忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、出かける前にちょっとモタモタ。それで遅めの朝食をパニーノにする。



    東京駅の丸の内側。「オアゾ」という商業施設の中の一店。
    「パニーノジュスト」。
    吹き抜けの大きな空間の広場に面した一階にあり、それがちょっと日本ばなれしたダイナミックな景色を作る。イタリアのドゥオモ形式のアーケードの中にあるような雰囲気が、ちょっとオシャレでいい感じ。
    入り口部分に大きな生ハムがぶら下がり、奥に向かってカフェ的キッチン。生ハムを使ったサンドイッチがここの売り物。



    中に挟むハムの種類。他の具材の種類違いで50種類ほどメニューがあって、中でもボクの一番好きなのが「レ・ソーレ」っていうコレ。
    アーティチョークをマッシュして作ったクリームを、焼いたパニーノにタップリ塗って、24ヶ月熟成させた生ハム。
    この生ハムがパニーノジュストのオリジナル。それをドッサリ。
    モツァレラチーズにルーコラ、バジリコとパンを持ち上げ、しかもはみ出すくらいタップリ具材を挟んだボリューム満点。



    ネットリとした味わい豊かな熟成生ハム。塩の風味と、脂の香りが濃密で、噛んでるうちにホロリとほぐれてクリーミーになっていく。
    アーティチョークのひねた香りとポッテリとしたなめらかさ。ルッコラ、バジルの緑の香りがさわやかで、なによりパンがおいしいのです。
    バリバリ、表面こんがり焼けて中はフックラ。スパッと歯切れてねばらない。だからモツァレラチーズのフッカリ感や、ハムのネットリ…、挟んだ具材の持ち味を邪魔しないのが身の程知った素晴らしきパン。



    エスプレッソをダブルでもらう。
    イタリア男を真似てタップリ、砂糖を入れて飲もうかと思いもしたけど、体のコトを考え今日は我慢する(笑)。
    だって十分、甘みを感じる。
    ひと口すすって舌に残った渋味や酸味、苦味の上にグラスの水をのっけると、それが甘みに変わってく。オモシロイなぁ…、オモシロイ。
    お勘定をとお願いすると、思いがけずも大人価格でビックリします。オモシロイ。


    関連ランキング:カフェ | 大手町駅東京駅二重橋前駅



    そういえば、今日はなんとサンドイッチの日。



    3と3で1が挟まれているからサンドイッチというコトなんだけど、3と1では数字の厚さが随分違う。
    日本のサンドイッチは具材貧弱、かわりにパンが分厚目なのが多くって、だからたしかに3月13日が似合ってる。
    でもボクとしては、パンより具材がタップリの方がありがたく、だから「1月31日」か「2月12日」あたりを選んでもらいたかった(笑)。
    そんな感じの今日の朝。仕事にそろそろ向かいます。

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    イノダコーヒのイタリアン HOME 12日の木曜日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]