忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2020 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    60
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ランチを赤坂…、カキフライが食べ放題のオストレアってオイスターバーのランチバフェ。



    実は近所の赤阪サカスのレストラン街で「爆盛りフェアー」っていうのをやっていて、ちょっと気になりそこで食事をしようかと思ってたんだけど、実際、メニューを見ると気持ちがそそられぬ。
    チキンフライが食べ放題とか、具材全部のせの1Kgを超えるラーメンとか、もうそんな時代じゃないような気がしてなにより、お腹がついていきそうにない。
    ただ気持ち惹かれたお店は大ぶりなカキフライの定食の店で、けれどだったらオストレアで自分の好きな分だけ食べられるのがいいんじゃないの…、って。
    「お腹を必要以上に満たして喜ぶ大盛り料理」じゃなくて、「自分の好きな分量だけ」を食べることができるバフェって、似ているようで似て非なるもの。



    大きくはない、粒のサイズも不揃いでだからと言って味は決して落ちるわけじゃない。
    鮮度抜群、凍っていたわけじゃなくてプリプリ、ムチュンとなめらかで、味わい深い…、なによりバフェではあるけど、ほどよい量だけ揚げるからほぼ揚げたての状態のものを、いつも提供してくれる。
    パン粉は細かく薄付きでだからカキの風味や旨味、食感を心置き無くたのしめる。
    カキそのものに塩と胡椒をほどこして、下味つけてくれているのでソースはほんの風味付け分…、カキそのものの味を存分に味わい深い食べる。
    それから料理をあれやこれやと、お皿にかざってひたすら食べる。



    実は先日、銀座のお店を試したんだけど、カキフライは以外の料理が貧弱で、どうしたのかなぁ…、と不思議に思った。
    けれどここの料理は見事でしかもサービス精神旺盛でいい。
    鷄もも肉をロール状にしてクミンシードの風味豊かに蒸して仕上げた料理であったり、モヤシと野菜のナムル、根菜類のきんぴらなどなど…、多彩な味の料理が揃ってかなり満足できる内容。
    お代わりするのがたのしいバフェって、うれしいなぁって思ってニッコリ。
    厨房の中からできたてを持って来てくれるメインディッシュの料理もしっかりしていて、たとえば青唐辛子としらすのペペロンチーノなんて、それだけで十分お腹が満たせそうなるポーションで、味もキリッと凛々しくおいしい。
    パスタを全部食べ終わってもしらすや青唐辛子がたくさんお皿に残ってしまい、そこにキャベツと豚肉を炒めた料理をのせてあわせて、キャベツのペペロンチーノ風にしておいしく食べる。

    お皿の上で最終調理をするたのしみが、バフェを味わう醍醐味で、たとえばもう一つのメインのチキンタコライス。



    鷄の挽肉をそぼろにしたのとレタスをご飯の上にのっけて、チリソースをかけ食べるというモノ…、それがちょっとだけさみしくてしかも味が少々足りない。
    それでバフェのカウンターにいき、サラダバーのスイートコーンや茹でて刻んだ卵をちらし、チリパウダーとカキフライ。
    カウンターの上にあるものから合いそうなものを総動員して、マイスペシャルのタコライスにする…、目にも鮮やか、味わいにぎやかなお昼の〆のできあがり。
    かなり満足、オキニイリ。

    ところでボクの隣の席に若いチャイニーズビジネスマンが座り、持ってきたお皿の中にたっぷりのタルタルソースのような物体、卵豆腐に見える何かとトマトのようなものがある。
    そんな料理が並んでたっけ?って思ってよぉく見てみたら、ティラミスとプリンにそれからルビーグレープフルーツだった。
    それらと一緒にカキフライを食べてるわけさ。
    特にティラミスをたっぷりのっけてカキフライを食べて美味しげな表情をした時にはぶっ飛んだネ。
    人の味覚は多彩であって、いろんな食べ方、楽しみ方が出来るというのがバフェの取り柄で、でもびっくらこいた。
    ふた皿目もたっぷりのティラミスともやしのナムルを混ぜて食べていた。甘いということがおいしい家に育ったのか?ためしてみようと思う勇気もございませんで、ただただ唖然とみてました。


    関連ランキング:オイスターバー | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

    拍手[4回]

    PR
    朝を東京駅の八重洲の近くで…、それで朝を八重洲地下街の中のお店「バビーズヤエチカ」っていうアメリカンダイナーレストランにやってくる。
    地下街の一番駅から遠いところで、だからこの界隈に務めている人とか用事がある人以外は、ワザワザ来なくちゃいけないお店…、でも結構、これが流行ってる。
    東京駅の周辺でテーブルサービスで朝から食事ができるお店はそんなになくて、しかも食事だけじゃなくユックリお茶を飲んで時間を調整できるお店も稀少。それでワザワザ、ココまでやってくる人がかなりいるんでしょう、今朝もにぎやか。



    アメリカ料理のお店のココ。
    パンケーキがある…、けれどパンケーキブランドにならぬところが良心的といいますか、当たり前のコトなんだけどその鷹揚と平静心がなんだかウレシイ。
    もともとパンケーキのお店じゃないのに、あたかもパンケーキのお店のようにふるまって海をわたってやってくるレストランまであるこの東京。
    その喧騒とは無縁のほどよき繁盛ぶりにニッコリします。



    チーズオムレツがメインの朝食セットをとります。
    その相棒はコーヒーで、いつお持ちしましょうって言うから最初にって。
    分厚いマグに、スプーンが直接、マグの中に入っているのがアメリカンスタイルとでもいいますか…、カジュアルでいい。
    やさしい苦味に香りさわやか、酸味はほとんどなくってグイグイ飲めるのがいい。
    アメリカンコーヒー=薄いコーヒーって思われがちだけど、薄さ濃さの違いじゃなくて胸が重たくならない軽さがあるのが本当ってこれ飲みながら思ったりする。
    冷たいミルクがタップリ、ステンレスのポットに入ってやってくるのもなんだかステキ…、豊かな気持ちにしてくれる。



    それにしても料理が仕上がってくるのに時間がかかること、かかること…、ボクは最初にコーヒーもらった、だからそれを片手にのんびり待てた。
    でもボクの隣のご婦人は料理と一緒にというコトだったのでしょう…、テーブルの上に何もなく寂しくずっとただ待っていた。
    特別手間がかかる料理でもないのにネ。

    20分ほど待ってでてきた今日の朝は、ほどよき状態、悪くない。
    ケチャップや塩や胡椒をまるで必要としないしっかりとした味付けで、ほうれん草がシャキシャキ繊維を残した状態…、そこにチーズがトロンと混じってオムレツらしいオムレツの味。
    サイドのジャガイモもしっかりとしたジャーマンポテト。なにより粗い仕上がりのザックリとしたパンの薄切りをよぉく焼いて仕上げたトースト…、このトーストにピーナツバターだけでもいいやって、思ったりさえするオキニイリ。
    さてさてこれから仕事とします…、のんびり歩いて向かいましょう。


    関連ランキング:カフェ | 東京駅京橋駅日本橋駅

    拍手[2回]

    ちょっと趣向を変えたたのしいランチをしましょう…、と、フーターズに来る。
    807bcebe.jpeg赤坂見附の地下鉄駅をあがって目の前…、ランチがはじまってそれほど時間がたってはないけど、チラリホラリとお客様が入っているのにちょっとビックリ。
    夜はにぎやか…、おじさんたちが集まってピチピチなおねぇさん達をながめながら酒をたのしむ、ゴキゲンな店ではあるのだけれど、昼もピチピチおねぇさんはニコニコ、健在。
    お客様もそれをみながらニコニコ顔のシアワセな昼。

    f802c563.jpegステーキランチを選んでたのむ。
    最初はハンバーガーやサラダランチだけだったんだけど、チキンやビーフをグリルしてご飯にサラダを盛り合わせにしたプレートランチをはじめてそれがかなりの人気。
    お店の雰囲気はアメリカンでも「お米ご飯」が日本の男子にはうれしいゴチソウ。

    赤身の肉。
    歯ごたえがあり、しかもガッシリ焼けているのでガツンと顎においしく感じる。
    クミンシードの香りが後からほのかに漂う。
    醤油とビネガー。
    コンガリ炒めて甘みを出したみじん切りの玉葱の風味がおいしいソースをタップリ。
    肉そのものおいしさと一緒になってご飯のおかずになかなかに良い。
    パラパラご飯もどことなくアメリカの中華料理のお店で食べるご飯のようで、肉のお供にオモシロイ。
    ポテトサラダにサルサソース。
    肉の脂をまとったレタスもご飯のおかずになったりもする。

    ほどよき分量。
    なにより肉の歯ごたえがよく、分量以上にお腹が満たされたような気になる。
    ランチタイムも本番迎えて、次々お客様がやってくる…、基本、近所の会社の人たちでお店に入ってくるときにすでに笑顔で、見ているボクも笑ってしまう。
    ランチセットにアイスティーを選んでのむと、ピチピチおねぇさんがやってきて、お替りいかが?と笑顔をくれる。

    c265a492.jpegボクのテーブル担当はアリソンっていう女の子。
    留学でアリゾナ州からやってきた。
    笑顔がキレイで、しかも片言の日本で一生懸命サービスをする。
    「料理の味はどうですか?」
    「アイスティーに氷を入れてきましょうか?」
    さすがにサービス以外の世間話をするだけのまだ語学力はないからでしょう…、彼女をフォローしているスタッフが代わりに世話を焼いてくれるのが得した感じになっていい。

    テーブルの上に紙ナプキンを一枚おいて、そこに担当の女の子が自分の名前を書いておく。
    できればココに、携帯電話のアドレスでも…、って思うおじさんも多いんだろうなぁ。
    そこにお金を置いてテーブルチェックする。
    料理に払う値段というより、サービスをしてくれた人に払う値段っていう感じがして、ボクは好き。
    1000円札を2枚おき500円のお釣りをもらって、アメリカだったらお釣りはいいよと出て行くところでありましょう…、こういうお店はチップ制にしてもいいかと思ったりもする。
    向こうの方のテーブルで金儲けっぽい話をしている紳士が二人…、こういう店で儲け話をする奴は余程の間抜けか本当に悪い奴のどちらか。
    多分、後者に違いないって思って笑ってあとにする。



    関連ランキング:アメリカ料理 | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅



    ホノルルコーヒーカンパニーで食後のお茶で今日のランチをしめくくる。
    honolulucoffee.jpg先日、はじめてやってきて、たちまちとりこになっちゃった。
    お店の中に入った途端に、鼻をくすぐるハワイの香り…、マカデミアナッツやココナッツをローストしたときにやってくる甘い香りにマラサダのシナモンシュガーの切ない香り。
    そこにコーヒーの香ばしい焦げた匂いがくわわって、スッと体がハワイの方に持っていかれる。
    ホノルルの免税店の出口付近のおみやげ売り場を満たす香りに似ているよね…、って思うと気持ちがハワイに向かって飛んでいく。
    いい店なのにね、まだまだ知られていないからかなぁ…、いつも静かで飲み手としてはありがたく、けれどなんだかモッタイナイ。
    ドリップコーヒーをユックリ飲んだら、笑顔で仕事に向かいます。



    関連ランキング:カフェ | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

     

    拍手[3回]

    丸の内にて「パニーノ・ジュスト」…、イタリア的なる朝とする。
    pg.jpg一ヶ月ほど前に、池袋ではじめて出会ったパニーノの専門店で、青山に一号店を出してから着々とお店を増やしはじめてる。
    丸の内にもあったはず…、とオアゾにやってくるとたしかにあった。
    群建つ超高層ビルをつないぐ役目を果たす吹き抜けのアトリウム…、そこに面して作られていて、それがまるでイタリアの駅舎の中のような感じで、なんだかステキ。
    店の入口付近には、ここのお店に必ず置かれる生ハムが吊り下げられたショーケースがある…、生唾ゴクリと呑み込む景色。

    cb4b5cc2.jpeg入口近くのテーブルもらう。
    それというのも朝からかなりのにぎわいで、オフィスビルにやってきているスーツ姿のおじさんたちがコーヒー飲んで、時間調節やら打ち合わせやら。
    カフェ使いがほとんどで、忙しい割には食事をしている人があまりない。
    パニーノの店というよりも、サービス付きのスタバのような使い勝手を、おじさんたちが楽しんでいる。
    お店としても、原価の安いコーヒーで朝からこうして稼がせてくれるお客様はありがたいんでしょう。
    ただその分、厨房の中のスタッフが手薄でだからパニーノたのむと時間がかかる。
    こんな時間帯に面倒な料理をたのんでごめんなさいネ…、って申し訳ない気さえする。
    しょうがない。

    生ハムを使ったパニーノが7種類ほど。
    どれも魅力的に感じる内容で、けれどほとんど全てにトマトが使われている。
    ただ1つだけ「レソーレ」っていうレシピがトマトを使わぬ内容で、それに惹かれる。

    20ヶ月の熟成をかけた生ハム。
    モツァレラチーズにルッコラの葉。
    フレッシュバジリコ。
    アーティチョークをピュレにして塩とビネガーで味を整えつくったソース。
    たのんでしばらくしてやってきた、そのパニーノはお尻半分をパラフィンシートで包まれて、中の具材を惜しげもなく晒してなんとも艶っぽい。
    71064a02.jpegパクリと食べると、口の一杯がにぎやかになる…、その味わいにウットリします。
    表面固くて、噛むとムッチリしてくるパニーノ…、ほんのりあったか、トーストされてて表面サックリしていて小麦の香りがおいしい。
    ネットリとした生ハムの脂の食感、コクと風味が舌にネロンとからみつく。
    脂と混じった塩の味わい、そしてチーズのうま味が混じって口の中で料理ができてるってそんな感覚、なかなかゴージャス。
    そこにルッコラとバジルの青い香りが混じって、脂をサラッと拭いとる。
    c5c747fa.jpegアーティチョークをピュレにしたソースがポッテリ…、ちょっと枝豆みたいな緑の香りと味が濃厚でイタリア気分がたかまるゴチソウ。
    夢中でむしゃむしゃ味わって、ダブルエスプレッソをゴクリと飲んでお腹に蓋する。
    エスプレッソについてくる小さな包み。
    両端をギュギュッと絞ってキャンディー包みにした銀紙を、ピュッとひっぱり開いてみると中にはアーモンド型のチョコレート。
    カリッとかじると中にローストしたアーモンド…、コリッと歯切れてビターなチョコと一緒になって口の中を大人の甘さで満たして消える。
    いい朝でした…、これから仕事をがんばりましょうと移動する。



    関連ランキング:カフェ | 大手町駅東京駅二重橋前駅

     

    拍手[1回]

    御茶ノ水にいったついでにランチをちょっと豪勢に…。
    0f4150e9.jpeg山の上ホテルのコーヒーショップを訪れる。
    まっ平らじゃない東京という街の、中でも起伏の激しい御茶ノ水というこのエリア…、何しろ渓谷みたいな崖の途中にJRの御茶ノ水駅があるかと思えば、その下を地下を走っているはずの丸ノ内線が顔を出すという不思議の地形。
    その街のひときわ小高い丘の上にある、クラシックな建物も凛々しく、そこだけ空気が明るく軽く、本当に山の上に来たような気持ちがしてくる…、それが「山の上ホテル」でござる。

    e70a0102.jpeg東京で住みたいホテルがあるとしたら…。
    定期的に、その答えを頭の中に思い描くことにしているのだけど、今ならココ。
    山の上。
    若い頃は帝国ホテルに住みたかった。
    銀座に近くてホテルの中に何でもある。
    ホテルというよりまるでひとつの街のごとき快適があり、そこならどんなにステキな生活が送れるだろう…、って。
    すべての社会的な活動をしなくていいというのなら、椿山荘のフォーシーズンズホテルが良かった。
    もうそんな名前のホテルはなくなっちゃったから、まだまだ引退しちゃいけない…、ってコトなんでしょう。
    今、山の上ホテルがいいって思うのはこの特別なロケーションとそこで働く人達の一生懸命、それに客室とよきレストランしかないところかもしれないですネ。
    ホテルという街じゃなくて、街の中にある小さなホテル。
    いいんじゃないかと、しんみり思う。

    さてランチをコーヒーショップの「ヒルトップ」。
    フランス料理のメインダイニングや、とても有名な天ぷら屋。
    小さなホテルのくせして沢山のレストランがある中で、ボクはコーヒーショップのココが好き。
    そもそもコーヒーショップという場所は、そのホテルの普段着の姿や実力が如実にあらわれる場所でそれがステキなホテルは良いホテル。

    4a7ed8fd.jpeg贅沢すぎず、質素過ぎないほどよき雰囲気のこのお店。
    サービススタッフは女性ばかりで、彼女たちの笑顔がとてもうつくしきコト。
    お店がキラキラしている以上に、笑顔がキラキラ…、スバラシイ。

    ステーキ丼がおいしかった記憶があって、それをください!と。
    お願いしたら、お店の人が「フォアグラを乗せたステーキ丼もございますが」と。
    もう、お願いしなくちゃいかんじゃないの。
    フォアグラ好きでございます故。

    真っ白な飾り気の無い深めのボウル。
    ご飯をよそおい、上に牛ヒレステーキ。
    フォアグラのソテ。
    胡麻がパラリ、ネギがチラリと彩り添える。
    ステーキ丼のほとんどが、照り焼き系の和風ソースを使うのだけど、ココはステーキソースの正統派。
    グレイビーをタップリと。
    それがご飯を覆ってどこを食べても肉の味がする。
    スプーンですくって食べやすいよう、丁寧に包丁を入れ、ソテした玉ねぎをご飯の間に敷き詰める。
    サイドに茹でたブロッコリと、マッシュポテトのグラタンをおき、これがご飯の上でなければ「ステーキ・ア・ラ・ロッシーニ」でございます。

    柔らかな肉…、けれどやわらかなだけじゃなく、クチャっと奥歯で潰れてまとわりついてくる見事なテクスチャーが「肉を食べてる!」と気持ちをたしかに盛り上げる。
    e6f27803.jpegそしてフォアグラ。
    プチュンと歯切れて、中からトロンとなめらかな甘くて旨みたっぷりの肝がまるでクリームみたいにとろけだして口いっぱいに広がっていく。
    あとからじんわりやってくる仄かな渋みが、ほとばしり出る旨味を引きしめ、焦げた香りがその味わいの幕引きをする。
    付け合せの野菜もおいしく、サラダ野菜もシャキシャキ冷たい…、すべてがあるべき状態にあり、すべてが自分の役目をただしく果たしてる。
    なんとステキなオゴチソウ…、ココロの贅沢、いたします。



    関連ランキング:カフェ | 神保町駅御茶ノ水駅新御茶ノ水駅

     

    拍手[10回]

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]