忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を新宿…、喫茶店の「トップ」に来ます。

    top.jpg渋谷をメインに昔から、手堅くずっと続いてる昔ながらの喫茶店。
    日吉のキャンパスに通っていたとき。
    一番近い東京は渋谷の街で、だから結構、お世話になった。
    だからボクにとっては東京らしい喫茶店といえばこの店。
    ちと、なつかしい。

    ところでこの店。
    実はずっと、チョコレートケーキとカレーで有名な、ざくろグループの「TOPS」と、おんなじ店だと思ってた。
    港区界隈のおしゃれな場所は「トップス」で渋谷区ではちょっと気軽な感じに「トップ」と名乗る。
    これもひとつのエリアマーケティング?
    なんて思っていたけれど、まるでボクの早とちり。
    全然、別のお店だったと気がついたのはかなり後になってから。
    そういえば、ココにはチーズケーキもチョコレートケーキもカレーもなくて、トップスらしさはまるでない。
    しかも新宿西口にお店があるって知ったのは、去年のコト。
    何の目的もなくぶらぶら近所を歩いていたら、目に入ってまさかあの店?…、そう思って入って、とてもなつかしかった。
    グラスにカップ。
    シュガーポットに灰皿の底にまでロゴがキレイに刻まれている昔ながらに背筋が伸びる。
    トップスの方は随分、変わった。
    けれどこちらはまるで変わらず、それが尚更うれしく感じる。

    アイスコーヒーをたのむと、これも昔のまんま。

    9a1557de.jpeg背の低いグラス。
    口が大きく、そこにくだいた氷がタップリ。
    すぐにコーヒーが冷えるよう。
    しかも冷たさが持続するよう。
    なにより、唇にサラサラ触れてどこを飲んでも同じように氷を感じるようにクラッシュアイスを使う。

    苦味と酸味がかなり強めの、ダークローストの豆をタップリ。
    それで落とした濃厚コーヒー。
    事前に甘味を足して甘くて、甘さがコーヒー自体の苦味を引き立てる。
    ホイップクリームをポテリとのっけ、それが徐々に溶けてコーヒーに混じって味が変わってく。
    時間をかけてコクリコクリとたのしむために、出来上がってる喫茶店のアイスコーヒー。
    飲むとなんだか、ホッとする。
    特に今朝は朝から気温がグイグイ上がって、カチンと冷えたアイスコーヒーがおいしく感じる…、オゴチソウ。

    そして今朝のお目当てのこれ。

    afdebcd1.jpegちょっと贅沢、オイスタートースト。

    薄切りパンをよく焼きトーストにして、バターを塗る。
    そこに瓶詰めの牡蠣の燻製の油漬け。
    茹でたネギに、マヨネーズという、シンプルだけどおいしさ抜群。
    本当は、これでスコッチの水割りなんかを飲みたいところ。
    学生の頃、これをたのんで水割り飲んで、タバコをスパスパ燻らして大人を気取って咳き込んでいた(笑)。
    朝はコーヒーでスキッと食べる。

    大きく口を開けて食べれば、ギリギリ一口で食べられる。
    けれどサクッと二口で。
    ちょうど牡蠣の真ん中でちぎれるように目算つけて、パクッと食べる。
    牡蠣のオイル漬けを二つに前歯が歯切るときにクチャっと潰れて中から牡蠣の旨みが滲んで舌に広がる。
    その瞬間が、何度食べてもスリリング。
    カサっとかわいたトーストと、ムッチリとした牡蠣の食感が好対照で、口に油が広がっていくツヤツヤとした感じもゴチソウ。
    たった四切れ。
    朝のお腹を満たし切るには少々、控えめ。
    けれどボリューム以上の満足感が得られるシアワセ。
    大人な感じの朝になる。



    関連ランキング:コーヒー専門店 | 新宿駅新宿西口駅都庁前駅

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    呼ばれたような気がしたんですよぅ
    これは…飲まずにいられないですね>牡蠣トースト

    カナッペより食べ応えのあるon theトーストは、美味しい物をどんぶりご飯に乗っけたくなるのと、似た気持ちだと思います。わぁ、食べたい。
    牡蠣羊羹さん / 2011/05/19(Thu) /
    牡蠣にサーデュン
    > 牡蠣羊羹さん
    ここのon tne toast。
    牡蠣の他にコッドペーストとかオイルサーディンとかもあるのです。
    もう朝からどうしようっていう品揃え。
    まさに「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃん」です。
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/19(Thu) /
    ポールバセットエトセトラ HOME ワイン食堂でランチの日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]