忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日の昼は「純豆腐チゲ」にしようと昨日の昼から思ってた。
    赤坂見附の街でランチを探したとき、一番最初に思い浮かんだのが純豆腐で、けれど目当てのお店がランチの休みをとっていた。
    それで絶対、今日は純豆腐。
    「東京純豆腐」で食べようと、電車にのって新宿まで来る。
    1a20365f.jpeg待つとは思わず、フラッと行ったら8組ほどもが待ってましたか…。
    ここのお店は最近、かなりの急成長。
    東京ばかりか日本中に積極的なチェーン展開を行っている。
    韓国料理の純豆腐を「ソウル純豆腐」でなく「東京純豆腐」。
    いろんなトッピングを自由に選べるカスタマイズスタイルのこの商売の仕方はロサンゼルスで流行ってて、けれど「LA純豆腐」でなく「東京純豆腐」。
    このネーミングがまずは成功の秘密なのかもしれません。

    36fd48e0.jpeg待ってる間にメニューをわたされ、何を食べたいか考えておけと…。
    全部で20種類ほどの純豆腐チゲのバリエーション。
    それにトッピングをつけたり辛さを選んだりと迷い始めるととことん悩んで決まらない。
    けれど運良く、今日はちょっと気になるのがある。
    季節限定の浜松産の生のりいれた「べっぴんスンドゥブ」と言うのがあって即座に決定。
    べっぴんオジサンでこの週末をのり切りませうと、それをたのんでしばらく待った。

    ボクの隣に座った人。
    お父さんとお嬢さんという組み合わせにて、お父さんが一言いいます。
    「スンドゥブって一体なんだ?」。
    日本のオジサン、お父さんのほぼ7割くらいはそんな認識でありましょう。
    食に関して、男子の知識と女子の知識のアンバランスはマリアナ海溝クラスであって、お嬢さんはやさしくとても丁寧に、「韓国風の豆腐のお鍋で、具材や辛さ、それにトッピングを選んでたのめばいいのよ」って。
    ところが父さん。
    そもそも「選ぶ」というのが面倒くさいのでありましょう。
    お嬢さんが「あれとこれ」って言うのを真似て「オレもそれ」って。
    それじゃぁ全然つまらないでしょう…、お父さんは別のをたのんでって言われてかなり困惑してた。
    レストランの中でおじさんたちはいつまでたっても自立できない。
    微笑ましくって笑っちゃう。

    3628fe82.jpeg ベリーホットの辛さにしてもらった味噌味のチゲ。
    なめらか豆腐と生のり、春雨、それからオクラと豚ひき肉。
    アサリとイカ、エビ、海のうま味も一緒に混じってかなり濃厚な味。
    追加で明太子をトッピングして、玉子を落としてグルングルンとかき混ぜてくと、トロトロ、かなり粘り気がでる。
    スベスベ、トロトロ。
    たしかに美肌によさげな食感。
    辛味もババンとスゴイけど、それ以上にうま味が強く食べててまるで飽きないのもいい。
    春雨クニュクニュ、魚卵がプチプチ。
    食べてるうちにいろんな食感が口の中にてちらかって、そして汗がほとばしりでる。

    カプサイシンの力強さに身をゆだね、ご飯をパクリ。
    サイドについてるニンジン、小松菜、モヤシのナムルをご飯にのっけて、ビビンパみたいにして食べる。
    スープもご飯も、なにを食べても味がしっかり付いていてしかもおいしい。
    情報量の多さに頭も満足す。
    それにしても今日の新宿。
    初夏の陽気も手伝って、街に人が溢れてる。
    ここの向かいにあるピザのシェイキーズのビュフェランチ。
    地上にでたらしばらく静かだったグロムにも長い行列。
    週末の街はやっぱりこうしてにぎやかじゃぁ、なくちゃ寂しく感じます。

    さてさて今日のスンドゥブチゲの「真っ赤なスープに黒い海苔」。
    目に見てとても鮮やかな姿形に、とある昔の曲を一曲、思い出す。
    岩崎良美のデビュー曲…、1980年のことでしたからボクが20歳のときのコト、この楽曲ののびのびとしたメロディーラインに聞いてすぐさま魅せられて、彼女のファンになるキッカケの曲であります。
    動画を一本、貼りましょう。



    「夜のヒットスタジオ」での一場面。
    曲そのものもなつかしいですけど、「歌番組」というジャンルがとてもなつかしく、何度も、何度も観てしまう。
    歌う前の彼女の後ろに並んで、あんな顔やらこんな顔…、それに司会の芳村真理と井上順のいかにも業界的なる話術と会話の内容…、まさに昭和の芸能界。
    スターがスターであった時代。
    アイドルって言うものが未だキラキラしていたこうした時代って、二度と戻ってこないのかなぁ…、ってちょっとおセンチ、なつかしい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    新橋、焼肉、おくうにて HOME 街の財産、宝物
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]