忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿の西口をでたちょっと北側。
    未だまるで戦後のようなドサクサっぽさを残した路地にできた小さな飲食街…、「思い出横丁」で焼きそば食べる。

    wakatsuki.jpg若月という店。
    製麺所がやっている。
    だから麺に特徴のあるラーメンと焼きそばの店。
    カウンターだけの小さな店で、まるで屋台のようなたまに無性に来たくなっちゃう。

    実は今日。
    ソース味のモノがなんだか食べたかった。
    本当はお好み焼きをおかずに、ご飯を食べたくそれで近所のお好み焼き屋のデータを探した。
    iPhoneのHotpepperグルメのサイトはかなり便利で、条件検索でリストを出してそれを地図に反映させてと、捜すと数店候補があった。
    そこを一軒、また一軒と実際行ってメニューをみたら、昼間は鉄板を使ったハンバーグ定食やとん平焼きにご飯の定食。
    お好み焼きを売ってるお店は皆無で、ガッカリ。
    ココは東京。
    関西じゃない。
    お好み焼きはお酒のつまみで、ご飯のおかずじゃないんでしょうネ。
    ガッカリするも、頭の中にはソースの香り。
    それが鉄板で焦げて発する、カラメルみたいな匂いがずっと頭の中で漂っていて、それでたまらずココにきたわけ。

    カウンターに座って一言…、焼きそば、ください!

    b08e44db.jpegお店の人は、おばさん一人。
    他にお客さんが3人ほどいて、みんな常連なんでしょう。
    叉焼、メンマ。
    ラーメンの具をつまみにビールを飲んでる。
    この路地は昼間から酒を飲んでる人がかなりゾロゾロ。
    新宿の中でも自由な人が多い街(笑)。

    注文を受け、そのおばさんがやおら鉄板の前に立つ。
    店先にある鉄板の上には、ずっと半分、焼いた中華そばが山盛り状態で置かれてる。
    そこからちょうど一人前。
    麺を分けだし、鉄板の真ん中におき油を注ぎカシャカシャ炒める。
    この鉄板の真ん中部分は凹状にへこんでて、中華鍋のような形状になってるんです。
    そこだけ薄い鉄板は熱伝導が良くてジリジリ、麺が焼けてく。
    そこにキャベツとモヤシをくわえ、ソースを注いでジリジリバリバリ。
    焼きあがったらお皿にのっけて、青のり、それから紅しょうが。

    e5c64376.jpegハフっといくと麺の硬さにウットリします。
    角ばった断面のかなりの太麺。
    しかもずっと鉄板の上で温め続けられていたからなのでしょう。
    麺が中の水分を、適度に吐き出しがっしりしてる。
    ここの麺を食べると、いつもの麺は水ぶくれだったのかもしれないなぁ…、って思うほどに歯ごたえ抜群。
    ズルズルすするコトも難儀するほどの存在感で、モグモグ、箸で口の中に押しこむようにして食べる。
    そしてモグモグ。
    奥歯に叩きつけられるような麺の食感。
    ソースをまとって、口に入れた瞬間はみずみずしさを感じるんだけど、噛むとカラッとかわいてる。
    麺の芯に近いところが乾いているからなのでしょう。
    後からくわえて、シャキッと半分、生のキャベツと、最初から麺と一緒に炒められてたしんなりとして甘いキャベツの食感のコントラストがまたオモシロイ。

    味は薄味…、最初は麺の味を味わう。
    甘い小麦の味がジンワリ口の中を満たしてきたら、今度はソースをプチュッとかけてソースの風味をたのしんでみる。
    ラードを使って仕上げているんでしょう、脂の風味と甘みがズッシリ。
    お水を飲むと口の中に脂の膜が貼りつくようで、それもこれまたオゴチソウ。
    小腹満たしのおやつ感覚…、堪能す。

    お店を後にし、さて次の仕事へ…、というそのタイミングで地震でござる、家に飛んで帰ります!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    地震 HOME グレースの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]