忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京純豆腐で昼といたします。

    bd443960.jpeg辛いものが食べたくなって…。
    居ても立ってもいられなくなり、それでスンドゥブ。
    朝からちょっと寒くもあって、体を中から温めるには辛いスープが一番でしょう…、とチゲを選んでやってくる。

    みるみるうちにお店が増えた。
    かわいらしくて清潔な、女性のハートをわしづかみ系のお店の雰囲気。
    分かりやすい商品構成。
    韓国料理のブームにものり、なによりおいしく手軽な値段。
    カプサイシンやら、コラーゲンやら流行りの食材を上手にとりこみみるみるうちに。
    スープ三種類。
    辛さが6段階と自分の好みの味をみつける楽しみもある。
    トッピングも豊富と、こう書き連ねるとラーメン屋さんみたいな特徴。
    なるほど、なるほど。
    東京純豆腐は、女性向けのラーメン屋さん。
    だからかココは女性だけじゃなく、男性客や、男性連れのお客様が結構多い。
    むしろ女性同士よりも、男性と一緒のカップルの方が多いんじゃないかなぁ…、それが繁盛持続の理由の一つって、思ったりする、どうなんだろう。

    シンプルにキムチスンドゥブをえらんでたのむ。
    牛筋だったり、黒豚だったり贅沢具材をくわえたモノが結構人気のように思うけどチゲはシンプルな方が美味しく感じる。
    グツグツ煮立つ鍋の中から酸っぱいキムチの香りがしてきて、鼻から食欲わいてくる。

    6e637f21.jpeg辛さは上から二番目の、スーパーホットを選びます。
    味は味噌味。
    ココの売り物は、ロサンゼルスのコリアンタウンで流行ってるっていう、塩味なんだけどやっぱり味噌がおいしく感じる。
    特に冬。
    寒くなると味噌がもってるコッテリとしたコクが体に元気をくれる。

    春雨と明太子をトッピングでもらいます。
    明太子は別ぞえで、ご飯にのっけてちょっとづつ崩しながら食べていく。
    スープをゴクリ。
    明太子のせご飯をパクリで、口の中に魚卵のうま味が広がってプチプチ、粒がはぜる食感がとてもたのしい。
    春雨はグツグツ煮こんでそのプリプリの食感たのしむ。
    スープが含んだ春雨が、ツルツルスベスベ、喉を撫でていくのがたのしい。
    なめらか豆腐とは違ったスルスルフルフルが豆腐のスルスルフルフルを一層際立て、おいしくさせる。
    アサリに豚の挽肉がうま味をスープに吐き出して、うま味十分。
    キムチのシャキシャキした歯ごたえも軽快でいい。
    それにしてもさすがにスーパーホットは辛い。
    口が痛さを感じる寸前。
    一口食べるとヒーハーしてきて、頭の先から汗がドバッ。
    けれどご飯を食べたり、サイドのナムルを口に含むと辛さがひいて次の一口、恋しくなってく。
    そしてスープをコクリといくと、またヒーハーで汗がドバッ。
    辛くてもうま味が辛さの裏をキチンと支えてて、だから飽きずに最後の一滴までもがおいしく食べられる。
    お腹あったか…、いい気分。

    a2e9980e.jpeg名古屋にお店ができたのを記念して…、って懸賞募集のキャンペーンをやっていた。
    そういえば、この前ここに来たときは、大阪にお店ができたのを記念して、ってほぼおんなじのキャンペーンをやっていて、記入用紙をもらって名前と住所を書いたコト、思い出す。
    もしかしたらば、いつもどこかでお店が開いたの記念して、同じキャンペーンをやってるのかも…、って。
    それはそれでめでたくて良い(笑)。
    一等賞は韓国旅行。
    隣のカップルが記入しながら、「でも今、韓国に行くのって、ちょっとやだよね」って話し合ってた。
    たしかになんだかきな臭い。
    なるべくだったら別の場所に行きたいよなぁ…、って思ったりもする。
    なやましい。

    それにしてもこの店のサービススタッフのステキな笑顔。
    明るく自然で、しかもテキパキ、作業確実。
    お一人様にもとてもやさしく、気持ちいい。
    こんなところもお客様から支持されている理由のひとつなのでしょうね…、特にランチはお値打ちでいい。
    体が寒く感じたら、またまいりましょう、オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    スタバのおやつと南昌の夜 HOME パリな朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]