忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    お茶の水の駅界隈で晩をとろうと…。
    不思議とお茶の水という街。
    JRの駅を中心には出来ていなくて、飲食店の分布し具合は駿河台下から神保町に向けてどんどん密度があがる。
    こまったぞぉ…、と思案してそれで「浜勝」に来る。

    99418139.jpeg一緒に食事につき合ってくれた人がなんだかとんかつ食べたいと。
    ちょっと歩いて「いもや」のトンカツなんかもいいね…、と思いもしたけどあいにくの雨。
    それで駅前近くのお店に飛び込んだ。
    コノ店、かつては魅力的な朝営業をやっていた。
    麦ご飯にとろろに出来立て玉子焼き。
    何度か利用したこともあり、けれど今の営業時間は11時から。
    収支を合わせることがむつかしかったのでありましょう。
    カウンターが中心の店。
    あいにくテーブルはすべて埋まってて、それで二人で横並び。
    トンカツ屋さんのテーブルの上って、なんでこんなににぎやかなんだろう。
    塩にキャベツ用のドレッシング。
    ソースは必ず2種類以上おいてあり、それから芥子。
    ここには醤油が置かれてないからまだこれでも少ない方かなぁ…。
    トンカツ屋さんて実はソースを食べさせる店…、ってそんな風に思ってしまう。
    どうなんだろう。

    ミックスフライというコノ一皿。

    fb7f8efe.jpeg盛り合わせ系がどうにもこうにも好きでして、しかもエビフライが一本つくとなんだかとてもめでたく感じる。
    それに一口ロースカツ。
    コロッケ、それからチキンカツというとても多彩な組み合わせ。
    他にも特選盛り合わせって料理もあって、どちらにしようか迷ったけれどそっちはエビとヒレかつ、それからロースカツ。
    ちょっと変化に乏しいかなぁ…、とこっちについてるチキンのカツが決め手になってコッチにします。
    豚と違ったフンワカとした鶏の食感を最近、とてもやさしく感じる。
    ジャガイモをタップリつかってホクホクの素朴な感じのコロッケもいい。
    何よりエビがプリンとしっかりした食感で、尻尾もカリカリ、全部をキレイサッパリ食べられる。

    胡麻を当たり鉢でゴリゴリすって、そこにソースを混ぜて食べるというこの方法。
    いつの間にかチェーン店系のトンカツ屋さんでは、当たり前になっちゃったけど、一体、これにどんな意味があったんだろう。
    カツの衣の油っこさを中和するため?
    香りに変化を求めるため?
    思い出そうにも決め手に欠ける…、あれば使うが、無くてもまるで困らない、不思議なサービス、おもしろい。

    1e1a7ed1.jpeg胡麻にあわせるソースが2種類。
    ご飯が白米、あるいは麦飯で、汁も2種類。
    九州的なる白い麦味噌と、関東風の赤のあわせ味噌、どちらか選んで下さいな…、と、すべてが二択というのが不思議。
    3種類の中から選べればもっとたのしくなるのになぁ…。
    提供者側の手間と、選ぶ側の煩わしさを考えて、それでこうして2種類なのでしょう。
    まるですべてがイエスかノーかの二択で出来てる人生みたい。
    そんな風に思ったたらば、なんだか感慨深くって切なくなった、故もなく。

    麦のご飯のスベスベとした硬い食感がカラッと揚がったパン粉にピッタリ。
    白い麦味噌のコクある風味もまたボク好み。
    そう言えば昔、大阪の阪急インターナショナルホテルでルームサービスの朝朝食をたのむと必ず、白味噌汁と赤だしの2種類の汁がポットに入ってやってきていた。
    一つは大阪、ご当地の味。
    もう一つは、お客様がお住まいの東京の朝の汁の味。
    その2種類で朝をどうかお迎えください…、というなんともステキなもてなしだった。
    今でもそうしたステキが残っているのかなぁ…。
    長らく大阪出張もなく、そのホテルにも泊まる機会に恵まれぬ。
    かつて一時期、日本のホテルで一番好きなホテルだったあの場所に、また戻らなくちゃって思ったりする。
    雨は降っても湿気がとれぬ、東京の夜、汗ダクダク。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    オープンセサミ
    調べたら、新宿さぼてんが発祥でありました。
    http://www.ghf.co.jp/saboten_rest/service.html
    でも、単に「おいしさを引き立て」る役目だけで、効能があるとか、健康とかではないようで(笑)
    でも、香ばしさは増しますねー。
    キザキさん / 2010/07/05(Mon) /
    なるほどぉ
    > キザキさん
    さぼてんが発祥でしたか。
    そう言えば、さぼてんが黒ゴマを使っているから、黒い胡麻を使うのが本流である…、とかってどこかのお店のご主人が大騒ぎしていたことがあったような…。
    香ばしさをたのしむのであれば、ソースに混ぜるのでなくカツの衣に直接ふった方が効果絶大だと思いますです。
    ぜひ、一度、試してみてくださいませな。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/05(Mon) /
    とんかつ三昧
    昼も夜もとんかつだったのですね
    油モノの摂り過ぎには注意が必要ですよwww
    koutagawaさん / 2010/07/06(Tue) / URL
    反省!
    > koutagawaさん
    何故だか体が油を求めます(笑)。
    反省しきり。
    ご注意感謝でござります。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/06(Tue) /
    醤油を使って
    トンカツやフライを食べる時、衣のカリカリをなるべく食べ終わるまで取っておきたいので、カツ自体には何も掛けず、添え物のキャベツに味をつけるのが私の好みです。そんな中で、夏場に一番好きなが、キャベツに醤油を掛けて、それをカツやフライに乗せて食べるとサッパリで危険ですが、幾らでも食べられちゃいます。少しだけコッテリさせたい時は、これにマヨネーズ。ソースだと重たく感じたら、お試し下さい。
    それにしても、この時間にサカキさんのブログ拝見すると、空腹に拍車が掛かって危険ですねぇ(笑) 今日のお昼ごはん、トンカツとカレーが頭の中をグルグルしてますが、サンマの干物が待ってるんで、青菜のおひたし添えて食べることにします。
    波留さん / 2010/07/06(Tue) /
    揚げ物+醤油
    > 波留さん
    揚げ物に醤油はボクも大好物なんです。
    このお店に醤油が置かれていないのが不思議でしょうがない。
    千切りキャベツも醤油。
    とんかつも醤油。
    不思議なほどに香ばしさが増しますよね。
    自分でも食欲をモティベーションに生きている動物だなぁ…、なんて妙に客観的に感心したりする今日このごろ。
    体調管理は自己責任だなぁとも思っております。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/06(Tue) /
    無題
    これを読んで私もとんかつ食べちゃいました♪
    キョーコさん / 2010/07/07(Wed) / URL
    揚げ物
    > キョーコさん
    揚げ物ってなんておいしいんでしょうね。
    特に人に作ってもらえる揚げ物。
    格別です。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/07(Wed) /
    朝の弁当 HOME お弁当
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]