忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    四谷三丁目で夜。
    「ニコニコ屋」っていう居酒屋でじんわりはじめる。

    nikoniko.jpg実は「さくら水産」に来ようと思って街を歩いてた。
    ところが無い。
    この辺りにあったはずなんだけど…、って思いながら探すもなくてかわりに見慣れぬ看板ひとつ。
    「ニコニコ屋」って書いてありたしかこのビルのココにあったはずだよなぁ…、と。
    ありゃりゃ、変わってしまったんだと看板をみると250円均一の居酒屋という。
    メニューを見ると、さくら水産的なる見慣れたメニュー。
    タコと魚のロゴマーク。
    こりゃ多分、さくら水産がはじめた新業態。
    見当つけて中に入ってみればお店もスタッフもまるで昔のまんまだった。
    ユニフォームとメニュー、それからテーブルの上のロゴ入り調味料が新しいのに変わっただけ。
    家に帰ってホームページでたしかめたらば、やっぱり予想通りだった。

    cb12b829.jpegメニューを書いた注文票がおいてありそれに自分で書き込んでいく注文システムも「さくら水産」のやり方とおんなじで、今日のオススメが1〜5まで番号付きでホワイトボードに書き込まれてるというのも同じ。

    オススメメニューからブリの照り焼きをたのんでみる。
    あぁ、ガッカリ。
    照り焼きと名前はもらっているものの、その実体は真空調理で味を中まで無理やり入れたブリの切り身。
    湯煎で多分、あっためている。
    お皿にもってトロミのついた照り焼きダレを後からかけた、それが照り焼きの照りの代わりという料理。
    なんちゃって具合にもほどがある切なくなっちゃうひどい商品。

    もひとつ、エビチリマヨネーズって料理もガッカリ。
    やせ細ったエビに、その10倍ほどの衣で着膨れさせて上げたフライ。
    ボッテリとしてガリガリの衣の表面が凶悪で、もし口内炎があったらビヨンと飛び上がっちゃう。
    それほど凄い。
    マヨネーズにスイートチリソースをまぜて作ったソースがなかなか旨くて、このお料理はそのソースを食べるためのスポンジだ…、って思って食べればなんとかなる。
    そんな程度の商品だった。

    ffca8ed5.jpeg悪くない料理もあります。
    例えば白魚の天ぷらなんて、サクッと揚がって正真正銘、白魚の天ぷらになっている。
    浸して食べる天つゆが薄くてちょっと水っぽく、テーブルの上のポン酢で食べた方がおいしいっていうのが、まずまずのご愛嬌。
    鶏皮の揚げたモノっていうのも、カリッと揚がってなかなかのもの。
    隣の人がとっていたにぎり寿司の盛り合わせっていうのも、かなりのボリュームで悪くはないなと思いはした。
    カウンターの上から注ぐライトの具合が絶妙で、写真うつりがいいのがココの一番ステキな取り柄かも…(笑)。

    とは言えここの料理のほとんど。
    250円で売って損しないように最適化されていて、だから「えっ?」ってビックリするような料理が多い。
    「おっ?」とビックリするような料理がないのが哀しいところ。

    602d314a.jpeg例えば昔、ココには100円のとりあえずの料理がたくさん揃ってた。
    魚肉ソーセージだったり、漬け物盛り合わせ。
    それらもなぜだか250円に「均一化」されちゃっているというかなりの不思議さ。
    因みにココで、一番しっかりしていた料理が、お通しとしてやってきた乾きモノ。
    スナックでもないのに乾きモノがお通し代わりになっている、というのがへんてこりんなところではある。
    けれどそれでも食べられるのだから、感謝しなくちゃなるまいて。
    均一居酒屋って最近はやりはじめてはいる。
    けれど、これがその正体…、って思い知った、そんな夜。
    ゴキゲンになれぬお店はなるべく書かぬ、それが主義のこの日記にて敢えて書くのは戒めのため。
    いつもにましてガラガラの店。
    多分、二度と来ることはない…、そう思いつつほうほうの体でお店を後に、逃げ帰る。

    どこかで〆をしなくちゃ気持ちが収まらず、それで前から来たかった店。
    定食屋チェーンの「やよい軒」にてやり直し。

    yayoiken.jpgほっかほっか亭をやってる会社が経営している定食屋さん。
    実はかつてここのチキン南蛮定食と食べ放題のご飯サービスで急速に体を育てた経験があるお店:笑。
    けれど一時期ご飯がおいしく無くなって、ずっと足を遠ざけていた。
    ところが最近、ココのご飯がおいしくなった…、って小耳に挟んでそれで今日。

    茄子の味噌炒めと縞ホッケの定食をとる。
    ちょっとムードのあるインテリアと、ジャズが流れるほどよい空間。
    昔のココは「大食い野郎系定食屋」って感じだったけど、随分おしゃれになったモノ。
    料理も決して悪くない。
    なにより味噌炒めと言えばしっかり炒められたモノだし、焼いたホッケは本当に焼けてる。
    当たり前がココにはあって何故だかそれにホッとする。

    確かにご飯もおいしくなってる。
    おみそ汁もシッカリ味で、それで十分、ご飯一杯お代わりできる。
    へんてこりんな健康指向に走ってしまった大戸屋よりも、コッチの方が真っ当、正直、使い勝手がいいかもネ…、って思ったりした。
    気が済んだ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    外食
    いくつかある時々行くお店、どこもコストを下げるために
    すこぉしずつすこぉしずつ色々なところを変えてるのが感じられて、
    さみしいような複雑な気持ちになります。
    例えば紙おしぼりのビニール袋の素材や、
    高級な割り箸から普通の割り箸へ、などなど。
    その方がエコなのかも知れませんね・・・
    色々試行錯誤してるんだろうなぁと思いつつ、
    いさぎよくやって欲しいなと欲張ったことを思います。

    あーたさん / 2010/04/22(Thu) /
    なやましい
    > あーたさん
    ほんのちょっとずつ、一生懸命。
    たまにしか使わない人にとっては関係のないコトでも、頻繁に使うオナジミさんに限って伝わってしまうマイナスイメージ。
    なんだか切なくなっちゃいますね。
    もしかしたらお店側に、お客様を信頼する気持ちがなくなりはじめているのかも…、って思ったりもします。
    お客様であるボクたちにも、もしかしたらお店を応援する余裕がなくなりはじめているのかもしれず、なかなか悩ましい状況だなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/22(Thu) /
    やよい軒
    上野にあるので、ちょくちょく通ってます。(笑)
    サカキさんが食べたナス味噌とホッケ、よく頼みます。ごはんやお新香が食べ放題ってのも普通にいいですね。こういったバランスのよいチェーン定食屋さんなら大歓迎です。
    オレンジさん / 2010/04/22(Thu) /
    ファミレス要らず
    > オレンジさん
    こうしたお店ができると「食事する場所としてのファミレス」が必要なくなっちゃうだろうなぁ…、って思いました。
    今、ファミレスに行くときって完全にドリンクバー目当て。
    ファミリーレストランじゃなくて、ドリンクバーカフェ…、みたいな感じになっちゃいました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/22(Thu) /
    大戸屋(>_<)
    大戸屋変わってしまいましたね。

    昔は、
    先払いで腹ぺこな学生の安くて満腹になれておいしくて小綺麗な定食屋さんで大好きでした。

    数年前に久しぶりに入ったら、
    美味しさダウンでボリュームもダウン。
    その他もろもろ、、淋しい思いをしてお店を出ました。

    昨年行った時には、
    淋しい思いをする事はなかったです。

    各お店の差もあるかもしれませんが、たべもの屋さんのチェーン店で、ずっと変わらずにずっと愛されるって大変なんですね。

    お店は、この時代、何か変えないとと思ってしまうんでしょうね。
    そのままでいてほしいことも多いのに。
    なかだんさん / 2010/04/22(Thu) /
    良く変われなければ
    > なかだんさん
    頑なに変わらないだけではまたダメなのですよね。
    良く変わる。
    変わってはならないところを知った上で、ちゃんと変わりつづけてくれるお店はステキなお店なのだろう…、って思います。
    それにしても大戸屋。
    お腹いっぱいをたのしく作ってくれたあのお店が、なんでこんな風にって思っちゃいますよね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/22(Thu) /
    K戸屋の
    お子様ランチ、最近給食で出てくるようなカップに入ったまんまのゼリーが
    ついてきてびっくりしました。
    今までは出来合い?のものなんてなかったのになぁと。
    デニーズ(ここもよく利用しますが)と変わらないじゃないかって。
    そんなマイナーチェンジされるより、いっそ値上げするなり
    してくれた方が私はいいのですが、
    サカキさんがおっしゃる通り、お店側は値上げしたらお客さんが減る等々、
    疑心暗鬼になっているのかも知れませんね・・・
    そこそこお客さんが入っていたお店も突然閉店してたり、
    相当厳しいんだろうなぁとは思うのですけれど。
    あーたさん / 2010/04/22(Thu) /
    正直者
    > あーたさん
    日本の飲食店の販売価格。
    なぜこんなに安いんだろう…、って思うくらいの安さだってボクは思います。
    これほど一生懸命がんばって、なんでこんな値段しかとれないんだろう…、って。
    値段以上のサービス精神。
    正直モノがバカをみるようなコトだけじゃぁ哀しいよなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/23(Fri) /
    中国茶房の粥の朝 HOME 麻布十番・フリフォレス
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]