忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりの「チェゴヤ」に来ます。

    ef2632f5.jpeg焼肉のない韓国料理店として、チェーン展開をはかった老舗のひとつ。
    かつて四谷三丁目にステキな女性スタッフのいるお店があって、そのとき、かなり頻繁に通ってた。
    そのスタッフも韓国に帰り、料理もっずっと代わり映えしなくなってしまって、それでしばらく足が遠のいていた。
    今日はすんごく辛いものが食べたくって、それで覗いてみることにする。
    同じ三丁目でも、ココは新宿三丁目。
    お店に入ったのは7時ちょっと過ぎで、週末というのにお店はガラガラ。
    失敗したかなぁ…、と最初はちょっとビックリしたけど、ところがそれからしばらくしたら、次々、お客様がやってきてモノの30分でウェイティングまでが出来てしまった。
    ラッキーなり。

    キュウリ焼酎っていうのがあって、それをたのむ。
    やかんに焼酎と千切りにしたキュウリ…、そこに氷をタップリいれてキンキンに冷やしたのを飲む趣向。
    キュウリの緑の香りが焼酎にうつってスキッと、おいしく感じる。

    978fe866.jpeg料理をいくつか…。
    メニューをみてビックリしたのが、随分、内容がかわってるとこ。
    料理そのものはあまり変わってなくて、値段が随分、安くなってる。
    安くするために、いろんな工夫をしているのですね。
    例えばポッサム。
    茹でた豚を白菜で包んで食べる韓国料理の定番メニュー。
    程良く厚く切った豚肉をたった四切れ。
    つまり一品料理ではんくて前菜ポーションというコトなのでしょう。
    他の料理も、鍋以外はほとんどが小さなポーションで、居酒屋づかいをするのにとてもよく出来ている。
    韓国ではひとつの料理をもくもく食べて、それでお腹いっぱいにする。
    日本人はいろんな料理をちょっとづつ。
    なのに日本の韓国料理店はずっと大きなポーションの料理を高く売っていた。
    この売り方っていいんじゃないのって思ったりした…、ちと感心。
    クチャっと潰れる豚肉が、脂のうま味を吐き出して、口の中をネットリ潤す。
    この食感は好きなんだけど、たしかに一人2枚くらいが適量でしょう。

    カルビサラダって言うのをたのむと、これはカルビの甘辛焼きを葉っぱサラダの上においたの。
    焼いたカルビを葉っぱで包んで食べるのが、韓国的な食べ方でもありそれをサラダに仕立てた工夫にかなり感心。
    葉っぱの中にエゴマが混じって、韓国的なるフレーバーを作り出してる。
    自然に肉と野菜を一緒に食べられて、口の中がサッパリしたまま肉がどんどん進んでく。

    c9264217.jpegメインの代わりにしようかと、たのんだ鉄板ダッカルビ。
    鶏のぶつ切り肉を甘辛ダレで炒め煮をして作る鍋料理。
    それを少量。
    ハンバーグステーキをのせる大きさの鉄板の上において出す。
    野菜と茸をタップリ混ぜてソースも多め。
    だからスプーンですくってタレごと食べる。
    辛すぎず、甘すぎず、ちょっと中華の海老チリソースみたいな味のソースがとても食べやすい。
    味そのものがずっと穏やかで、日本人に食べやすい味になっているのも大きな変化。
    ただの韓国料理店じゃなくて、韓国スタイルの居酒屋って感じに完全になったってコトなのかなぁ…。
    それはそれで悪くない。

    9a41a0d9.jpeg辛いモノを食べたいという、当初の目的を果たすためにたのんだチゲ。
    いくつかあったチゲの中で一番辛いという表示のあるキムチチゲ。
    スープ用の石釜にタップリ、グツグツ、やってくる。
    具材はキムチと豚肉、ネギとそれから豆腐だけ。
    ドッシリとしたスープの味わい。
    スキッと辛くて、キムチがしっかりおいしいからでしょう。
    なかなか旨い。
    ウレシイのが玉ねぎだったり、卵だったり余分な具材が入ってないトコ。
    玉ねぎや玉子の甘みで辛さが台無しにならずにすむのがありがたい。

    〆のご飯のかわりにしたのが、プルコギ海苔巻き。
    海苔巻きとは言うけれど、大きな海苔の上にご飯をポンッとおき、そこにプルコギ。
    その状態でお皿にのせてやってくる。
    あとは自分で作って食べて!という趣向。
    手巻き寿司のような感じでこれがたのしい。
    韓国のりの風味とキムチとコチュジャンが、口の中で一緒になってなんだかビビンパ食べてるみたいな気持ちになれる。
    これは手間もかからない。
    韓国料理の〆のご飯に結構いいかも…、ってそんなコトを思ったりした。
    飲食店が生き残るには、こうして進化をし続けなくちゃいけないんだなぁ…、って思った次第であります、勉強す。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おひさしぶりの朝の焼きそば HOME 昼の箱寿司、スッパイランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]