忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝から軽く打ち合わせにて、移動の途中の「ユーロカフェ」。



    新宿西口の地下街にある喫茶店。特徴のある店という訳じゃなく、本当に普通の喫茶店でけれどココの朝のサンドイッチがかなりおいしい。
    ツナと玉子のトーストサンドで、それを食べにとひさびさに来る。
    禁煙コーナーと喫煙コーナーがわかれた分煙スタイルの店で、禁煙コーナーはギッシリ一杯。ところが喫煙コーナーは誰もいなくて空気がキレイ。
    それで喫煙コーナーに座ってぼんやり…、偶然だったとは思うのだけど、たばこを吸う人口がどんどん減っているんでしょうネ。ギッシリ人が詰め込まれた禁煙席の空気の方が重く思えて、ちょっと不思議な気持ちになった。



    サックリ焼けた薄いトースト。ポッテリとした玉子サラダとツナオイル漬けのマヨネーズ和えが2層をなして挟まっている。
    パンの厚さと挟んだ具材の厚さがほとんど同じ厚さというのがウレシイ景色。
    噛むとムニュンと中身がパンから飛び出してくる。
    あふれだすシアワセとでもいいますか…、味わい濃厚。カサッと壊れるトーストブレッドのパンくずを全部まとめて、とろりとお腹の中に飛び込む。
    焦げた小麦粉の香りもたのしく、朝のお腹が目覚める感じ。



    そしてコーヒー…、飲む前にクリーム注ぐ儀式をします。
    カップの中は静かな状態。スプーンでかき混ぜた訳でもないのに、クリーム注ぐと自然に渦を巻きながら、底からユックリ湧き上がる。
    コーヒー色が徐々にミルク色になっていくのがオモシロく、全部注ぐとコーヒー牛乳の色になって、味わいマイルド。朝のお腹にやさしい飲み物。
    メールチェックを終えたらば、移動をしましょう、さぁ、仕事。


    関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅



    昼にちょっとお勉強…、「天下一品」にどうしても行かなくちゃいけないコトになっちゃって、それでランチを兼ねてくる。
    京都発の全国チェーンで、実は一度も来たことなかった。
    かなりの人気があるようで、カウンターの一番端に体を押し込み料理を注文…、コッテリ味のラーメンにチャーハン、鶏の唐揚げが付くセットにします。



    コッテリってどのくらいコッテリなんだろうと思ってやってきたコッテリは想像以上のコッテリで、麺をたぐって持ち上げようにもコッテリスープが邪魔してなかなか持ち上がらない。
    口にふくむとドロリと舌に乗っかって、ザラッと居座り喉の奥へと向かっていかない…、スープというよりポタージュでしかも脂やゼラチン質がまったり重たい。
    栄養だとかカロリーだとかを必要とする若い人にはいいのでしょう。
    初体験のおじさんにはあまりに強烈…、20年ほど前に出会ってこういうものだと体に味を叩き込んでいたらばおいしく感じたかもネと、遅い出会いを後悔す。



    お腹になかなか入っていかないコッテリラーメンを見つつため息。
    ただ、捨てる神あれば拾う神ありでありまして、ココのチャーハンは普通においしいチャーハンで、なによりサイドの鶏の唐揚げ。
    強めにバリッと揚がってて、セロリのようなスパイス使いが独特でボクの好みでスゴくおいしい。
    その両方でお腹を満たし、京都の味の深くて不思議なコト、想う。
    日本の料理の伝統がみなぎる街であると同時に、学生の街でもあってだからこういう味を自然を産み落とす…、この振れ幅の大きさこそが、京都という街の偉大なところかもしれないなぁと、思ったりする、降参です。

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    こってり
    28歳、男性です。若い頃に味を体に叩き込んでいたら…のお話、なるほどしっくり言い得て妙で、とても面白く拝見致しました。あのどろっと感はそういう味ですね。

    私はこってり味が特別好きというわけでは無いのですが、慣れでしょうか、天一はまれに食べたくなって訪れます。あのどろり感は一説によるともち米によるものだそうです、カロリーも他の豚骨ラーメンとそう変わらないので、巷で言われるほど脂ぎった食べ物でもないのかもしれません。(個人的にはナポリタンとかのほうがしんどいです)

    私はいつもニンニク味噌を足して白ごはんと一緒に食べます、味が濃いのでそうするとちょうどいい塩梅です。
    ちなみにあそこのあっさりはなんだか損をした気持ちになる味です、何があっても二度と頼みません笑
    スズキヒデヒロさん / 2013/12/27(Fri) /
    無題
    子どもの頃から食べてても、東京でかなり久しぶりに食べた時は「こんな濃かったっけ・・・?」と感じました。
    学生の頃は10/1(天一の日)に割引券持って行ったものですが。

    いつも会社で拝見しておりまして、本日は仕事納め。明日から帰省いたします。
    良いお年をお迎えください。
    コルさん / 2013/12/27(Fri) /
    ぽってり感
    > スズキヒデヒロさん
    なるほど、もち米が生み出すドロリ感なのですね。
    そのドロリに脂が混じってぽってりとした食感にもなっているのでしょう。
    これを一杯食べきったら家まで歩いて帰らなくてはならなくなるだろうなぁ…、と思うと心の片隅に罪悪感を覚えてしまう。
    とてもナヤマシイ食べ物でした。
    ボクの隣の人が、おっしゃるようににんにく味噌を足して白いご飯のおかずにしてました。
    このスープを食べたあとにご飯を食べると、ご飯がおいしく感じるに違いないとも思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2013/12/27(Fri) /
    よいお年を!
    > コルさん
    京都出身の友人が、本店にいくとそこでしか食べられないラーメンがあるのだけれど、それが旨いんだ。
    こんなにコッテリしてなくてね…、って言っていたことを思い出しました。
    特徴をどんどん突き詰めていくと、過ぎた特徴になることもあるのかもしれないですね。

    良いお年を。
    そしてふるさとのおいしい料理で新しい年をことほいでくださいませ。
    サカキシンイチロウさん / 2013/12/27(Fri) /
    ヤキニクラストフライデー HOME 夜の紅とん、そして〆
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]