忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりに寄ってみようとと、新宿アルタの裏側にくる。



    イーグルという店。
    正式には「サントリーラウンジイーグル」で、サントリーが洋酒文化を日本に広めようとスタンドバーの経営者たちを手厚く保護して、指導して、日本全国にサントリーラウンジというタイトルを冠したお店が沢山できた。
    そのひとつ。
    かつて新宿界隈に10軒近くの支店があって、けれど今では2店舗きり。洋酒文化の象徴みたいなお店が次々なくなっていく。そのワケのひとつが大手酒販メーカーが仕掛けた安売り戦争で、つまりサントリーラウンジという文化を壊した張本人はまさにサントリーだったりするんだというこの皮肉。



    愚痴を言ってもしょうがない。
    地下に地下にと続く階段を降りたところに自動ドア。ススッと開くと目の前に恭しくも笑顔でお辞儀をするバーテンダー。キラキラ輝くシャンデリアの光が映るマホガニーのカウンター。
    このゴージャスな空間を満たすお客様は本当に普通のサラリーマン。
    サントリーのウイスキーの水割りが250円というウレシイ値段に代表される、気軽な価格のメニュー構成。サラリーマンが自腹で来れる。一緒に誘った女性や部下の分まで払える。気風のいいお客様になれるところがいいのでしょうね。



    お酒が好きな人のメニューの他にも、お酒をあまりたしまぬ人にもうれしい飲み物も沢山揃う。
    例えば今の季節のメニュー。スイカのソルティードッグっていうのがあって、たのんでみたらなんとステキに愛らしい。
    塩でフロスしたグラスの中に、スイカジュースとウォッカをステアして注ぎ入れ縁にスイカをちょこんとあしらう。
    スイカと塩の相性がよく、喉が涼しくなってくゴチソウ。こういう遊び心のあるカクテルってなんだかウレシイ。オキニイリ。



    お酒だけじゃなくつまみや料理がシッカリしているのもココのいいとこ。
    野菜スティックをまずたのむ。
    タンブラーにギッシリ、クラッシュアイスを詰め込みそこにキュウリにセロリ、ニンジン、生姜を差し込んでいる。そのスティックの太さがとても繊細で、パキッと歯切れる食感を残してギリギリ細くしている。
    一緒についてくる梅味噌が、酸味、塩味、旨味に甘みとバランス絶妙。野菜の持ち味活かしつつ、それを酒に負けない力強い味にしている。



    それからココの名物料理。「霜降りビーフ」。
    脂の少ない牛赤肉の、表面だけをこんがり焼ききり、それを薄切り。お皿の上に氷で作った小山を築き、そこにキレイに肉を並べる。
    白髪ネギにオニオンスライス。それを牛肉でくるんでつつみ、再び氷の上に盛りつけどうぞとやってくるのです。スプーンとフォークで器用にそして丁寧に、ひとつひとつくるんで並べる手間がゴチソウ。



    酢醤油にタップリ山盛りのホースラディッシュ。
    タップリのっけてパクリと食べると、ネットリとした肉の食感。奥歯をなでてはらりとほどけ、ネギがシャキッと歯切れて辛味をにじませる。
    カルパッチョとは違って肉の素直な味をたのしめる。ほぼ生という牛肉を食べる食べ方の最高峰って勝手に思う。あぁ、旨い!



    ピザをたのむと、昔懐かしいバーのピザ。ショートニングでサックリさせたパイ生地の上に、ピザソース。缶詰のマッシュルームにサラミに玉ねぎ。輪切りのピーマンを乗せてどっさりとろけるチーズ。
    若干油が強めにできて、それがウィスキーをおいしくさせてくれるゴチソウ。
    かにみそをバターに溶かして固めたカニ味噌バターもおいしい。料理がおいしいバーってやっぱりステキだなぁ…、って思って飲んだ。

    ただ、どうだろう。スタッフが若返ってまだ間がないのか、かつての笑顔とエレガントな心遣いがなくなっちゃった。ぶっきらぼうで、客を客とも思わぬ不遜な態度の若造。目配せも、気配りもなく呼ばぬと来ぬ上、平気でオーダーをミスしてそれを認めぬ傲慢。
    それでも繁盛しているのは、この空間とおいしい料理に歴史のおかげ。その思い出があまりに重たく大きくて、だから多分、また来るんだろう。そのときまでに彼らが気づいてくれればいいが…、と思いもしました。ナヤマシイ。


    関連ランキング:バー | 新宿西口駅新宿三丁目駅新宿駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    天金 HOME サバノカワ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]