忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を今日もなぜだか坦々麺と麻婆豆腐ですます昼。
    at.jpg安亭という餃子のおいしいというので評判の店にやってくる。
    もともと羽田の近所でお店をやっていた、昭和34年創業という老舗。
    創業当時の餃子の味を決めてたおかぁさんが体を悪くしてそれで、しばらくお休みしてたらしく最近になってレシピが復活…、そしてナンジャタウンやこの新宿にお店ができた。
    場所はかなりコアな場所です。
    新宿駅の西口をでて北に上がっていくと「西口商店街」っていうとこがある。
    昭和というか、戦後の風情が残った路地裏飲食店街で、昼なお暗いアジアな魔窟のような場所にて、昼間からお酒を飲んで赤ら顔したおじさんが、千鳥足でウイっと歩いている街の入り口近くのビルの2階。

    e312fd83.jpg階段上がって店に入ると、レンガ作りの壁に暗めのテーブルと椅子。
    台湾料理のお店のような雰囲気で、ちょっと居酒屋みたいな感じ。
    「ビールと餃子は相性抜群」って手作りポスターが壁にはられてて、なるほど夜は餃子でビールをプハーッとたのしむ店なんですね。
    たしかに昔、ボクが子供の頃、餃子はビールの肴料理だった気がする。
    ボクの田舎にも餃子でビールを飲む店が結構あって、大人になったら餃子をたっぷり食べられるんだ…、って思っていたような思い出がある。

    昼のメニューは麺やチャーハン、あるいは定食メニューがあれこれ。
    麻婆豆腐をためしてみます。
    豆腐にひき肉。
    とろみソースにネギやトーチが浮かぶ。
    ほどよく辛く、昨日の本場的なるロンアールのそれとは違って食べやすい。
    とはいえ甘みで味をごまかすこともなく、スープのうま味がシッカリとしたご飯のオカズにぴったりとした日本のボクらがおいしく感じるよいレシピ。
    それにしても、プロがつくる麻婆豆腐。
    豆腐の中まで味がはいっているのって、なぜなんだろう…、自分で作るとこんな風においしくできない。
    固めに炊けたご飯の上に、麻婆豆腐をのっけてハフっと一緒にれんげでかきこむと、辛味に風味、固さにそれからやわらかさ…、いろんな味が一度にやってくるのがステキでオモシロイ。

    8f2b4bc9.jpg餃子が自慢のこの店の、餃子の次に自慢というのが坦々麺。
    夜の時間帯にはいろんなタイプの坦々麺が用意されているのだそうで、けれど昼はスタンダードなものひとつ。

    ポッテリとした重たい感じの坦々スープ。
    とは言えポタージュっぽくはなくてほどよくサラッとしている。
    麺は平打ちのちょっと分厚い卵麺。

    自慢するだけあってなかなかおいしくビックリ。
    辛味スッキリ。
    ピーナツ、それから胡麻の風味やうま味が辛味をひきたてる。
    ナッツの仄かなエグ味と渋味。
    山椒がピリッと風味と痺れを添えてる。
    スープのうま味がシッカリしていて、多彩な味や香りをひとつにまとめてて、ゴクゴク飲めてしかも味わい深くて濃厚。
    ミートソースかと思えるほどにたっぷり使ったひき肉と、揚げた桜えびが風味を添えてて脂の香りやうま味も分厚いスープの味に貢献してる。
    こりゃ旨いです。
    ご飯のおかずにすらなるほどに、味わい豊かで、こりゃ旨いです。
    ただ麺がこの平打ち麺じゃなくてたとえば博多ラーメンの細いストレート麺なんて合わせたりしたらかなりおいしく、ボクの好みになるんじゃないかって思ったりする。

    1f3092f6.jpgそれから肝心の餃子をためす。
    ランチセットにはほぼどれにも餃子がセットでついてくる。

    これこそ自慢というだけのコトはある。
    ムッチリとした分厚い皮。
    コシがあって噛みごたえがあり、しかも中の肉汁をたっぷり吸い込み味がある。
    具材は肉が中心で、餃子を食べてるって充実感を味わえる。
    しかもコンガリ。
    見事にキレイな焼き具合にて、表面カリッと香ばしく油の香りもなかなかによい。
    これでビールをのんだらたしかに旨いだろうなぁ…、って。
    中国でいう「鍋貼餃子」。
    前日、たくさん作って食べ残した水餃子を一晩寝かせて、翌日、たっぷりの油で揚げ燒きした餃子のようなポッテリ餃子。
    存在感が抜群で、これはかなりのオキニイリ。

    セットについてやってくる、とろみのついたスープも出汁がきいてておいしく、大根、ニンジンを山椒醤油に漬け込み作った漬物もカリカリおいしく、シッカリしてる。
    悪くないです…、このお店。
    唯一残念なところがサービス。
    手際が悪くまだ慣れていないからかもしれないけれど、せっかくできた料理が作業台の上におかれたまんまでずっと提供されないコトがある。
    中国料理はできたてこそがおいしい料理で、それがどんどんぬるくなる。
    それさえシッカリ解決されれば、なかなかいい店って思ったりする、オキニイリ。



    関連ランキング:餃子 | 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    夜のパエリア、オキニイリ HOME クラムチャウダー、初サンド
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]