忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日も新宿に出て、ふらりと「桂花ラーメン」にくる。

    9a76863f.jpeg熊本ラーメンの専門店。
    まだ九州系のとんこつラーメンのお店がそれほどこの東京になかった頃。
    40年ほども前のコトになりますか。
    新宿に桂花ラーメンが、そんな昔からずっとあった。
    今ではこの新宿にも博多のとんこつラーメンがたくさんあって、とんこつスープの匂いや味が決してめずらしくはなくなった。
    けれどここに初めて来たときは、ビックリしました。
    とんこつ独特の動物臭さと、コッテリとした脂のうま味。
    最初はちょっと抵抗あった。
    けれど食べなれちゃうと、これがなんとも味わい深く、ハマってしまった。

    ずっと湘南地方に住んでいて新宿にワザワザ来るたびついでにココでラーメン食べる。
    そんな習慣すらあったりしました。
    それが今では新宿近所に住んでいて、いつでも食べれると思ったら食べる頻度が途端に減った。
    事業不振で買収されて、しばらくちょっと営業方針が迷走したりしていてそれで足が遠のいていたってコトもあり、ひさしぶりにやってきたらば、割りと昔のまんまでホっと一息つきます。
    チェーン店っぽい接客用語でサービスするのが唯一変わったところでしょうか…、それもまた良し、ご愛嬌。

    4dbf1690.jpegココに来る度、必ず食べる「太肉麺」。
    「ターローメン」と呼ぶここの主力商品。
    ほとんどの人がコレをたのんで食べるほど、桂花=太肉麺。
    「肉」と書いて「ロー」と呼ぶのが中国式で豚の角煮をドサッとのっけたがっつり系のオキニイリ。

    断面四角く角張った中太麺で博多風の極細麺とは違って歯ごたえ、とてもたのしい。
    ズルズルすすると言うよりも、モグモグ、たぐってゴリゴリ噛んで味わうタイプ。
    麺にうま味と風味があって、なによりとんこつスープに負けない力強さがあっていい。
    ザクザク切ったキャベツの生のままどっさりのせて、それがシャキシャキ、コッテリスープの脂を拭いサッパリさせる。
    ラーメンって喉越し重視で噛む楽しみが無いのが多い。
    けれどココのは顎においしい…、麺も具材も歯ごたえたのしく、メインの肉も脂よりも肉のムッチリした食感がおいしく顎のオゴチソウ。

    コトコト煮込んで白身が薄く縮んでしまった煮玉子に、ネギに昆布と具材ふんだん。
    切った昆布の根っこがこれまたおいしくて、それを追加でトッピング。
    コリコリしてて、スープに浸かるとそれを吸い込みぐんぐんおいしくなっていく。
    これまた食感多彩にさせて、麺が最後に足りなくなってしまうほど具材豊富で、濃い味なのに体によさそうに頭と口が勘違いする…、ナツカシイ。
    赤唐辛子の粉をタップリふりかけて、それで脂がおいしいからでしょう、辛味がうま味に変わってくれて味に奥行きでてくるたのしさ、ズルズルハフハフ、堪能す。
    e809d3f9.jpeg新宿に3軒ほどが営業しているこの桂花。
    今日は一番新しい「ふあんてん」っていうお店を選んでやってきた…、飲食店を中心とした商業ビルの地下1階と地下2階、全部を使った大型店。
    造りもかなり快適で、お金をかけて作ってる…、おそらく業績が悪化したのはこの店の投資が大きかったからじゃないかと思う…、その店の地下の2階が厨房抱えた客席で、熱々ラーメンを食べようとすればそこが良し。
    けれど当然、スープの匂いがきつくって、ボクは地下の1階でほどよく熱いラーメンのんびり味わった…、夜中の1時に店を閉め、その3時間後の早朝4時に再びお店を開けるという。
    さすが不夜城、歌舞伎町を隣に持った街のコト。



    関連ランキング:ラーメン | 新宿西口駅新宿三丁目駅新宿駅



    ところで極私的な桂花つながりで、ジュディーオングの「麗華の夢」。
    1980年の紅白歌合戦の映像を貼っておきます…、理由は動画の下に書かれた文章ご覧いただきますよう、お願いします…、ワン・ツー・スリー。



    「麗華、麗華、華麗な麗華」とポワポワ扇子を翻しつつ歌う部分を「桂花、桂花、ラーメン桂花」と替え歌にしてラーメン食べに行くのがちょっと好きなのですネ(笑)。
    それでちょっと貼ってみた。
    それにしてもステージワークのスゴいコト。
    タケモトピアノのCMに出てきそうなダンサーたちの不思議なダンス。
    赤い和服を来た書道の先生がササッと忍者走りでステージを横切ったかとおもうと、その女性たちの衣装に朱文字を書いていく。
    今の言葉でいうところの、ムチャぶり寸前のこんなコトを昔の紅白歌合戦は平気でやってた…、かすれた文字が血染めのダイイングメッセージみたいで、めでたいんだか不吉なんだかわからぬ結末。
    その横でニッコリほほえむジュディーオングの笑顔が妖艶。
    かなりの迷作ビデオと思う…、著作権のことは言わずに笑って許して下さいな!
     

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    書道の先生が衣装に書く時、横にひざまずいて裾を押さえるひとがちゃんと二人いるところがさすが几帳面日本。ジュディ・オング、綺麗なお姉さん。懐かしいなあ。
    eiichiさん / 2012/09/17(Mon) /
    きれいだけれど…(笑)
    > eiichiさん
    ワンさんの親戚という人が友人におりまして、リサイタルにお招きいただいて、てっきり招待だからタダだと思っていたらば後から、請求書がやってきたコトがありました。
    さすが美人とは厳しい存在。
    スゴいなぁと思ったコトを思い出します。
    なつかしい。
    サカキシンイチロウさん / 2012/09/17(Mon) /
    ソーセージパイに野菜の夜 HOME 夏の終わりの煎り卵
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]