忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中を新宿で仕事をし、ランチを近所でと西新宿。



    「わぶ」という和食のお店。西新宿の超高層ビル街からはちょっと外れた場所にあり、決して目立つ店ではない。
    けれどオープン前から行列ができ、営業時間になってたったの5分ほどでもう満席になっちゃうお店。繁盛店でござります。



    近所の会社のおじさんたちが、息せき切ってやってきて、あぁ、今日は待たずに間に合った…、ってウレシそうに手もみしながら注文をする。
    料理を2種類、メインに選んで組み合わせる。
    その組み合わせは全部で80種類ほどもあるでしょうか…、たのしく迷って結局メインのひとつはココの名物、牡蠣をフライを選んでたのむ。



    ゴロンと大きく、子供の握りこぶしくらいはある大きさで、薄いパン粉で包まれカラッと揚がってる。
    不揃いでこぶりな牡蠣をおにぎり状にまとめ上げ、それをあたかも一個の巨大な牡蠣のようにふるまわせているこの作り方。
    牡蠣がフックラ。むされたように仕上がっていて、プチュンとジュースがほとばしりでる。パン粉のカサカサ、乾いた食感と好対照で、そこにたっぷりタルタルソース。たっぷり乗っけて味わうと、ご飯がすすむ、まさに名品。



    友人はそれにカレイの煮付けを合わせる。
    分厚い切り身。醤油の風味で甘み控えめ。魚の旨みと香りが素直に口の中へとやってくる。
    一緒に煮込んだ大根もフックラ煮えてて、ぷちゅっと煮汁を吐き出すおいしさ。

    ボクはココのもう一つの名物だっていう「肉豆腐」。お店の中を切り盛りしている元気な女将さんもしきりにこれを薦めてる。



    勧めるだけのコトはあるかなりずっしり。ボリュームたっぷりでお皿の端からこぼれだしそうなサービス精神旺盛具合に、まずはニッコリ。
    白菜、エノキ、玉ねぎ、ニンジン、シメジにネギ。肉は豚肉で、すべてがしっとりやわらかくなるまで煮こまれてる。
    ちょっと甘目で醤油の香りと油の風味がやさしい味わい。野菜をどかすと中には大きな豆腐が休む。肉じゃが味の豆腐煮込みのような味わい。おいしくご飯をたっぷり食べて、表にでるとスゴイ行列。さてさて、次へと移動する。


    関連ランキング:居酒屋 | 南新宿駅新宿駅都庁前駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    吹き抜けの下、パパスカフェ HOME 氷点下
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]