忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    土曜日の朝をグレースにて。
    6eb8e88b.jpegちょっと仕事の打ち合わせがあり、うちの近所で朝食しながらしませんか…、とそれで喫茶店にての朝にする。
    今朝はビックリするほどにいい天気。
    気温も高く、ひさしぶりにポロシャツを着て雪駄を履いてテクテク歩く。
    夕方からは天気が崩れるという予報…、けれどそれまで初夏の気分を味わいましょうと鼻歌まじりにテクリテクリと街をゆく。
    日差しも初夏でだから街のコントラストがとても強い。
    カメラを構えて写真にするとクッキリすべての輪郭が際立つ感じ…、同じ街の同じ場所、おんなじお店を撮り続けると写真の中に季節が映ってそれがたのしい、さて朝ご飯。

    ココ一番のオキニイリ…、ハムエッグの和定食をたのんで食べる。

    e6e81f66.jpegなぜだか「ハムエッグ」という食べ物がとても好きなのでござります。

    小学校のときの調理実習。
    「目玉焼きと粉ふきいもをつくりなさい」という課題があった。
    ボクの中で「目玉焼き」というのはすなわちハムエッグのコトと思い込んでて、それで当日。
    ボクのお皿の上にだけ、目玉焼き&粉ふきいもじゃなく「ハムエッグ&粉ふきいも」。
    しかもご丁寧なコトにパセリの彩りまでを揃えて作って、ほめられるだろうと思っていたら、課題と違ったモノを作った。
    あなた、教科書をみて作ったの?って言われて凹んだ。
    だってどうせ料理を作るんだったら、おいしく作った方がいいじゃない。
    創意工夫は必要ないって、そんな授業は大嫌い。
    それからボクは執拗に、調理実習のたびに課題に一捻り。
    サカキくんには負けました…、って三学期目には先生のお墨付きを頂戴しました。
    今でもハムエッグをみると松山番町小学校の村上先生のコトを思い出す。
    ご迷惑をおかけしました…、ごめんなさい!

    それにしてもここの焼き加減はますますボクの好みになってく。
    茶色く焦げてフリルのようになった白身に、中心部分がオレンジ色したねっとりとした食感の黄身。
    サクサク、ムッチリ、変化にとんだ食べ応え。
    でもこの焼き方も教科書的には失格になるに違いない。
    規格通りじゃないステキ…、今朝も味わう、オゴチソウ。

    食事を付き合ってくれた人がたのんだのが朝カレー。

    c4c52cb1.jpegここのカレーはとてもやさしい。
    油控えめ。
    辛味もそれほど尖ってなくて、なによりうま味がドッシリしてる。
    野菜や肉をトロトロになるまで煮込んで作ったなめらかなルー。
    そこにサラダ。
    それから茹でた玉子をのっけて、栄養的にもキチンとしてる。
    一口もらってフルンと食べると、スパッと頭がさめるよう。

    ついてくるのが大きなラッキョ。
    ここのラッキョは甘み控えめの塩ラッキョ。
    しかも大粒…、みずみずしくてシャキシャキ奥歯にとてもたのしい。
    ラッキョ独特の匂いがおいしく、たくさん食べるとお腹がポカっとあったかになる。
    オキニイリ。

    冷たいカフェオレをセットの飲み物に選んで飲んだ。
    ビターなコーヒーと甘いミルクが一緒になって、とてもやわらか、やさしい味わい。
    ゴクリゴクリと飲んで体を潤した。
    お冷グラスにビッシリと付いた水滴の大きさと量。
    もう冬じゃない…、ってやっと思ってホッとする。
    それにしても週末のココ…、近所の人が集まってまるで集会場のようににぎやか。
    ステキな喫茶店って街の財産、宝物って、そんなコトを思ったりした、ニコヤカに。

    ところでオモシロイCMフィルム。
    黄色い軸のボールペンで有名な「BIC」が作った新作シェーバーのテレビコマーシャルのフィルムで、「人の体を使ったカーリング対決」っていうのがテーマ。
    この新商品を使って剃れば、どんな類似商品を使って剃るよりツルツル、スベスベ。
    だから摩擦抵抗が少なくなって、試合に有利でございます…、ってなんともたのしいCM内容…、最高です。



    馬鹿馬鹿しいことを真剣にする。
    その真剣で、人の笑いを誘い出すという、こうした笑いの取り方が、今の日本に無いのが不思議。
    そもそも日本のカミソリ界のテレビCM。
    草食系でツルツル顔の男の子ばかりを連れてきて、キレイに剃れていいでしょう…、って説得力の無いこと甚だしくって笑ってしまう。
    ボクの剛毛が剃れてはじめて一人前のカミソリでしょう…。
    なんだったらば、この顔かしてあげようか?って、ずっと思っていたりする(笑)。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    不思議
    この映像見ましたよ。16日の朝、夫が見てみて!と。何故かほぼ同じ時に同じものを夫とサカキさんが見ているんですよ。

    海外のCMは楽しくて商品の特徴がよくわかる。日本のCMは芸能人の笑顔しかのこらない。商品のCMなんだか芸能人のCMなんだかわかりませんね。

    mizuさん / 2011/04/18(Mon) /
    たのしい偶然
    > mizuさん
    多分、同じサイトをブックマークしているのかもしれませんネ。
    たのしい偶然。
    ご主人によろしくお伝い下さい(ニコッ)。
    本当に日本のCMは、消費者ではなく芸能人のためにあるのじゃないか、と思っちゃうほど、出ている人のコトしか記憶に残りません。
    CMばかりでなく、テレビ番組もそんな感じがしますしね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/04/18(Mon) /
    赤と黒 HOME ふた晩続けて串揚げの夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]