忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿の駅の上にあるベトナム料理のバインセオ…、ちょっと気になっていて前からきたくてやっと今日。
    ミロードという小田急系の商業ビルの中にある。
    今まで縁遠かったのがこのミロードってビルにまるで用を感じぬボクだったから。キラキラ系の女子の館でエスカレーターに乗って移動をするのもいささか気恥ずかしくて。
    けれどレストランフロアにくると結構、おじさんたちが食事をしてるのにビックリしました。
    しかもテナント構成が女子的業態メインで決しておじさん向けではないのにネ…、おじさんだってパスタやお好み焼きを食べたくなるときがあるってことでござりましょう。



    で、このお店。思った以上に大きくて100席近くはあるんじゃないかなぁ…、このフロアーでも一二を争う大型店で、にもかかわらずほぼ満席。
    女性がメインではあるけれど、サラリーマンのグループ客やおじさん同士でランチをしている人たちもいる。
    ちょっとビックリ…、ベトナム料理ってお客様の性別、年齢を選ぶ市場の大きくない料理っていわれているのに、こんなお店があったんだ!って。

    価格帯がランチで1000円前後という気軽なところがまずいいのでしょう。
    それにメニューがわかりやすくてしかも売り物の名物料理がしっかり主張しているところが、何をたのもうか困る人にはアリガタイ。



    はじめてうちにいらっしゃったのなら、まずはコレを、と勧められたのがその名物メニュー…、バインセオセット。
    1000円という値段が手頃で、バインセオと鶏のフォーがセットになってる。
    バインセオって何?って人のためにでしょう…、「ベトナム焼き」って日本名をつけて店頭、店内のデジタルサイネージでそれが焼けてるところをずっと流してる。
    バインセオをメニューにもってるベトナム料理のお店はある…、けれど、どこもが高くてそれをメインにしようと努力をしない。
    要予約なんてお店も結構あって、けれどココではそれが名物。オモシロイ。
    ターメリック色のゆるい生地…、米粉でもっちり、バリっと焼けてココナツミルクの風味がフワッと広がる、生地そのものにうま味がドッシリ。

    生地の一部にエビと豚肉が埋められていて、生地で軽く炒めたもやしをくるんでオムレツ状になってる。



    セットのフォーのスープもうま味ドッシリで、麺はビーフン。
    ムチムチしていて、ツルツルスベスベ。茹でた鶏肉、揚げたネギとコリアンダーやクコの実が薬味でついて、ライムを搾って酸味をくわえる。
    鶏のスープのうま味がキリッとひきしまり、口の中がさっぱりしてくる。
    それにしてもこのセット…、どこをどんな風にとっても緑の野菜が画面のどこかに写ってしまう。野菜ボールっていう、これ自体がここの名物、特徴で、葉っぱ野菜で料理をくるんで食べる提案。

    当然、バインセオも野菜でくるんで味わいます。



    ムッチリとした生地だけ例えば葉っぱでくるみ、ニュクマムにスイートチリをくわえたタレにトプンとつけて味わうと、葉っぱ野菜の軽い食感に焼いた米粉の確かな歯ごたえくわわって、ココナツミルクの香りも甘い。
    モヤシも一緒にはさむとシャキシャキ、みずみずしさに拍車がかかり、焼けた豚肉やエビの食感も引き立ち旨い。
    しかも野菜でお腹がたのしく一杯になる。
    女性だけじゃなくおじさんたちがこの店重宝する気持ち、わかるような気がいたします…、はじめてにしてかなりたのしい、オキニイリ。


    関連ランキング:ベトナム料理 | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅



    キャノンの自分撮り用動画カメラがいいな…、と言ったら今度はソニー。
    前々から「出る!」って言われて最近かなり盛り上がってる、レンズとセンサーだけで構成されてる「レンズカメラ」。
    ファインダーや操作のほとんどはWi-Fiでつないだスマフォでしちゃうという、そのコンセプトが飛び道具的なキワモノガジェットのように思えてスルーしていた。
    ところが公開された紹介動画をみたらば、これがイケててビックリ。



    スマフォの背面に取り付けてデジタルカメラのように「高画質の画像」が撮れるという部分ばかりが強調されていたのだけれど、手元にスマフォを持ったまま、レンズだけを手で持ちいろんなところに動かせる。
    レンズだけを持ってもらって、スマフォでみながら被写体が予期せぬショットを撮れたりするって、なんてワクワクするシチュエーション。
    ひさしぶりにソニーらしい革新的な製品になるんじゃないかと俄然、物欲ムクムク湧いてきております。
    2種類あって、小さな方は普及品のサイバーショット。
    筒状の大きなモノは名機「RX100M2」と同等の絵が撮れるレンズなんだというのもかなり魅力的にて、高い方でも5万円ほど…、今年の秋は物欲の秋になりそうな予感がします…、ガンバロウ!

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ホッとしてカレー HOME 西口
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]