忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷から新宿に移動しての昼ご飯。

    aan.jpgちょっと気になっていたお店があって「阿杏(ああん)」という名前。
    場所は三越の裏っ皮。
    おどろくほどに細長いビル。
    狭い敷地を大切に使ってやろう…、という工夫なんでしょう。
    ドアが二ヶ所にある構造の、エレベーターを使ってる。
    地下鉄の駅なんかで最近よくみる、のるドアの反対側で降りるタイプのエレベーター。
    この店のあるフロアーについてドアが開いたらそこは、もうお店。
    目の前に点心を包んで仕上げる実現コーナーが作られていて、なんだかワクワクするしつらえがいい感じです。
    実はココ。
    小籠包を始めとした点心類が名物らしくて、しかもそれをつくっているのが女性の点心師というのであります。
    最近、そういやおいしい小籠包を食べてないよな…、って思ってそれで今日、覗く。

    ae2f773d.jpegランチ商品のほとんどすべてに小籠包か蒸した餃子がついてくる。
    一人2個。
    蒸篭に入ってホカホカ湯気を立てながらやってくるのがなんだかウレシクなってくる。
    お箸で小籠包のてっぺんの、皮がよじれて丈夫になったところをつまむ。
    そっと持ち上げ、レンゲをそえる。
    スープをたたえた薄皮が、テロンと伸びて雨垂れ型にたれさがってくる。
    破かぬように。
    スープを一滴たりとも無駄にせぬよう、そっとレンゲにのっけるとちょうどピタッとそこにおさまる。
    ちょっとお箸でつついて皮を破ります。
    湯気がポワッと中からでてくる。
    それと一緒に、肉の香りがフワンと鼻をくすぐってゆく。
    ススッとスープをまずは飲みます。

    あぁ…、おいしい。
    豚の旨みやホタテの風味、干した海老の香りや味が一つになってギュギュッと凝縮されている。
    フウフウ、息かけちょっと冷ましてスープをチュウチュウ飲み尽くし、そしてパクッと残りを一度に口の中。
    スープの旨みを含んだ皮がツルンと口をなでまわす。
    そのつややかな皮が今まで包んでた肉の団子が、これまたフワッとなめらかで歯を必要とせぬやわらかさ。
    餃子は皮を食べるモノ。
    焼売は肉、ワンタンは皮、そして小籠包はスープをたのしむ料理だわい…、ってなんだかたのしく再認識。

    fe19108b.jpegこれに合わせるランチセットのメインを20種類くらいの選択肢から2っつ選ぶ。

    ひとつはご飯のお供のユーリンチー。
    普通、ユーリンチーは痩せた鶏の皮付き肉をバリッと揚げて作るモノ。
    ザクザクとした食感をたのしむ酒のつまみなんだけど、ココのはフワッとソフトな仕上がり。
    鶏の唐揚げというよりも、ちょっと頑丈に出来た天ぷらみたいな感じで、それを薄くそぎ切っておく。
    レタスにのっけてそこに甘酸っぱいタレをタップリかけ、さぁ、召し上がれという趣向。
    クチャッとした鶏のやさしい食感を、フックラつつむタレを含んだフンワリ衣。
    ご飯のおかずにはこっちの方がいいよなぁ…、ってかなり感心。
    一緒についてくるご飯は若干、硬めの仕上がり。
    ホツホツご飯が好きなボクにはピッタリだけど、多分、これ、炒飯用に最適化されたご飯なんでしょう…、悪くない。

    e9c870c0.jpegもうひとつはスーラータン麺。
    麺やあんかけご飯の種類がかなり豊富な店で中でもオススメがこのスーラータン麺。
    深い旨みのスープの中にお酢の風味と旨みをくわえ、そこに刻んだ野菜や鶏肉。
    トロミをつけて玉子を流し、トロトロにしたスープを麺にトロンとかける。
    スープ麺ではあるけれど、玉子混じりのトロミがしっかり麺にからみつく。
    ちょっとカルボナーラのようなまったりとした食べ心地。
    好みに合わせて黒酢をたすと、これまた旨みがドッシリとする。
    しかも辛みが後からズシッとうねるようにやってくる、食べてるうちにどんどん体があったまる。
    食べはじめると、どんどんお腹がスッキリしてくる。
    飽きずぺろっと食べられる、なかなかのモノ…、オキニイリ。
    それにしてもこのお店。
    テーブルの上に置かれた調味料が本格的でびっくりしました。
    お酢だけで普通のお酢に黒酢に赤酢。
    料理に応じて、好みに合わせて、自分の味を調整出来る…、ありがたい。

    04d09e7e.jpegココの今一番のプッシュ料理が「焼き小籠包」。
    中国では屋台なんかで売られてる大衆的で、お腹いっぱいになるに適した代表的な点心がコレ。
    最近、東京でもいろんなところで専門店ができはじめている。
    でもなかなかおいしいのに当たらないんだよねぇ…、っていいつつたのんだココのコレ。

    結論いいます。
    スゴクおいしい。
    ボクが知る限りにおいて、東京ナウで最高水準。
    ムッチリとした皮。
    編み上げるように上へ上へと伸びてく皮はスベスベ、薄くて箸で軽々、穴があくほど。
    ところが下の、鍋に直接当たる部分はちょっと分厚め。
    そこが油を含んでカリッと焼けてる。
    焼けているというより、揚がっているようなサクサク具合が香ばしく、けれど、いい油を使っているんでしょうね…、油臭さがまるでない。
    皮で包まれた中にはタップリ、ほとばしりでる肉のジュース。
    これまたキレイに透き通っていて旨さ濃厚。
    上にまぶした胡麻がプチプチ、はじけて食感、風味もおもしろたのしい。
    蒸した小籠包の繊細と、まるで違った力強さにウットリしました。
    他にも魅力的な料理や点心がたくさんあって、次は夜にでもって思ったりした。
    また来ます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ライフフォーシェアリン HOME ヴィロンの朝食、渋谷流
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]