忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿三丁目の交差点近くにある細いビル。

    62ba7d17.jpeg1階、2階が下着専門店のピーチジョン。
    それ以外のフロアは上から下まで全部飲食店という構成。
    しかも焼肉ありぃのケーキバイキングの店ありぃのと、一体どんなコンセプトでテナント探しをしたんだろう?って前を通るたび不思議に思う。
    まぁ、今の世の中、コンセプトでは集客できぬ厳しい時代であります故、こうしたハチャメチャ具合がむしろいいかも。
    しかもココは日本で一番ハチャメチャな街。
    新宿なのでありますからして、なるほどもしかしたら「コンセプト=新宿」なのかもしれないなぁ…、と妙に納得、腑に落とす。

    で、このビルの中で一際、不思議を発散じているお店が一軒。
    「中国茶房エイト」というお店。
    中国料理の専門店で、驚くほどの激安価格でがんばっている。
    しかも年中無休、24時間営業しまっせ!と言うチャイナパワー爆烈の店。
    特にランチの安さは特筆モノ…、ってことでやってきました。
    午前11時ちょっと過ぎと言うランチがはじまる直後の時間。
    ここのビル。
    エレベーターを降りるとすぐに客席ホールと言う作りの店で、なんと降りると目の前に酒盛りをするパンクなイギリス系のグループ。
    おつまみ並べビールの空き瓶ゴロゴロ転がるスンゴイ景色。
    昼も夜も区別がないのがチャイナタウンと言う場所で、つまりココはチャイナタウンと言うワケでしょう。

    a7505a8c.jpegオープンキッチンの中では中国語が飛び交って、中国っぽい造作、それからイルミネーション。
    チャイナタウンなテーマパークに紛れ込んだような雰囲気。
    壁にはかなり「大人な」オブジェが貼りつけられてて、前頭葉がグラっと揺れる(笑)。
    店の奥から中国人のグループ客が、入れ替わるようにゾロゾロ出てきて見れば、朝ご飯のお粥のボウルが散乱してる。
    世界時間で動いてる店。
    24時間闘えますか?な感じにドキドキ。
    メニューを見ます。
    通常のランチメニューは800円前後で麻婆豆腐や酢豚のようないわゆる日本の中華料理店の定番料理があれこれそろう。
    激安なのは今日のランチ。
    全部で4種類ほどのバリエーションがあるのだけれど、どれも550円という値段にて、メインにサラダ、スープにご飯。
    それからお替り自由のドリンクバーとデザートがつく。

    e0004be3.jpegで、そのクオリティー。
    今日のメニューの中から「キクラゲと卵の肉野菜炒め」というのをとったら、これが結構なボリュームで。
    卵とキクラゲだけじゃなく、野菜タップリ。
    オイスターソースと中国醤油にスープの旨みをしっかりきかせた上等な味。
    決して上品ではないけれど、味がキチッと決まっててご飯のおかずに程よい感じ。
    豚肉が薄く切っているにもかかわらず、顎をしたたか叩くような歯ごたえあるのはご愛嬌。
    この値段で料理を作るために、いろんな工夫をしているのでしょう。
    ただ味付けは良心的で、砂糖の甘みでごまかしたり化学調味料で喉が渇くことがない。
    サラダも新鮮。
    とろみのスープもすっきりとしてコクがあり、悪くないヨ…、って感心す。

    752f8d2f.jpegなによりこの値段でデザートまでがお替り自由っていうのにビックリ。
    それも二種類。
    杏仁豆腐にタピオカの杏仁スープがドッサリとある。
    ゼラチン使ってムニュンとさせた杏仁豆腐は結構ムチッと腹持ちがよく、缶詰フルーツのクチャっとつぶれる儚い食感もなつかしい。

    そういえば。
    この杏仁豆腐を前菜がわりに、料理がくるまで何度、何度ももお替わりをするオジさん達のでっぷりとしたお腹まわりが、どうにもこうにも気になってしょうがかなかった。
    人のふり見て我がふり直せ。
    ご飯のお替り控え目にする(笑)。
    それでもお腹いっぱいで、笑っちゃうほどのコストパフォーマンスに納得します。
    さて、移動。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    そうなのです。
    先だって、送別会でこちらの赤坂店。
    かしましい女子10余人でいったものの、その黄色い声もかき消す活気。
    夜の北京ダックも面白いですヨ。ぜひぜひ。
    風民改め放置民。さん / 2010/03/29(Mon) /
    大人な感じ!
    > 風民改め放置民。さん
    六本木のお店が一番すごいみたいですね…、いろんな意味で。
    英国の雑誌かなにかに紹介されたことがあるらしくて、それこそインターナショナルな雰囲気らしいんですよね。
    次は夜。
    北京ダック、忘れずたのしんでみようと思っています。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/29(Mon) /
    六本木店に
    何度か行きましたです。
    手ごろな価格でいろんな種類の水餃子が頼めたり、
    その他の料理も美味しいですね。
    いろんな国の方が、満席のテーブルで目いっぱい楽しんでました。
    内装についても、ココまで開き直られると、
    気まずいとか言ってられない感じでございます。
    そうですかー。
    新宿にもお店があるんですねー。
    tonamiさん / 2010/03/29(Mon) /
    おおっ!
    > tonamiさん
    六本木店にいかれましたか。
    かなりのモノらしいですね、インテリア。
    それにしても中国料理のインターナショナルさってスゴイなぁ…、って思いますよね。
    現地化することなくすんなりいろんな国の人たちに受け容れてもらえる、かたくななのに柔軟なところ。
    スゴイなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/29(Mon) /
    マイラグジュアリーナイト HOME 小諸そばで唐揚げ丼、薬味一考
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]