忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    映画を見終えて、とって返して大久保へ行く…、「てじまうる」にてサムギョプサル。
    tj.jpg一緒に今日を過ごした人が、韓国料理を食べたいからと、それで東京の小さなソウル…、大久保通り。
    行きたいお店が一軒あって、けれどお盆休みが始まった今日、予約するほどじゃないだろう…、と思っていったら満席だった。
    そこばかりじゃなく、どこもお店は忙しく通りもあふれるほどの人。
    何軒かの店に急遽、電話をかけて予約がとれるかどうかを確かめた。
    2時間弱ほどまってくれれば席がご用意できますから…、と。
    それでちょっと時間を潰してココに来る。
    大久保の中でも一番人通りの少ない路地に面した小さな一軒家、かつて恐ろしいほどに人気のあった繁盛店で、今ではそこそこ…、こうして予約がとれるというのにちょっとビックリ。

    5f9c38c1.jpegサムギョプサルが人気のお店。
    韓国料理のお店ではじめて、平田牧場の肉を使った。
    プレミアポークを、おいしく焼いてたのしんで…、っていう分かりやすくて贅沢な商品コンセプトにみんな惹かれた。
    それまで韓国料理のひとつでしかなかったサムギョプサルを一躍、韓国料理を代表する料理にしたのはこのお店。

    今では三元豚ばかりか、金華豚などのプレミアポークをいくつか揃えて「ますますおいしく」の方向に向かってる。
    厚さも見事。
    厚さだけでなく肉一片の大きさも、サムギョプサル用の石板に収まらぬほどに、大きな一片。
    大きく育った健康な豚。
    そのばら肉の一番脂の乗っておいしい部分を使った、見事な肉にまずはウットリ。
    かなりの強火で、カリッとやきます。
    しかも手早く。
    まず表面の脂をガリッと強めに焼いて、ヒックリ返して再び焼いて、それからはさみでジョキジョキ切ってく。
    強火で焼くからうま味が外に逃げなくて、中がシットリ。
    キムチに脂を吸い込ませつつ、程良く焼けたら石板の端に肉をならべて、さぁ、どうぞ。

    9579368c.jpeg葉っぱと辛味噌、ネギを塩と油であえた薬味にそれから、塩と胡麻油をといたモノ。
    それらをつけて、葉っぱにのっけてパクリとします。

    さすがにおいしい。
    焼けた匂いの香ばしさ。
    脂がツヤツヤ。
    ムチュンと奥歯を包んで歯切れる。
    肉はカッチリ。
    噛むとサクッと軽く歯切れて、肉のうま味を吐き出していく。

    包んだ葉っぱ。
    苦味が強くて、歯ごたえシャキシャキ、しかもとってもみずみずしい。
    たしかにサムギョプサルの味はおいしい。
    今の日本でも何本かの指にはいるであろう出来栄え。
    けれどサービスがいただけません。
    かつてこの店が奇跡的なほどに成功をしたお店であった頃のサービス。
    親身でやさしく、声も元気でテキパキ焼きつつおいしい肉の食べ方や、楽しみ方をとても丁寧に教えてくれた。
    今の人達はただ焼くだけで、ちょっと切ない…、これじゃ普通においしいお店。

    料理は本当においしくて、例えばキムチとチーズのチヂミ。
    キムチの汁を加えて伸ばしたチヂミの生地に、たっぷりキムチとチーズをいれて焼きあげる。
    揚がったようにバリバリの粉は軽快、しかもキムチがシャキシャキとしてチーズがトロンと、そこだけまるでチーズのようになっていく。
    マッコリの品揃えも豊富でとても挑戦的で、これでもっとサービスがよくなったらばもっと使い勝手のいい店になってくれるのに…、って思ったりする、しょうがない。



    関連ランキング:韓国料理 | 新大久保駅大久保駅西武新宿駅




    てじまうるの予定の時間がやってくるまで、まずは軽く腹ごしらえを…、とそれで「明洞のり巻き」で夜のおやつにすることにした。
    最近、大久保界隈で一番元気のある店のひとつがココで、まさかあいてはいないだろうとお店に行ったらちょうど1席、あいたとこ。
    d98cb471.jpegそれであれこれ。
    まずは野菜タップリのここの名物キンパをもらう。
    ご飯の量の2倍ほどの野菜がメインの具材をまいて、だから口の中でパラッと野菜がちらかり健康的を口が感じる。
    一口大の大きさも、女性の口にピッタリだからかもしれません…、お店の中はほぼ女性。
    トッポギ、それからおでんをもらってズラリ、テーブルに並べてみると、まるでココが韓国屋台のようになる。
    粉食ばかり…、お腹に軽くたまってくれて、しかも辛味豊かなトッポギや出汁のうま味がまるでスープのようにゴクゴク飲めてしまえるおでんなど。
    味わい多彩で食べててあきない、オゴチソウ。

    pappinsu.jpgそれから韓国広場で韓国の食料品をあれやこれやとみて散策し、それからてじまうるにて食べなおし。
    ほどよくお腹を一杯にして、そしていそいそデザートを。
    「アイスベリー」ってお店にいってパッピンスにする。

    かき氷の上にフルーツ。
    あんこをのっけて、そこにソフトクリームをネリンとのっける。
    みんなでそれをワシワシガシャガシャ、ビビンしてスプーンですくって食べるという韓国料理らしきデザート。
    「混ぜるて分け合う」は韓国料理の基本の基本。
    韓国風に大きなサイズ。
    3人前のを食べてみようか…、とカウンターでたのんでみます。
    そしたらお店の人がこう言います。
    「本当に大きいので、あまりオススメできませんけど」と、見せる3人前の容器のまるでバケツのごとく大きいことにさすがにビックリ。
    なら2人前でと作ってもらったモノもかなりの大きなサイズ。

    ラーメン丼くらいの大きさ。
    そこにギッシリ氷に果物。
    4種類の果物を自分で好きに選べてパインにパパイヤ、スイカにバナナを選んでのせる。
    ソフトクリームを2個ネリネリしてもらったモノがやってきたらば、隣の席に座ってた若い女子がいろめきたちます。
    写メをとってもいいですか…、って。
    断る理由はなにもなく、みんなでニコニコ記念撮影した後に、さっそくネリネリ。
    容器の中のすべてを混ぜて、トロトロにした中身をスプーンですくって食べる。
    シャリシャリとした氷の粒が、トロンとクリーミーなバニラアイスクリームに包まれて小豆と一緒に口の中へと飛び込んでくる。
    なつかしいのに新しい味…、かなりたのしい、オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    新大久保と言えば
    ひと頃はインターナショナル的ナイトスポットなイメージが強かったように思えましたが、視点を変えて見ると面白そうなものを発見出来るんですね!
    それでも私は未だ初心者なので職安通り沿いの観光バスがよく止まって居る韓国美味しい市場辺りからデビューしてみます。
    かのうたかしさん / 2011/08/14(Sun) /
    職安通り
    > かのうたかしさん
    かつて、大久保の韓国ヴィレッジのメインストリートといえば、職安通り。
    ところが今では大久保通りにスッカリ人通りがうつってしまったように感じます。
    スゴイエネルギー。
    ぼんやりしていると持って行かれそうになってしまうほどです。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/14(Sun) /
    お盆ですが…
    有明でコミケがある週末は、そこから流れてきたオタクな皆さんで
    歌舞伎町周辺の飲食店が激混みになるのです。
    まさにこの週末がコミケの会期です。
    大久保界隈の盛況も、その影響かと思われます。
    オタクには辛いもの好きな人が多いですからね…
    タカハシケムヂさん / 2011/08/14(Sun) /
    なるほどぉ
    > タカハシケムヂさん
    お盆だから暇だろう…、と思い込んでしまうのは、かつての東京が染み付いてしまっているからなのでしょう。
    東京は今や観光地でもあるわけで、昨夜の大久保も、韓流おばさまでムンムンしてましたもの。
    それにくわえてコミケ!
    イベントシティー東京に、暇な時期はないというコト。
    それぞ東京かもしれませんね。

    残暑厳しい毎日です。
    お体ご自愛くださいね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/14(Sun) /
    デジマウル
    明洞のりまきからデジマウルだなんて大久保堪能コースですね!

    デジマウル、昨日話題に上がったお店で近々行こうと思っています。

    透明のマッコリとマッコリゼリーがかなり美味しいそうなのですが、サカキさんはお試しになりました?
    aokyoさん / 2011/08/15(Mon) / URL
    マッコリゼリー
    > aokyoさん
    マッコリゼリーはまさに今の季節の味。
    ここのお店には変わったマッコリが沢山ありまして、例えばこの東京マッコリは鳥取にある日本酒メーカーが作っているモノ。
    「虎まっこり」っていうのがボク一番のオキニイリです。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/15(Mon) /
    野菜のバフェの昼のコト HOME 月の裏側3D
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]