忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼ご飯をまだ食べていない、という人と、夕方会って打ち合わせ。
    食事をしたい…、というので付き合う。

    ee48de31.jpeg神保町の南海という店。
    昼の営業を終えると夕方まで休み。
    5時から夜の営業をする…、というのでちょっとお店の外で待つことにする。
    一人、二人と待ち行列が増えていき、5時にドアが開いたときには一瞬にして満席になる。
    グリル料理の定食屋さんが昼間行列が出来ると言うのはよくあるコトで、けれどココでは夜もこうして行列出来る。
    神保町と言う街ならでは…、というコトもあるとは思う。
    けれどやっぱり「晩ご飯にも耐えうる品質」それから「安さ」が評価されているからだろうなぁ…、って思ったりもする。
    男ばっかり。
    平均年齢35歳というとこでしょうか?
    結構、年かさの人がかなりやってきていて、ホッとしたりする。

    bca12eae.jpegヒラメのフライにショウガ焼きの盛り合わせ。
    ココの一番人気はカツカレー。
    二番人気がチキンフライとショウガ焼きか、あるいはヒラメフライとショウガ焼き。
    お店が開いた直後でもあり、ちょっと待つ。
    作り置きをしないポリシー。
    だから一気に入った注文を、厨房の人がよってたかってこなしていくのが圧倒的で見てて楽しい。
    大きなフライパンでジャジャッと盛大な音を立てて焼き上がっていく豚のショウガ焼き。
    タマネギたっぷり、豚肉プルプル。
    タレの風味に焦げた香りが食欲さそう。
    なによりヒラメのフライのサクサクとしたおいしいコト。
    油で揚げたはずなのに、油っこさのみじんもなくて、ヒラメの切り身のフックラとしてやわらかなコト。
    ソース、醤油にマヨネーズ。
    ポッカレモンに塩、胡椒。
    テーブルの上にたくさん置かれた調味料を駆使していろんな味をたのしむ。
    タラコ味したスパゲッティーまで総動員して、大盛りご飯をお腹に収め千切りキャベツをシャクシャク食べて、夜のお腹に蓋をする。

    それはそうと…。

    なんと、「しばたはつみ」さんが一昨日、お亡くなりになっていたんだそう。

    1bf0f093.jpeg心筋梗塞にて享年57歳という若さがとても悔やまれる。
    代表作の「マイ・ラグジュアリー・ナイト」はボクの好きな曲のひとつでたまに、カラオケで歌ったりもする。
    大人の歌。
    シットリとしていて「日本人離れした歌唱力」っていう言葉がとても似合う人であり、歌だった。
    1977年のヒット曲というコト。
    そういえば英語の授業で「ラグジュアリー」と言う言葉は実はないんだよ…、って教わったのを思い出す。
    luxuryって単語の発音は「ラクシャリー」。
    形容詞になるとluxurious(ラグジュアリアス)って発音になり、その二つが混同されてラグジュアリーって言葉が生まれたんだろうね…、って。
    テストの引っ掛け問題に当時、よく使われていたような記憶もある。
    でも彼女のこの歌。
    「マイ・ラクシャリー・ナイト」だとちょっとアッサリしてしまう。
    ラグジュアリーと、濁ってためて粘り気くわえてやっと大人の濃厚な豪華なムードになるのでしょうね。
    濃厚なお色気とでもいうのでしょうか…。
    セクシーという言葉が似合う大人の女性だったような記憶があって、なにより上の画像をみると、ああ、昭和だなぁ…、ってウットリします。
    動画を一本、貼りましょう。



    あぁ、なつかしい。
    佐良直美に世良譲。
    後ろの方には青江三奈がいて、スパンコールがキラキラしてる。
    この頃の芸能界はまさに「ラグジュアリー」な大人の世界。
    それそのものがはるか遠くになりにけり…。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    しばたはつみ
    私はこれが好きです。
    http://www.youtube.com/watch?v=Voz1tQ-wGr0&NR=1
    ウランさん / 2010/03/29(Mon) /
    ステキですね
    > ウランさん
    不勉強ながら、この歌、初めて聴きました。
    「ブルースを歌う女」。
    大人の女性ですねぇ…、これ。
    自然体で声を張り上げる訳でないのに、情感がシットリ伝わってくる。
    一発でオキニイリになりました。
    ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/29(Mon) /
    ウフフ。いいでしょ。
    負け方のうまい女はかっこいいです。
    ウランさん / 2010/03/29(Mon) /
    南海
    本郷通り沿いの店はよく利用していたのですが…なくなってしまってホントに残念です。
    インドカレーの店もあの辺りにはたくさんあるのですが、やはりあの南海のカレーが恋しくなる今日この頃です。
    めるばさん / 2010/03/30(Tue) /
    かっこいい
    > ウランさん
    ブルースは貧しい人たちの鎮魂歌…、って良く言われますけど、経済的に貧しくともココロを貧しくしなかった人のための歌…、って考えることもできるんだなぁって思いました。
    カッコいい。
    男はなかなかこうはいかないモノです(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/30(Tue) /
    黒いカレー
    > めるばさん
    南海の黒いカレー。
    スパイシーでおいしいですよね。
    昨日は回りの人たちがカレーを頬張るところをみながら、ああ、カレーにすればよかったって思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/30(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ベッカーズのちマンゴツリー HOME 濃密チャイナタウン、カフェ8
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]