忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿のとても小さなチャイナタウン…、「中国茶房8」っていう店で朝。

    8.jpg24時間営業の24時間戦う店で、だから朝食セットがある。
    お粥セットがたしか400円もせず食べられるはずとそれを狙ってやってくる。
    ところがところが。
    着いた時間が10時過ぎ。
    朝食セットは10時までの商品と、それで玉砕。
    とは言えメニューを見てみると、お粥がなんと450円という値段にて、それをかわりにもらって食べて、初志貫徹をすることにする。

    それにしても不思議な店です。
    10時と言うのに何故だかビールを飲みながら、青菜炒めや蜜炊き叉焼をつまんでる人がいるのであります。
    この前、お昼に来たときも大宴会をしてるグループがいたりした。
    この店が不思議な店というよりも、この新宿が不思議な街ということなのかもしれない。
    とは言え朝と夜が同居していてそれでおかしくないこの店の、エネルギッシュな雰囲気がこうした人たちを呼び込むんだろう…、って思ってニンマリ。
    料理を待った。

    e8ec80d3.jpegほどなくお粥がやってきます。
    さすがグランドメニューの一品料理というコトで2人前ほどのボリューム感にまずはニッコリ。
    米を生から炊き上げたのじゃなく、炊いたご飯をスープと一緒に強火で炊いて作ったのでしょう。
    汁はサラサラ。
    ご飯もそれほど崩れておらず、けれどほどよくトロンとなめらか。
    いくつかあったお粥メニューの中から「干し貝柱のお粥」を選んでだからポツポツ、ほぐした貝の繊維が混じる。
    鶏のスープのサッパリとしたコクある旨みと、干し貝柱のドッシリとした風味が混じってなかなか旨い。

    揚げたワンタンの皮とザーサイが薬味でつく。
    揚げワンタンをお粥に混ぜて、一緒に食べるとサクサク食感変わってたのしい。
    油がお粥に混ざって風味が濃厚になっていくのもまたゴチソウ。
    しばらくおくと、プルンと皮がトロトロになりそれがお粥に混じってなめらか。
    食欲が湧く。
    ここのザーサイ。
    かなりビリッと辛めの仕上がり。
    お粥にのせるとその回りだけほんのり赤くラー油の色に染まってく。
    食べるとヒーハー…、刺激的なる味となる。
    かなり大人なフレーバーで、こりゃクセになる。
    ハフハフしながら気づけば汗がタップリ出てた。
    腹から頭に「本格的に目を覚ましなさい」ってアラーム伝わる、いい感じ。

    4be27d4c.jpegよければこれを召し上がれ…、って揚げたばかりのゴマ団子。
    一個だけだけど、サービスで。
    ここのお店の人たちは、ぶっきらぼうではあるけれど人の手元をしっかり見ていてだから、タイムリーにこうしたサービスをしてくれる。
    妙におべっか使う訳でなく、けれどして欲しいコトをキッチリこなす機能的なるよいサービス。
    まだ熱々で、ゴマの香りがポワンと鼻をくすぐる団子。
    中にもギッシリ、黒ゴマ煎って作ったあんこが詰められていてほどよき甘さがとてもおいしい。
    ムッチリとした餅の食感、仄かな塩味。
    ゴマの香りとほんの少々感じる程度の自然のエグミ。
    噛めばジュワッとゴマの油が滲んで広がる…、体の隅々、目を覚ます。
    朝の甘味は値千金。
    ほどよい朝と相成った。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お腹を温め、冷やす昼 HOME 一回凹んで、持ち直す夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]