忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    韓国料理のバフェで昼。
    新宿西口にある「自然洞」

    sizendo.jpg韓国料理を食べたいときの選択肢には入らない。
    他にもっとおいしい韓国料理屋さんはたくさなるから。
    けれど野菜とご飯でお腹いっぱいになりたいときには、重宝する店。
    だからときおり、思い出したようなタイミングにてやってくる。

    今日もお皿に千切りキャベツとサニーレタスをタップリまずは山盛りにする。
    周りにチヂミとブルデジ、トッポギ、鶏のゴマ煮を飾って一皿。
    いただきます!と、いただきます。
    それにしても千切りキャベツ。
    どうしてこんなに好きなんだろう。
    モサモサしててレタスやキュウリみたいなみずみずしさがあるワケじゃない。
    食物繊維が奥歯や歯茎と唇の間にはさかり、噛むとみるみるとり散らかってく、その存在感と情報量の多さが好き…、なのかもしれない。
    おもしろい。

    同じお店の同じバフェでもくるときどきで、料理の目玉が違ってたりする。
    今日はなんとムール貝。

    40f28479.jpegニンニクと唐辛子がガツんときいたスパイシーなトマトスープで蒸したモノで、かなり大粒でプルプルしたのが食べ放題…、ってかなりうれしい。
    不思議と韓国の人ってムール貝が大好きで、今の季節はこれをつまみつつチャミスルを飲む…、ってのが寒さしのぎによかったりする。
    貝のサイズに比べて殻が大きくて、みるみるうちにお皿の上が貝塚化していくのがたのしい。
    盛り上がる。

    ところで今日のココ、珍しく外でチラシを配っていたこともあり、ギッシリ満席。
    厨房の対応が間に合わなかったのでしょう…、料理が出るタイミングがちょっと遅れてそれでみんなお皿をもってバフェカウンターを行ったり来たり。
    右往左往で大騒ぎ。
    料理が一つやってくるとみんながそこにザザッと集まり、それですぐになくなってまた右往左往の繰り返し。
    しばらくすると料理がお客様の食欲に追いついてきて事無きを得たのだけれど、ほんの10分ばかりの騒然とした緊張感に満ちた雰囲気。
    ちょっと見物でありました。

    642dde8a.jpegそれからデザート。
    杏仁豆腐に缶詰みかんがタップリ入ったのを選ぶ。
    缶詰みかんとはまたなつかしい。
    皮も筋もキレイに剥かれてツルンとしてる。
    しかもシロップたっぷり吸い込み、プルプルしっとり。
    口に含むとバヤリースのオレンジジュースみたいな汁がジュワッと出てくる。
    ちょっとハリのあるフルーツゼリーみたいな感じ。
    そう言えば昔、缶詰みかんをひと缶開けて、中身を食べた残りのシロップ。
    それに牛乳を混ぜて飲むのがゴチソウだった。
    今日のコレ。
    そんか昔を思い出させるやさしくちょっとなつかしい、味がするのにニッコリなった。

    夜、家ご飯。
    豚と豆腐とほうれん草でしゃぶしゃぶにする。
    〆に生の冷麦を茹で、キリッと水で冷やしてしめてそれを熱い付けダレで。

    f4604785.jpeg濃縮タイプの麺つゆを、シャブシャブをした鍋の煮汁で濃い目に割って、そこに天かすを入れた熱ダレ。
    冷たい麺のハリある食感。
    天ぷら油の旨みとコクがやさしく溶け込むアツアツのタレ。
    ズルンと喉からお腹を撫でて体をホワンとあっためる。
    実はこの冷麦の食べ方は、麺を買った「大石」って言う製麺屋さんに教わった。
    これで食べると一人300gとかを食べられちゃって、危険なのよ。
    ちょうど昨日、家族みんなでモリモリ食べ過ぎちゃってもう大変…って、笑いながら教えてくれて、ためしてみたら、
    アラ、その通り。
    料理のおいしい食べ方は、その食材を作った人に聞くのが一番。
    そんなことを思ったりした、1月最後の土曜日の夜。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    西新宿にてバフェの朝 HOME ナポリタンにダイエット
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]