忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午後からの外出前に近所でランチ。

    c9a7bdef.jpegベトナム料理のティンフック。
    四ツ谷三丁目の雑居ビルの中の一軒。
    目立つ店ではないのだけれど、おなじみさんでいつもにぎわうたのしいお店。
    おいしい。
    それから安く感じる。
    特にランチの安さは見事で、10種類ほどあるランチ商品のそのほとんどが550円。
    高いものでも650円でありますからして食べてて申し訳なくなるほどのコストパフォーマンスを実感できる。

    例えばココでボクが一番好きな料理の「春巻きソウメン」。
    ライスペーパーでくるんで揚げたベトナム風の春巻きを、ベトナム風の細い米の麺にのっけてスイートチリを混ぜた酸っぱいソースで食べる。
    たっぷりレタスとキュウリを添えて、サラダ感覚でさっぱり食べるコトができるこれからの季節においしい料理。
    食べても食べてもなかなか減らぬサービス精神旺盛ボリューム…、ニッコリとなる。

    de50c4e1.jpeg量は沢山あるのだけれど、消化に良いモノばかりなのでしょう。
    お腹いっぱいになってもその後、シッカリ一日仕事をし夕方がくるとお腹が空いてしょうがなくなる。
    あぁ、今日のお昼は体にいいものを食べたんだなぁ…、ってあとになって実感できるのがありがたい。
    ツルツルしてはいるのだけれど、口の中に入るとモサモサ。
    米粉で作った麺独特の食感と、パリパリ砕けて脂をにじませ消えていくベトナム春巻のコントラストに何度食べてもウットリします。

    ここの名物が鶏を煮込んだサイゴン風のスープカレーで、それにしようかと思ったんだけどちょっと変わった料理をひとつ。
    あんかけチャーハン。
    ここのチャーハンは実は絶品。
    ジャスミンライスにキチッと熱を加えて香りパラパラ感を思う存分引き出した、口の中でちらかる感がいいのであります…、そこにあんかけ。
    勿体無いような、贅沢なような、どんな料理になってるんだろう…、と。
    お皿の真ん中にこんもりチャーハン。
    キッチリ付いた焦げ目も見事で雄々しくて、そこにチキンスープをベースに塩で味ととのえた野菜のあん。
    ちょっと緩めで、だからでしょうか、ご飯と一緒に食べてもお米のパラパラ感を損なわないのに、かなり感心。
    一緒にここのカレーをチキンスープで伸ばしたスープをもらってお腹を整えた。
    ふたつ食べても1100円で、元気で鍋ふるおかぁさんの笑顔ももれなくついてくる。



    関連ランキング:ベトナム料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅



    ところでティンフックで知人にばったり遭遇します。
    近所にたまたま用事で来て、それでこの店に来たんだという…、なんだか今日は人との出会いがたのしい一日。
    そんな気がして、にこりとします。
    表にでると、雨がポツポツ降ってくる…、冷たい雨でちょっとブルルと震えちゃう。
    ココしばらく、雪駄で移動をしていたんだけどさすがにそれでは足が冷たい。
    家に帰ってビルケンシュトックに履き替えて、両手を振って街をゆく。

    移動と移動の途中でちょっと寄り道おいしい寄り道。
    oniyanma.jpgおにやんま。
    昨日、はじめてやってきてちょっと感激した、讃岐うどんの専門店。
    かつて東京で讃岐うどんと言えばかなり珍しく、どんなにお金を出しても食べたい人は食べにいってた。
    けれど今ではいろんなお店ができて、讃岐うどんそのものは珍しいものじゃなくなった。
    にもかかわらず讃岐うどんはまだまだ高い。
    たかがうどんの値段じゃない店がほとんどだったりするのだけれどココは値段も本場並。
    しかも立ち食いスタイルというのがこれまた本格的で、知ってたちまちオキニイリ。

    17e7de49.jpegで、そのコトを友人に言ったら絶対、行ってみたいと。
    それで寄り道。
    うどんをおやつにすることにした。
    実は昨日、カメラのレンズを標準画角のマクロレンズだけしかもたずにやってきて、お店の中の様子を撮ることができなかった。
    今日は広角レンズでパシャッと、臨場感を絵にしようと、それでウキウキしながらやってきたワケ。
    カウンターの隅からパシャリ。
    人間二人分ほどのミッチリとした空間に、茹で場に揚げ場に出汁取り場とうどん屋さんに必要なモノがギッシリ詰まっているのにウットリ。
    客席側の隅にはうどん粉詰めた袋がドッサリ積み上げられてて、まさにうどんのための空間。

    今日は熱いうどんを食べる。
    とろろ昆布をのっけたうどんで、天かす、ネギをタップリのせて生姜の風味でズルンとやります。
    冷たいうどんに比べてムチッと麺がなめらか。
    喉に貼りつく食感が、一層、引き立ちボクはこっちの方が好きかもしれないなぁ…。
    出汁の風味もストレートにて、最後の最後の一滴までをゴクゴク飲んでしまうほど。
    とろろ昆布の味わい、風味も結構強くて、なのに出汁の風味がまるでこわれない。
    それほどシッカリ頑丈な、出汁なんでしょう。
    できればゴクゴク、それだけもらって飲みたくなるほど…、オキニイリ。

    24fcdeff.jpegうどんと一緒に天ぷら二つ。
    ひとつは竹輪の磯辺揚げ。
    練り物を天ぷら衣をつけて揚げると、フックラ、食感軽やかになる。
    竹輪が持ってる粘り気が、油の中でフワフワ方向に変化するのでありましょう。
    空気をタップリ含んだ感じもたのしくて、うどんと一緒に食べる天ぷらの王様だよな…、って納得します。
    ハツの串天というかわり揚げ。
    ザクザクとしたハツ独特の食感が、あぁ、これはお酒のつまみにしたいなぁ…、って思わせるのがなやましい。
    それにしてもこのお店。
    おやつどきというのに次々、お客様がやってくる。
    ボクが入ったときには3人。
    それからどんどん増えてきて、結局満員。
    4人、5人と待ちの行列ができるほど…、雨というのに見事なにぎわい、来れば来るほど好きになる店、また来よう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おっとぉ?!
    もう絶対いくです!ありがとうサカキさぁん(泣)!

    むかぁし昔、マンハッタンのチャイナタウンでこの美味しさに大感動し、毎日通った事があります。
    (ベトナムで頂くよりおいしいと思うのは私だけかちら)
    夢中で、本当にガツガツ無言で食べ続けちゃう位美味しいですよねこれ(うっとり)
    にほんで食べれる・・嬉しい!
    ホント感謝でございます、お元気になられて良かった。
    ももせさん / 2011/06/18(Sat) /
    マンハッタンのベトナム料理
    > ももせさん
    確かにマンハッタンのベトナム料理はクオリティーが高いです。
    食べやすいけれど洗練されてい過ぎない、程よいところがとてもおいしい。
    このお店。
    ベトナム料理の中でも南部の料理が得意でだから、こうしたちょっと変わった料理がたのしめますよ。
    ぜひ、一度。

    ちょっと調子にのって無理をしすぎたのかもしれません。
    ちょっと咳が出てきちゃいました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/06/18(Sat) /
    Xメン:ファーストジェネレーション HOME 出会いの朝とグレースの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]