忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    晩ご飯を2回に分けて。
    まずは最初に、おむす人。

    07cf455f.jpeg鮭といくらの親子むすびに、梅おかか。
    鮭とイクラの親子むすびと、しらすとメカブのおむすび選ぶ。
    噛むとプチュッと潰れてご飯をジューシーにするイクラの威力に、体までもがトロンと喜ぶ。
    メカブもトロリとなめらかで、海の旨みをしたたかくれる。
    それと一緒にお弁当セット。
    唐揚げ、ウィンナー、玉子焼き。
    まさにお弁当の代表的なるおかずが一個ずつ。
    忙しい時間帯には作り置きになるのが、夕方になるとさすがにユッタリ。
    どれも焼きたて、揚げたてでホクホク、熱々。
    ココの唐揚げの揚げたては、本当においしい。
    生姜とニンニクのフレーバーがどっしりとした醤油ダレにシッカリ浸かって、それがゴリッと揚がってる。
    ひととき堪能、小腹を満たす。

    二度目の夜は四ツ谷の「ウシカイ」。

    70ce9d00.jpeg先日、はじめてやって来てたちまちオキニイリリストの上位にランクしたお店。
    100種100分飲み放題で、たった1000円がコンセプトの店。
    その分かり易さと安心感が、今の時代にいいのでしょうネ…。
    週末と言う今日。
    ほぼ完璧に満席状態。
    ちょうどボクらがやって来た、その直前に早い時間からのお客様との入れ替わりにて、テーブルひとつにありついた。
    お店の中にはギッシリ見事にサラリーマン。
    みんなウレシそにアルコールバーの前で、酒を見つめたり、シロップ眺めてあれやこれやと試行錯誤。
    その表情のたのしげなコト。
    まるで駄菓子屋の前にたむろする小学生のような表情。

    ボクもあれこれ試します。

    a95a638c.jpeg焼酎にマスカットシロップとレモンを足してソーダで割ったり、ディータにマンゴーシロップとシークワーサーで南国味にしてみたり。
    ここの自家製アールグレーのリキュールをソーダで割って飲んでみたりと、あれこれ試して、最後に行き着いたのが「赤ワインのソーダ割り」。
    甘味をほとんど持たぬワインの渋味と酸味。
    すいすい、ゴクゴク、飲めば飲むほど料理がおいしく感じるステキ。
    実はワインをソーダや水で割って飲む飲み方。
    イタリアのレストランの従業員の人たちに教えてもらった飲み方で、安いワインを飲み残して風味の落ちたワインをおいしく飲む方法だと…。
    しかも料理を作る彼らにとって、お酒で口が疲れてしまうと味見をしても正確な味がわからなくなる。
    だから水割り。
    あるいはソーダで割ったワインで我慢したりするんだよ…、って。
    ワインの持ってる食欲増進効果だけを借りる飲み方、まねてみる。

    b4d76dac.jpegおつまみあれこれ。
    まずは、スルメの天ぷらが来る。
    スルメを天ぷらにして食べるというこの食べ方に、初めて出会った時にはかなりビックリしたものでありました。
    新橋外れの居酒屋で、おそらくはじめて遭遇をした。
    それそのもので味があり、酒のつまみになるスルメイカ。
    その味、うま味に風味が衣で包まれて揚げられるだけで、2段階ほど豊かで上等になっていくのにビックリで、それからしばらく行く店、行く店でスルメの天ぷらばかり食べてた。
    いくつになってもそのビックリはまだ新鮮。
    七味をタップリふりかけたマヨネーズをつけ、口に含んでモグモグ咀嚼。
    ちょっと固めに仕上がった衣がザクッと奥歯で砕けて天ぷら油が滲み出し、イカのうま味を引き立てる。
    顎においしく、酒をますますたのしくさせる、粋なひと品。

    8602bbd5.jpegそれからココのメインの料理の鉄板焼きのメニューから、ゴーヤチャンプルーをたのんでためす。
    脂の乗った豚肉と、モヤシにゴーヤ。
    豚骨スープをかけまわしつつ、コンガリやいてそれを玉子でとじ合わせたモノ。
    沖縄的なるチャンプルーとは違った仕上がり。
    けれどうま味強烈、塩味シッカリ。
    だからお酒がこれまたどんどん進んできちゃう、たのしい料理。
    ボクらが座ったテーブルが、丁度料理が完成し運ばれるのを待つ「デシャップ」という場所の真ん前で、だから次々出来上がる、料理のすべてを眺めることが出来た幸運。
    あれ、おいしそう。
    これもなかなかよさそうじゃない…、ってみんなでワイワイ、他の人たちの料理をてんでに値踏みしながら食べ、飲む、たのしさ。

    キュウリの漬け物。
    鶏の胸肉一枚を鉄板焼きした料理であったり、塩ダレ味の焼きうどんやら、あれこれ食べてお腹いっぱい。

    来れば来るほど、ますます好きに なるお店。
    やっぱりココはオキニイリ。

    お酒もタップリのみました。
    歌、うたいつつテクテク歩いて家に向かいます。
    今日はちょっと幸せな夜。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お酒の神様降臨!?
    僕も行きたいなー。でも僕が行くとお店の方に悪いかな、…お酒の神様降臨してかなり飲みますから(笑)富山、雪の神様降臨中!
    変わり者ミダさん / 2010/02/06(Sat) /
    みぃいんな…!
    > 変わり者ミダさん
    このお店。
    お客様一人一人にお酒の神様が背後霊のように貼り付いてしまっています(笑)。
    お酒の仕入れと選び方が上手なんでしょうね…、お店の人もニコニコしながらお酒を次々お代わりするお客様を眺めてる。
    いいお店です。

    今日から明日にかけて北陸地方は天気が荒れるようですね。
    大事ないように…。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/06(Sat) /
    Tokyo as No.1!? HOME ロシアなサーカス、ニクーリン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]