忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夕方、仕事仲間に呼び出され、一緒に食事をしましょうよ…、と。
    新宿の街にでていったらば、行きたい店があるんだと…。

    nbz.JPG「鍋ぞう」という店。
    関東中心にいくつもお店をやっている。
    名前の通り「鍋」に特化した専門店で、食べ放題が評判の店。
    ええぇ、昨日の昼も肉をたらふく食べたんだよって、言いはしたけど、肉は好物。
    断る理由も特別なくて、それでひょこひょこついていく。

    予約はしてるの?って聞くと、今決めたから予約をしてはいないんだよネ。
    待つかもしれない…、そう言いながら新宿三丁目の駅の近くのビルの8階。
    上がってみると、これからテーブルの用意をいたしますから少々、お待ちください…と、ササッとすんなり案内された。
    かつて週末は行列できる店だったんだけど。
    消費に対する気持ちがちょっと弱含み?
    とは言えテーブルについてみると、ほぼ満席に近い状態…、これでも十分繁盛店。

    二種類の鍋を同時にたのしむコトができるセットをたのむ。
    ひとつはしゃぶしゃぶ、ひとつはすき焼き。
    周りの若い人達をみると、基本はしゃぶしゃぶ。
    もう一種類は韓国風の辛いスープかコラーゲンをとかした豆乳鍋を選ぶ人がほとんど。
    すき焼き選んで食べる人ってかなり少数派…、って言ってた。
    おじさんだからしょうがない(笑)。
    牛肉に豚、それに野菜が食べ放題で、テーブルの上には割り下に水、ポン酢にゴマだれと調味料がズラリと並ぶ。

    d2c7904d.jpegIH式の電磁調理器。
    だからテーブルの上はスッキリしてて、結構小さなテーブルの上にかなりのモノがズラッと並ぶ。
    すき焼き用の割り下としゃぶしゃぶ用のスープを同じ鍋にはる。
    当然、割り下は浅め、スープは深め。
    それを同じ調理器の上で同時に温度をあげてくと、浅い割り下は先に沸騰してしまう。
    だから調理器の温度をちょっと下げておく。
    しゃぶしゃぶのスープは沸騰しないでほどよき温度。
    しかもモヤシをタップリ入れて、もやしの上に肉を浮かべるようにする。

    実はしゃぶしゃぶ。
    沸騰させず、ぬるいスープで時間をかけてやんわり、熱を通してやるほうが、フックラ仕上がる。
    うま味もスープに逃げなくおいしい。
    豚肉なんて、まるで蒸したような仕上がり。
    だから今日の鍋のスタイル。
    すき焼き用に温度を調節するとしゃぶしゃぶ鍋がぬるくなってしまうというこの状況が、おいしく食べるスタイルだったりするオモシロさ。

    ここのすき焼き。
    割り下の中で煮込む調理方法になるのだけれど、その割り下が甘み控えめ。
    シッカリとした醤油の風味がおいしいタレで、結構、おいしい。
    赤身がつよくて脂のうま味があまりコッテリしていない牛ばら肉との相性もよく、チリチリするまで煮こんでご飯に乗っけると、牛丼みたいな姿形になってたのしい。
    生の玉子を使えぬボクは、すき焼き肉を一旦、ご飯にまずは乗っける。
    余分なタレを米に移して、そこにタップリ、七味をふる。
    七味の中の山椒や赤唐辛子が、タレのクドさを中和して不思議とおいしく食べられる。

    d9923520.jpeg店の中にサラダバーのようなコーナーが作ってあって、野菜のお替りはそこに自分で取りに行く。
    けれど最初は、お店の人がとりあえず的な野菜をとって来てくれるのです。
    そのとりあえずは、白菜、春菊、豆腐にエノキ。
    典型的な鍋野菜にて、ちょっと変わったところはニンジン。
    彩りのための一工夫なのでありましょう…。
    ところが自分でとりはじめると、どんどんクセや趣味が出てくる。

    今日一番のオキニイリは、すき焼き用の麸。
    割り下吸って、ジュブジュブとてもみずみずしくてとてもおいしい。
    それから春雨。
    しゃぶしゃぶスープに泳がせて、ポン酢で食べると酢の物っぽく、割り下に入れて炊くとまるでチャプチェのようになっていく。
    新発見はズッキーニ。
    すき焼きと一緒に煮込むと、まるで茄子の甘辛煮込みのようになる。
    お腹の健康のためにワカメをしゃぶしゃぶとして、べか菜っていう埼玉の地野菜だっていう苦味がおいしい菜っ葉を食べて、ご飯にたよらずお腹をみたす。

    それにしてもこのお店。
    食べ放題のお店といえばほったらかしなお店が多く、しかもセルフサービス的なる要素をたっぷりもっているにも関わらず、サービスがいい。
    お替りいかがしましょうか…、ってテーブルの上をキチンをみながら一人ひとりが判断しタイムリーにやってくる。
    しかも笑顔がうつくしく、働いているのがたのしいんだろうなぁ。
    …、って見ているボクもニッコリしちゃう…、繁盛店になるのもわかる、いいお店。



    関連ランキング:鍋(その他) | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅



    昨日と今日…、今の季節としてはかなり涼しくて、薄着をしているとベックショイ!ってなってしまいそうなほど。
    まだ太平洋の日本近くをのらりくらりと迷走している台風の影響なのかもしれません。
    けれど明日から厳しい暑さが戻ってくるという天気予報…、地球って気まぐれ、生きているからしょうがないのかもしれません。
    生きているって素晴らしいなぁ…、ってそんな地球に教わるような動画を一本。

    El Cielo de Canarias / Canary sky - Tenerife from Daniel López on Vimeo.


    あの雲、あの空、あの星、そして空気の流れ。
    すべてが圧倒的でそうしてうつくしく、言葉を忘れてただただ見つめているだけで体の中に生きるエネルギーが湧いてくるような気までする。
    カナリア諸島でくりひろげられてる自然の自然な日々の営み、うっとりします、金曜日。


    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ありあわせの朝もステキなりぃ HOME だし巻き卵の赤坂の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]