忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    滋養をお腹にご馳走しましょう…、とそれで鰻。

    eba26d5b.jpeg新宿西口地下街の「双葉」にきます。
    小さな日本。
    けれど地方地方に多様な食文化が宿ってて、料理の世界の豊かなること世界屈指の誇らしさ。
    特に昔からの日本の料理は地域が変わると味も流儀も違ってしまう。
    鰻も西と東ではまるで違った料理に思える。
    関東に来ると蒸してフカフカ、まるでスポンジ仕立ての蒲焼きみたいにしてしまう。
    それはそれでおいしいのだけど、やっぱり鰻にはほどよい噛み心地があってほしいと、西の生まれのボクは信じる。
    で、双葉という店。
    関東風ではあるけれど、鰻の食感もほどよく残してボクの好みに仕上げてくれる。

    鰻巻きをとって、鰻が焼き上がるのを待つとします。
    なめらかな玉子でクルンとくるまれた、鰻の蒲焼き。
    蒲焼きのタレをタップリかけて味わいます。
    玉子のツルンと、舌の上をすべるようなスベスベがコッテリとしたタレを口中にまき散らしながら喉の奥へと消えていく。
    あぁ、おいしい…、ってお腹の準備ができたところで丼登場。

    a005b2a8.jpeg脂の乗った分厚い鰻。
    炭でジックリ焼いてやると、自分の脂を吐き出しながら焼けていく。
    吐き出した脂が炭に当たってジュワッと、それがおいしい煙になって鰻を燻す。
    タレを打つ。
    最初は脂がタレをはじいて、なかなか味が入っていかない。
    それを何度も、何度も繰り返す。
    鰻の身には焼けた脂が作った小さな穴が無数にあいてそこからタレが滲んで入る。
    脂と混じったタレが炭火でカラメル状になって貼り付き、シッカリ鰻をおいしくさせる。
    固めのご飯にのっけてタレをタップリかけて、丼を手にワシッと食べる。
    ココの丼。
    珍しいコトに漆を塗った木製で、手になめらかで口に当てると唇なでるやさしさがある。
    陶器の丼が持っている、ドッシリとした重量感には欠けるけどうな丼という食べ物が、とても上等に装う感じがボクは好き。
    ハフハフ、パクパク。
    お腹に元気をくれてやる。

    世の中、iPhone4の話題でもちきりでありまして、iPhone4が世の中にやってくるまでスマホ世界の話題の中心だった、ソニエリのXperia君はスッカリ蚊帳の外。
    とは言え、かなり東京でもみかけるようになりました…、Xperia。
    平べったいスレイト状の電話をみると、あれっ、新しいケースをはめたiPhoneかな?って思ってしまうのが不思議なところ。
    ボクの母なんて、ソニーのiPhoneって呼んではばからなかったりしますモノ。

    そんなXperiaのこんなCM。



    パリの街中で実際に行われた、Xperia™ X10 miniのプロモーション映像を編集したモノなのだけれど、うん、かわいい。
    ただ、Xperiaよりも見事な手際で操縦されてるラジコンカーの方が主役にみえてしまうのがさみしいトコロ。
    ちなみにボクの母や父まで、iPadに対して興味津々。
    とまらぬ勢いを感じます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    梅雨明けの朝 HOME 新橋むさしや、ドライなバチバチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]