忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    富山からたのしい仲間がやって来て、新年寿ぐおいしい勉強。

    kannniku.jpg大久保系の韓国料理の名店が、最近、次々、進化系を作り始めてる…、というのではしごを覚悟で集まる。
    まず一軒目は「カントンの思い出・肉焼部」っていう店。
    職安通りのドン・キホーテの並びのお店。
    通りを挟んだ反対側には韓国市場ってこの街を代表するスーパーマーケットが店をはってて、つまり大久保リトルコリアのど真ん中。
    決して大きくは無い店だけど、お店の中はキッチリ作りこまれてて、決して居心地悪くない。
    今、大久保で一番勢いのあるお店はどこ?…、って質問すればまず確実に「カントンの思い出でしょう」って誰もが答える。
    その繁盛店が「肉をテーマに」店を作った。
    ワクワクしながら、まずは乾杯。

    去年の年末は大変だった。
    景気が悪い。
    曜日巡りが悪くって、そのうえ一部の地域じゃあ天気までもが悪かった。
    早いタイミングでとった忘年会の予約までもが、次々キャンセル。
    一年通じて最大の売上チャンスを活かせなかったお店がかなり多かった。
    そんな中でもきっちり売り上げ作れた店は、お客様との人間関係がシッカリしてて、しかも圧倒的な商品力をもったとこ。
    だから本当によかったね…、って祝杯上げる。
    今年はもっと精進しようって、杯重ねる。
    がんばろう!

    3e371ae0.jpeg商品はサムギョプサルを中心に、ホルモンに鍋。
    韓国料理を最小限に絞り込み、だから「肉焼部」という小さいお店だからこそのいい工夫。
    これなら小さな厨房で調理をこなせる。
    もともとここの本店の一番の売りはサムギョプサルで、それに絞ったメニューにすれば入門編として分かりやすくっていいだろう…、って。
    他のお店の真似じゃなくって、それぞれ独自の特徴作りをしなくっちゃ生き残れない、そんな競争新時代にここ大久保も突入したのね…、って思ったりした。
    料理もそこそこシッカリしてて、けれど中でも感心するのが、いつもながらディテール部分にこだわる姿勢。
    マッコリをグラスポーションでたのむとなんと、ステンレスの柄付きのカップでやってきた。
    軍隊風?
    それともアウトドア風なんだろうか?
    とてもたのしいプレゼンテーション…、またまたちょっと勉強になる。

    ちょこっと歩いて「てじまうる」。

    tejima.jpg三元豚をつかったちょっとグルメなサムギョプサルでかつて名を馳せた、ニューエイジ系韓国料理店の代表的なこのお店。
    つい最近、お店をキレイに改装し「てじまうるeco」って名前になった再デビュー。
    お店の外壁を真っ白にして、黒字でキレイなロゴを書く。
    お店の中も真っ白で、まるでちょっとカフェのよう。
    こうなる前はまるで田舎の野っ原に立つあばら屋のような素朴な様がよかったのに。
    なんだかどこにでもあるようなお店になっちゃった。
    料理の中には「キレイな場所ですまして食べる」のがおいしい料理と、「気軽な場所でワイワイしながら食べる」とたのしい料理があって、韓国料理。
    特に中でもサムギョプサルという料理は後者の料理だろう…、とボクは思う。
    だからこうした改装は、ボクはあんまり好きじゃない。
    お店の中に食料品のショーケースがあり、そこにオーガニック系の食材。
    お米やジュースが置かれているのも、ちょっとやり過ぎ?
    行き過ぎちゃった感じがします。

    4ae206a7.jpeg究極においしいという豚肉を使ったサムギョプサルもちょっとやり過ぎ。
    これだけおいしいお肉だったら、薄切りにしてしゃぶしゃぶにして食べたいよねぇ…、って思わず思う。
    韓国でもなかなか手に入れられない味噌を使って作ったという「テンジャンチゲ」がもう一つの名物だったりする。
    たしかに旨い。
    濃厚な味噌の風味と味わいが、こってりしててこれでご飯を食べればおいしいんだろうなぁって思いはするけど、ワザワザ食べにくるほどじゃない。
    なんだかどこかが空回り。
    とは言え、蒸した豚と白菜を芯にした海苔巻きを食べると、なかなか。
    クチャッと奥歯で潰れる蒸し豚。
    胡麻の香りとおいしいご飯が口の中でひとつに混じる。
    料理のセンスはいいのだから、もっと普通の料理をキッチリ作ればいいのに…、ってちょっと辛口になっちゃった。

    韓国料理ばかりじゃ疲れる。
    それで〆をスペインバル。

    dbf351b0.jpeg西新宿の「VOLCO」という店に飛び込みでくる。
    牡蛎フライで有名な「わぶ」って和食のお店の並びにある、とても明るい雰囲気の店。
    4人ですけど大丈夫ですか?って、扉を開けると笑顔がキレイな店長さんがニッコリわらう。
    「ええ、お待ちしておりました」…、ってうれしい一声もらって、いそいそテーブルにつく。
    明るい店内。
    ハモンが雄々しく飾られたカウンターの向こうに厨房。
    不思議なほどにお店の人のひとりひとりが人懐っこく、何を聞いてもとても前向き。
    いろんな質問、いろんな注文、次々として唯一「No」と断られたのが、マッシュルームのフリットが品切れです…、って言われたことだけ。
    しかも「かわりに、マッシュルームをオリーブオイルで煮たおつまみはできますけれど」と、うれしいサジェスチョンをしてくれた。
    おいしい匂いに、明るい声に、そしてほどよい値段のワインがあって、しかもこうした的確にしてステキなサービスのあるお店。
    これで料理がおいしければ、贔屓するにふさわしい店。

    volco.jpg困ったことに、実は料理も的確でした。
    料理といっても、エビのオイル煮やピメント詰めたオリーブや、イワシの酢漬けと手の込んだモノではないのばかりを食べて、けれどどれも素材選びや温度感がシッカリしてる。
    たとえばイベリコ豚の生ハム下さい…、って言ってついでにもしよかったら、ラルドがとても好きなので脂をタップリつけてください。
    そのわがままに、見事に白い部分をくれる。
    口の中でトロンととろける、香り豊かな脂にウットリ。
    チーズをたのめば、マルメロの実を固めたジェリーを添えてくれたり、米の一粒一粒がすべすべキレイに炊き上がった、パエリアだってなかなかのモノ。
    心遣いが冴えるこの店。
    今日一日は、終わりよければすべて良しの日で良かったね…、と、そう言いながら解散となる。
    まっことすべて、終わりよければすべて良し!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おはよう
    本日、TV見ました。
    元気なお顔を見て、
    子供たちが、顔のつやが良いので
    エステに行ってると
    大騒ぎでした。
    問題児(岩手)さん / 2010/01/12(Tue) /
    ひゃひゃひゃ(笑)
    > 問題児(岩手)さん
    朝からむさくるしいモノをお見せしました!
    昨日、どたばた収録をして今朝のコト。
    ボクは寝坊して見過ごしちゃいました。
    つやつやでしたか…、顔が。
    あれは天然のフェースクリーム…、つまり脂汗であります。
    サカキシンイチロウさん / 2010/01/12(Tue) /
    東回りで、はまの屋の朝 HOME ストップモーション
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]