにある店。
    明るい色のツイードのジャケット着こなすおばぁさまがカウンターで粋にコーヒー飲んでらっしゃる。ひっつめ髪の白髪も、豊かで色もうつくしく、こうして歳を重ねるのって素敵だなぁ…、ってウットリします。
    カウンターの向こう側にはグレイフランネルの帽子を斜にかぶったおじぃさま。新聞読みつつ、トーストにジャムを塗っている。
    こういうお店にこういう景色…、気持ちがなんだかおだやかになる。

    そして朝のCセット。



    メキシカンドッグがメインについた朝のセットで、茹でた玉子にコーヒー付き。これで540円という、申し訳ないほどの値段に頭が下がる。
    注文するとテキパキ、カウンターの中の作業が忙しくなり、チーンっとトースターのタイマーが完了おしえる音と一緒にすべてが揃う。
    一人分には十分な、けれど小さなテーブルにギッシリ並んで、なんともにぎやか。



    玉子を割ります。どんなふうに割れても味にはかわりはないけど、やっぱりキレイに割りたくて、それでコンコン。
    テーブルの上を軽く叩いてとっかかりをつけ、指でペリッと小さく剥いて、そこからやさしくペロンとめくる。玉子の肌を撫でるようにして、大きく大きく剥いてくと、ツルンとキレイに剥けていく。リンゴの皮をちぎらぬように剥くように、玉子の殻を壊さぬように剥く楽しみに、ちょっと没頭。
    プチュンと噛んで、黄身が好みの完熟なとこに再びニッコリ。塩かける。

    オリジナルにしてオキニイリのメキシカンドッグをそれからパクリ。



    ドッグロールに縦にスリット。ソーセージじゃなく、ミートソースをたっぷり注ぎレタスとトマトをアクセントにした不思議なレシピ。
    ミートソースの濃度が絶妙。
    カプッと感でも垂れおちず口の中をシットリさせるみずみずしさがおいしい秘密。それから胡椒とタバスコでかなり辛く仕上がっていて、スパイシーなチリコンカルネのような味わい。オモシロイ。
    それにしても、クローズアップで撮る野菜。なんて艷やか。特にトマトの断面ってなんでこんなに色気があって見えるんだろう…、ってうっとりします。



    アイスコーヒーをいつものように甘めでもらう。
    本当ならばホットコーヒーがおいしくなってくる季節。けれどココではなぜだかアイスコーヒーを飲みたくなってしまうのですね。
    甘みが酸味をひきたてる。
    ミルクを入れると、逆に苦味がキリッと強く感じるやさしいブレンドで、大きな氷は溶けにくい。コーヒー味の氷をガリガリ齧りつつ、時間を潰して、さぁ移動。


    関連ランキング:コーヒー専門店 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    北関東 HOME ヨルイエゴハン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]