忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    お腹を軽く満たしましょう…、と、「イノダコーヒ」にやってくる。



    京都を代表する喫茶店。
    京都以外には大阪、広島、横浜、札幌、そして東京のこの大丸の店。本店のお庭眺める優雅な時間を味わうコトはできないけれど、真っ赤なビロードのカーテンが高層ビルに差し込む眩しい光を遮って、佇む人の頬を明るくしてくれる。この贅沢な空間は、やはり独特。
    コーヒーもらって、スパゲティーをたのんでたのしむ。



    スパゲティーの種類は2つ。
    イタリアンっていうのと、ボルセナっていうホワイトソースを使ったの。どちらもそれぞれおいしいけれど、今日の気持ちはイタリアン。
    どちらもうやうやしくも銀の器に入ってキラキラ、やってくる。
    お待たせしましたとテーブルの上にそっと置き、サッと蓋とりお辞儀をしながら去っていく。よどみなき流れるような仕草がなんともうつくしい。



    ケチャップあえのスパゲティー…、つまりいわゆるナポリタン。
    かなりの太麺。具材はハムにマッシュルームにピーマン、玉ねぎ。麺に比べて具材の量は少なめで、ソースはタップリ。
    つまりこれは麺とソースがからみあうのをたのしむ料理。とは言えハムはかなり上等なロースハム。にもかかわらずマッシュルームは缶詰とこの料理ができた当時の日本の贅沢が今のこうしてあるんだろうなぁ…。
    タバスコと粉チーズをたっぷりかけて、フォークをグルンと突っ込み回す。



    見事なほどにフォークにキレイにからみつきます。
    太くて、なのに芯がないほど茹でられていて、にもかかわらず千切れるようなこともなく歯ごたえしっかり。
    口に含むとネットリとソースまみれの麺が隅々のたうちまわる。トマトソースに生クリーム。クリーミーでモッタリしてる存在感にウットリします。



    コーヒーは「アラビアの真珠」をもらう。モカをベースにしたビターで酸味のおだやかなココの昔からのブレンドコーヒー。
    その味わいをたのしむためにあらかじめほんの少しの砂糖とミルクを混ぜて出してくるのがココの流儀。苦味が休まり、少しの甘みが酸味をキリッとひきしめる。
    スプーンに小さな角砂糖を一個ポツンと置いて供する。
    半分そのまま飲んだらスプーンと一緒にコーヒーに入れ、そのままかき混ぜ甘みをたのしむ。
    不思議なコトにこんな小さな砂糖一個が、苦味や旨味を際立てて今まで飲んでたコーヒーと違うコーヒーにしてくれるのがオモシロイ。お腹もココロも満たされる。


    関連ランキング:カフェ | 東京駅日本橋駅大手町駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    Still NYC HOME 大人プライスなサンドイッチの日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]