忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、スープを焚きます。

    216e6fc3.jpg焚くといっても缶詰あけて温めるというのがメインの作業となります。
    簡単レシピ。

    オキニイリのキャンベルスープ。
    コーンポタージュはベシャメルソースのかわりにもなる。
    マッシュルームスープを使ってご飯を炊くとポルチーニ茸を使ったリゾットみたいにもなる。
    トマト系のスープは日本のトマトと違った青い風味があってかなり特徴的。
    トマトジュースをV8ジュースで割ったみたいな大人の香りが、ビーフシチューの下味なんかによかったりもする。
    ソース代わりや下味調味料として重宝したりもする常備菜。
    中でもクラムチャウダーは、メインかわりにもなるスープでかなりオキニイリ。

    より具沢山にしてやろうと、それでセロリをくわえます。
    葉っぱの近くの細い茎。
    そことストンと小口切りにして3本分をたっぷりいれる。
    缶詰パカっと蓋を開け、鍋に移してそこに缶詰と同量のミルクをいれるというのはいつも通りの仕方。
    そこにセロリをバサッといれて、一旦沸騰させたら火を止め余熱でセロリに火を通す。
    食べる直前に再び温め出来上がりという、簡単すぎる…、でもシャキシャキとセロリの歯ごたえがほどよくて、みずみずしさがチャウダースープのクリーミーをひきたてたのしいアクセント。
    朝のお腹がフッとたのしくあったまる。

    f4a9a0f1.jpg今年お初のサンドイッチ。
    明治屋さんの、サンドイッチ用のトーストブレッド。
    細かな気泡がたっぷり入った軽い仕上がりの生地のパン。
    だから焼くとザクザクサクサク、前歯をくすぐる食感が軽くてさわやか。
    1ミリ厚という薄さ。
    普通の食パンよりも20%ほど小さいサイズで扱いやすい。
    日本の典型的なロースハムが一枚キチッと挟まるサイズで、これを使うと上等サンドイッチに仕上がって料理の腕が上がったか…、って思ったりする。
    オキニイリ。

    ハムにキュウリに薄焼き卵。
    それからオニオンソテを挟んで味は芥子マヨネーズ。
    今日のハムは、脂ののったショルダーハムでだから軽くソテして使った。
    ハムから滲んだ肉汁をパンがすいこみおいしくなってく。
    茶色くなるまで根気よく炒めた玉ねぎ。
    カラメルっぽい焦げた香りと、甘みがサンドイッチに彩り添えていつもと違ったごちそうサンドにしてくれる。
    ザクッと切った断面も彩り豊かで、今年も良く出来。
    土曜日の夜、明日のサンドイッチはどういうサンドイッチにしてやろうか?って思いながらベッドに入ると寝付きがよくなる…、おいしい条件反射でござる、オモシロイ。

    ところでこんな動画を一本、発見いたす。
    カナダのオンタリオ出身の「Walk off the Earth」っていうアーティストが一本のアコースティックギターを5人で演奏して歌うというちょっと不思議なパフォーマンス。



    一本のギターにたくさんの手が伸びるこの映像は、最初、ちょっとギクッとします。
    けれどひとつの楽器でみんながひとつ曲を紡ぎ出していくっていうこの風景…、不思議な一体感があってみているうちに気持ちがジンワリあたたかくなる。
    リードギターにリズムギター、ベースそれからパーカッションと一本のギターがそれらすべての楽器になる…、ギターは小さなオーケストラって言われるけれど、それもそうかと思わせもする。
    なにより最初に歌いはじめる人のスティングに似た温かみのあるハスキーボイスが特徴的で歌唱力も達者でビックリします。
    個人的には一番右端の髭のおじさんが気になっちゃってしょうがない。
    演奏にくわわっていないスタンバイ状態のときの無表情な神妙顔が、カナダのお土産物屋さんに売っていそうな木彫りのきこり人形みたいにみえる…、不謹慎だけど笑っちゃう。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    餃子の安亭 HOME サンシャインな水族館
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]