忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    かなり気合を入れて頭を使った今日。

    tn.jpg頭の中に汗をかくほど…、それでお腹の中にも汗をかきたくなっちゃった。
    それでティーヌン。
    家に帰る途中の駅。
    JRの四ツ谷駅の上にあるアトレの中にあるお店。
    「ティーヌン・ザ・ヌードルバーアトレ四ツ谷」って言うのが正式名称のよう。
    昔、かなり通ってた市ヶ谷駅前のティーヌンに比べて、かなりのオシャレ。
    駅ビル。
    しかもファッションビルを標榜するテナントビルの中のお店は、やっぱりちょっとオシャレじゃなくちゃいけないんでしょう。
    とは言え、お店に入って座る。
    テーブルの上にタイのスパイスが入った壺が並んでいたり、あるいは厨房の中からココナツミルクやニュクマムの匂いがしてくる。
    空気はやっぱり東南アジア…、オシャレすぎないところがステキ。

    48800bae.jpegディナーセットというのがあって、3種類用意されてるメインディッシュから好みをひとつ。
    それにスープやサラダがついてくるというモノ。
    東南アジアの料理っていうモノ。
    中国料理とおんなじで、一人で来るといろんな料理をたのしめない。
    あれもこれもと食べたいものがたくさんあって、けれど一人じゃそれもなかなかままならぬ。
    値段も手頃。
    それでセットをとることにした。

    タイ風春巻きがまずは一皿。
    パリッと揚がった小さな春巻。
    中国風のと違ってかなり、サクサクとした春巻生地が、口に入れるとホロッとほぐれる。
    中には春雨、鶏挽肉に野菜さまざま。
    だから食感軽くって、壊れた生地が口に散らかるさまがおいしいオモシロさ。
    春巻のサイドに並ぶ大根やニンジンの酢漬けがコリっとサッパリとした息抜きの味。

    サラダは定番、ヤムウンセン。
    春雨サラダで、ピリッと辛い。
    辛い以上にシットリしてて、クニュクニュとした極細春雨が奥歯をツルンと撫でてゆく。
    みずみずしくてハッとする。
    ナッツがコリコリ、分厚いキクラゲがムニュンと食感にぎやかで、食べると食欲湧いてくる。

    7bd7955e.jpegメインにもらったのがガパオライス。
    鶏挽肉をバジルをタップリ。
    ニュクマムベースのタレで炒めてパラパラにして、それをジャスミンライスと一緒に食べるというモノ。
    タイ料理の定番ご飯のひとつであります。
    鶏をおいしく食べるコトに、気が遠くなるほどの執着心をもつ南アジアの人たちは、いろんなチキンライスを作る。
    シンガポールには蒸した鶏肉と鶏ガラスープで炊いたご飯を一緒に食べるチキンライス。
    インドネシアには鶏挽肉と野菜とご飯と炒めたモノと、いろんなバリエーションがある中で、ボクはタイのコレが好き。
    ジャスミンライスの香り高さと、鶏のパラパラした食感。
    辛さに酸味がほどよく混じり、口の中がにぎやかになる。
    ちょっと体が疲れたときに、なぜだか不思議と食べたくなっちゃう。

    上に目玉焼きをのっけて食べるのが伝統で、それで注文するとき「黄身まで良く焼きでお願いします」って一言添えた。
    そしたらたまたまボクの注文をとった人が、タイ出身でボクの言うことがわからない。
    日本人のスタッフを連れてきて通訳たのむ。
    その女性スタッフ、彼に向かって「あなたが好きな硬い玉子よ」とニッコリしながらやさしくいった。
    彼もニッコリ。
    ボクに向かって、「大丈夫、大丈夫!」ってそう言いながら厨房の中に入っていった。

    8f393dde.jpeg出来上がってきた玉子。
    白身がサックリ焼き上がり、黄身もほどよく固まっている。
    芯の部分がちょっとトロンとまだなめらかでその状態がとってもステキ。
    玉子をザクザク、スプーンで壊し、ご飯、ひき肉とカチャカチャ混ぜる。
    そしてスプーンでひとすくい。
    シットリとしてでもパラパラで、玉子がフルンとやさしい食感。
    けれどガツンと辛味が尖る。
    お店はおしゃれな作りだけれど、料理が変にオシャレにアレンジされてない。
    田舎臭さとダイナミックな味わいは屋台料理にて大衆的なオゴチソウ。
    お腹の中に汗をかく。

    黙々と、ただひたすらに汗かきながら食べてると、タイ出身の彼が来ます。
    「玉子、グーッ?」って心配そうにボクをみる。
    親指立てて、「ベリーグーッ」って言ったらニッコリ、うれしそう。
    全部きれいに食べてお勘定。
    レジの前には通訳がわりの女性スタッフ。
    彼女も一言「玉子の状態はよかったですか?」と。
    お客様思いのステキなサービス…、なんだか気持ちが明るくなった、また来よう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    ガパオライス大好きです(≧∀≦)ノ
    これを食べないと、タイ料理を食べた気がしません(笑)
    lovekuma69さん / 2011/03/07(Mon) /
    おいしいですよね
    > lovekuma69さん
    ボクも大好き。
    ガパオライスにヤムウンセン、エビのすり身のフライにそれからトムヤンクン。
    やっぱり一人じゃ食べきれないです(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/07(Mon) /
    胃袋の知識欲
    タイ語で
    『よく焼き玉子』はなんていうんでしょうね。覚えたいです。

    タイ行きたいなあ。
    プーケットあたりのビーチでごろごろパチャパチャ
    帰り道はビールで口をなだめつつカレーつついて
    道行く犬をのんびり眺める。
    たばきちさん / 2011/03/08(Tue) /
    タイ
    > たばきちさん
    タイ…、いいですね。
    プーケットもいいし、チェンマイで牛と戯れるなんていうのもまた一興。
    シンハービールで頭と体をトロンとさせて、タイ料理でガツンと元気をもらう。
    ちょっと憧れちゃいますね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/08(Tue) /
    デリフランスのミニな朝 HOME 雪の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]