忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりにテング酒場にやってくる。

    3748968f.jpeg四谷のお店。
    もともとここはオリジナルの「天狗」があった場所だった。
    けれど去年の夏過ぎに、テング酒場に業態転換。
    安飲みの店が増える中、ずっと「クオリティ優先」でやってきて、安売りからは無縁だった天狗も安く売れるお店を作ろう…、と、それでかなり最近増えてる。
    商品の基本的なラインアップはあまりかわらず。
    盛りつけ方とか一人前の分量とかを上手に変えて安くしている。
    工夫のきいたお店です。

    明るいお店の、明るいテーブルに明るく座って、ホッピーたのんで「もつ煮豆腐をくださいな!」と明るくたのめば、スタッとすぐにやってくる。
    居酒屋でお酒が遅いお店は二流。
    酒をたのしむお店なんだから、お酒をたのめばすぐに出てきて当然のコト。
    それと一緒につまめる料理が、すぐにでてくる店なら最高。
    通常それを「お通し」で対応するのが居酒屋流。
    けれどここはお通しを売らないお店で、かわりにいくつかの料理はすぐに提供される。
    自分の好きな料理でお酒をたのしめる。
    しかもお通し分だけ安くなる…、いい心がけって思ったりする。

    ts.jpg今日は運良く、厨房の真ん前の席がもらえて調理作業をずっとみていた。
    一人の人が3歩歩けばすべての作業が完了する。
    疲れぬサイズのよい厨房。

    中には2人。
    前面にたってる人はレンジの前で鍋をふり、振り返ったら炭焼き場。
    奥にオーブンやフライヤー。
    効率のよいレイアウトで多彩な調理器具がならんだ、まるで舞台のような厨房で、キビキビ料理がスゴイスピードでできあがってく。
    無駄のない厨房で、無駄ない作業をする姿。
    うつくしくって、惚れ惚れします。
    しかも電子レンジが動くところをほとんど目にせぬ。
    つまりすべての料理がほぼ手作り。
    安いからと言って決して手抜きをしている訳ではないのがステキ。

    3fa7abd0.jpegで、そのオーブンの中からやってきたのがこのポテトと明太子のピザ。
    もともとテング酒場ができたとき。
    特徴にしていたのがピザと玉子焼き。
    どちらも不揃いな形でけれど、それが素朴でたのしかった。
    ピザなんかぺっちゃんこなナンみたいな感じだった。
    それが今ではキチンとしたピザの形をしているんだね(笑)。
    ビックリしました。
    イタリアンレストランのピザとはまるで違ったピザで、ちょっとモッチリ。
    生地の存在感はほとんどなくて、それがむしろジャガイモのフックラとした食感を引き立てていてよかったりする。

    明太ポテトピザってジャンル。
    炭水化物に炭水化物をかさねる料理。
    デリバリーピザが作った創作…、それも今ではこうして一般的なレシピになっちゃった。

    それからキャベツのオーブン焼き。
    ペペロンチーノのソースをかけてオーブンの中で焼いただけ。
    だからキャベツの葉っぱの端がチリチリに、焦げていたりするのがこれまた臨場感がタップリで、キャベツの甘味もしっかりしてる。
    シンプルだけどたのしい料理。
    野菜を食べてるって気持ちになるのが、居酒屋メニューではめずらしい。

    b8acc79c.jpegそれから揚げ物。
    上等居酒屋の華はお刺身。
    けれど大衆居酒屋の目玉は揚げ物。
    チュウハイ、ホッピー、ハイボールとバチバチ系のお酒にもあう。
    その揚げ物の中でも唐揚げ。
    鳥唐揚げがおいしくなくちゃ、やっぱりお酒は進まない。

    唐揚げって、フックラとしてジューシーな肉をたのしむ唐揚げと、バリバリとした揚がり具合をたのしむタイプの二種類がある。
    ご飯のおかずは絶対前者。
    お酒のお供にはパリパリっとしたタイプがいいかな…。
    ここの唐揚げはガッシリ揚がった、かなりバリッと香ばしいお酒の肴にピッタリタイプ。
    こうしたところも良く出来ている。

    ポテトフライをとるとこれもたのしい。
    茹でた皮付きポテトをサクッと揚げて、サイドになんとガーリックバターをそえている。
    そのまま食べれば当然普通のフライドポテトの味。
    ニンニク味のバターを乗せて、ジワッと溶かして染みこませ食べるとトスカーナ風のフライドポテトの味になる。
    ちょっと真似してみようかなぁ…、って思うアイディア。
    いい勉強。
    一時期、チープなところが目立って足が遠ざかってたけど、しばらくこないうちに随分、進化していた…、なんだか今ではいい感じ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    東京駅のデンマーク HOME とろろでご飯の赤坂の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]