忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を箱寿司。

    cddf8745.jpeg新宿駅の西口をでた地下商店街の中にある、大阪寿司の専門店。
    折り詰めの寿司のテイクアウトで有名な店。
    寿司屋というより、寿司販売店。
    お店の半分は厨房で、入口部分はほとんど売店。
    奥にちょこんとテーブルがあり、そこで出来立てをたべることができるのですね。
    朝早くから夜の閉店まで、ずっと厨房の中では調理師さんが手を動かして寿司をつくり続けてる。
    穴子の焼ける匂いやシャリの甘酸っぱくっておいしい匂いに満たされている、勤勉にして真面目なお店。
    いつもはココで寿司折り買って、家か会社で食べるのが常。
    けれど今日。
    仕事の途中で食べたくなって、いてもたってもいられなくなった。
    実は口が「酸っぱいなにか」を恋しく思ったのでありました。
    この近所で何か酸っぱくしかもモノがあるかなぁ…?って思ってあれこれ考えて、それで気づいた…、よし、ココにしよ。

    ef262562.jpeg盛り合わせという名物もらってお茶と一緒に昼とする。
    太巻、伊達巻。
    バッテラそして押し寿司と、上方風の寿司があれこれ盛り合わされてる。
    上方の寿司。
    ネタではなくて、シャリを味わう寿司なんだなぁ…、って食べるとしんみり思います。
    江戸前の寿司のシャリは魚の持ち味を、邪魔せぬように控え目に。
    けれどここのお寿司のシャリは甘くて酸っぱく、うま味ドッシリ。
    そのおいしさに負けぬよう、ネタも濃い味。

    伊達巻の甘い卵焼きを支えられるのは、この甘酸っぱいシャリぐらい。
    カチッと固めにまとめられたシャリの食感が、フカっと軽くてふんわりとした玉子の食感と好対照。
    とはいえ米が潰れているかというとパラッとほぐれて散らかる。
    その飯粒のひとつひとつは米の形を保ってる。
    この絶妙の押し加減が上方寿司をおいしくさせる秘訣なんでしょう…、堪能します。
    エビの押し寿司…、プルンとしてて歯ごたえゆたか。
    鯛の昆布締めのお寿司はネチッと魚のうま味が口に広がる。
    こんがり焼けた醤油の香りがこれまたたのしい穴子の押し寿司は、一口食べてお茶を含むとまるで吸い物みたいな風味がしてくるオゴチソウ。
    一口ごとにお腹がスキッとひきしまる。

    9d3c65fe.jpegここのバッテラはちょっと控え目。
    個人的には鯖の香りがもっと力強く発揮されるのが好きなんだけど、ここのサッパリしたバッテラも朝にはいいかも。
    鯖の切り身をやさしく包む、昆布のうま味に身をよじらせる。
    スキッと酸っぱいガリで口を拭いつつ、次々寿司を口に運んだ。

    まずは伊達巻で、上方寿司のうま味、特徴を堪能し、それからバッテラ。
    太巻、押し寿司、またバッテラとかわるがわる異なる味わいたのしんで、最後に残った太巻きが、うれしいコトに端っこの部分。
    ご飯に比べて海苔や具材の分量が、アンバランスに多くておいしさ格別の場所。
    高野豆腐にカンピョウ、それから玉子焼き。
    茹でた三つ葉がズルンとはみ出し、口に含むと高野豆腐の含んだ出汁がジュワッと口に広がっていく。
    三つ葉がキュキュッと歯をすべり、焼いた穴子の香りが鼻から抜けていく。
    目を閉じ最後の一切れを、ユックリ時間をかけて味わい、お茶をゴクリで、さて仕事。
    今日は少々、いそがしい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    チェゴヤversion2 HOME 冬の嵐の後の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]